プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ガーデンダイス Garden Dice
resize3593.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
種を買いその種を畑に植え水をやって野菜を作り収穫して得点を稼ぐダイスゲームです
resize3596.jpg
畑(ゲームボード) ゲーム中 四角で囲まれた場所に種を置いていきます 外側の柵にはダイスが描かれていますがこれは座標を表しています
resize3588.jpg
種と野菜タイル 5種類あり表面が種 裏には野菜が描かれています
resize3594.jpg
サマリーシート よく出来ており分かりやすい絵が描かれています
手番では4つのダイスを振って、振った目のダイスを好きに使ってアクションを行っていきます。
各アクションの説明
resize3587.jpg
種の購入
ダイス1つを使って場にあるタイル1枚を買う事ができます。ただし使うダイス目以下の数字のタイルしか買う事はできません
例えば上の3のダイスを使って購入する場合には1~3の書かれた種の中から1つを買う事ができます
resize3599.jpg
買った種は自分の色のディスクを乗せ手元に置いておきます
※もし手元にディスクがない場合は購入自体をする事はできません
※複数の種を購入する事は可能ですが1回の手番で同じ種類の種は2つまでしか買う事ができません(重要)

resize3597.jpg
タイルの配置
手元にあるタイル1枚を畑に配置する事ができます。その場合ダイスが2つ必要で2つの目の座標の場所に置けます
既にタイルが置かれた場所には置く事ができません
resize3592.jpg
またそれぞれのプレイヤーには最初に表に鳥、裏にうさぎの描かれたタイル 表に日時計、裏にかかしの描かれたタイル、太陽タイルが1枚配られます。 これらの特殊タイルも種と同じようにダイス2つを使い畑に配置が可能です。置く場合には鳥、日時計の面を上にしてディスクをタイルの上に置きます
※ディスクが手元にない場合これらを畑に置く事はできません
※もしこの配置したタイルを裏返したい場合には6の目を一つ使う事によって可能です。
太陽のタイルは手番で使う事が可能で4つのダイス全てを振りなおすか1つのダイスを好きな目に変えます 使用後捨てられます
※特殊タイルの効果ですが日時計は毎手番自分のダイス1つを±2まで変えるかダイス2つを±1まで変えることができるようになります。他の物については後述
resize3598.jpg
水やり
畑に置かれている自分の種1つに水をやる事が可能です。やる場合にはその種に書かれている数字以上のダイス1つが必要
水をやった場合にはその種が野菜になります(タイルを裏返す) 更に水は縦横に連鎖反応をします
縦横のマスでそれよりも数字の小さい種があった場合にはそこにも水が流れ野菜になります。更に連鎖は起き全ての場所で出来なくなるまで起こります
※数字より小さかった場合のみ連鎖は起こります。隣が同じ数字だった場合には起きないので注意!
resize3589.jpg
黄色の手番で4のダイスを使って自分の3の種に水をやった所写真のように連鎖しました 自分の種だけに水をやりたい所ですが他のプレイヤーの物も連鎖条件を満たせば野菜にしてしまいます
野菜の収穫
水やりと同じで、畑にある自分の野菜に書かれている数字以上のダイス1つ使う事によって可能です
収穫も連鎖します 収穫した野菜はそのプレイヤーの手元にいき、書かれているだけの得点が入ります 上にあるディスクは手元に戻りまた使えるようになります 他のプレイヤーの野菜を連鎖で収穫した場合にはそのプレイヤー(上にディスクが乗っているプレイヤー)に点数が入ってしまうのですが 収穫した他のプレイヤーの野菜1つにつき手番プレイヤーは1点入ります
※また収穫した野菜の縦横斜めに隣接する場所に自分のかかしタイルがあった場合にはそれぞれの野菜の得点が3点増えます
※マスによっては下に☆で2×と書かれた場所がありますがこのマスで収穫すると得点が2倍になります、ただしかかしと複合はせずかかしが優先されます
resize3590.jpg
鳥、ウサギタイルについて
これらはダイス1つを使う事によって縦横1方向にダイス目の数だけ進めます
移動先に他人の種ないし野菜があった場合 鳥なら種をうさぎなら野菜を食い荒らすことができます
この場合2通り選択肢があり1つは除去 このタイルをゲームから除外できます。上に乗っていたディスクはそのプレイヤーの元に戻ります このアクションをした場合手番プレイヤーは更に手元からディスクを1枚タイルの乗せなければなりません
resize3591.jpg
もう一つはそのタイルを自分の物にする方法です  この場合はもう1つダイスを使う必要がありそのタイル以上の目が必要です。この場合このタイルを取り種の面を上にして手元に置き、自分のディスクを上に乗せます

ダイスを使い終えたら手番終了で次のプレイヤーの番になります。これを繰り返していって場の種タイル全てが買われたらその人が手番を行いゲーム終了 得点計算に入ります
手元に残った種タイルは1枚までならペナルティーなしですが2枚目以降は1枚につき-5点(畑にあるものは大丈夫) 後太陽タイルを使わずに持っていた場合には5点入ります
resize3595.jpg
最後に手元にある野菜のセットコレクションボーナスが入ります 5種類のもの1セット毎に15点 同じ種類のタイル3枚で10
点、4枚で15点、5枚で20点でこれらの合計得点が1番高い人が勝者です

感想

resize3602.jpg
私(黄) リポ(緑) 雷さん(赤) 3人プレイ序盤の様子
一番無難なパターンとしてはまず最初に日時計をボードに配置する事で、これをすると毎回ダイス目が少し変えられるので選択肢がかなり増え動きやすくなります
場にあるタイルは早いもんがちだし先に買いしめて手元に置いておき、後で植えて回収してセットコレクションボーナス狙えばいいじゃんと思いがちですが、自分が買い占めようとしても1回の手番では限りがあるし減ってくると同じ物を相手も買ってくるので独占はかなり難しいです 1回の手番では同じ種類は2枚までしか買えないというルールも良く効いています
何より厳しいのはディスクの不足で、買うたびにタイルにディスクを乗せなければならないのであっという間に減っていきます このゲーム 手元のディスクがないと種も買えないし、鳥うさぎも動かせません ディスクを回収するにはどうしたらいいかというと 種をまく→水をやる→収穫をする ここまでしてやっと返ってくるわけです。なので全部順番に畑に植えてから一気に水やって収穫してなんてやっていると、ディスクを回収するのに時間かかりすぎてちょくちょく収穫してるプレイヤーに種を買い占められてしまいます。なので適度に置いていき相手に水をやったり収穫せざるを得ないという感じですね。なるべく相手に少ない点数で効率よく収穫したい この辺かなりゲーマー向けかなと感じます
置く座標に関しては日時計をうまく使う事によってなんとかなる事が多いです 中盤からはセットコレクション含めた収穫を考えていく感じになり 終盤 場の種が無くなりかけてきたら積極的に種を畑にまかないと凄い-を食らってしまいます
resize3601.jpg
雷さんの×2の場所を収穫されると素点+セットコレクションで高すぎてまず追いつけなくなるというのでリポが終了フラグを引いて終了時の様子
私 86 リポ 83 雷さん 74 5種類×2とニンジン4本で稼げたのが大きかった リポは最後かかしを使って一気に稼いだのだが太陽を残せなかったのが響いてしまった 雷さんは最後の収穫が間に合わず
戦力要素のかなり強いダイスゲームですね

評価 良

スポンサーサイト
ファラオの迷宮 Das Labyrinth des Pharao
resize3578.jpg
プレイ人数 1~5人 プレイ時間 30~45分 対象年齢 8歳~
迷宮を作っていくパズルゲームです
resize3576.jpg
それぞれが持つ個人ボード 5×5のマスが書いてあり 入り口が3つあります
resize3575.jpg
カード 1~19の数字の書かれたものが1枚ずつ(6~14は2枚ずつ)あります
ゲームの流れとしては最初にこのカードを良く切って山札にして誰かが1枚を捲ります
resize3582.jpg
そうしたらそれぞれがその番号のタイルを1枚取り 自分のボードに配置します。
resize3581.jpg
置き終わったら山札からまた1枚捲り同じようにタイルを配置していきます。
置き方ですが、タイルを置く向きは自由で 既に置いたタイルに繋がった場所に置かなくてもok ただし1回置いたタイルの場所を変えることはできません。また3枚目のタイルを置くまでに3箇所ある入り口のどこから探検者が入るかを決めてそのマスにコマを置かなければなりません。
何を目的にタイルを配置していけばいいのかという事ですが、探検者が長い距離通路を歩けるように配置していきます。ゲーム終了時に探検者の歩けるマス数分の得点が入るのです ※入る得点はタイルの枚数ではなくマス数なので注意
つまりどんどん進めるような配置をしていく必要があるという事ですね
resize3580.jpg
後各自に最初写真のような財宝コマが12個配られます
resize3583.jpg
タイルにはスカラベが描いてあるものがあり、このタイルを配置した時にスカラベの上に財宝を乗せる事が可能です
乗せた場合、25箇所全てのタイルが置き終わった時に財宝周り4マス全てが壁に囲まれていて、かつその隣を探検者が通過した場合にはその財宝の得点を得る事ができます
※1マスで4方向全てが壁になっていた場合のみです、2マス以上の場合全ての壁で囲まれていても×
※財宝の配置はそのタイルを置いたときだけです。後から置いたりする事はできません

resize3577.jpg
このように置きます
resize3579.jpg
こんな感じでどんどん置かれていきます
25枚のタイルがボード上に置かれたらゲーム終了で得点計算に入ります
resize3574.jpg
探検者が歩けるマス数を数えてその分の得点が入るわけですが、数えやすいように15、30、45マス目にはマーカーを置きます
写真例だと29マスなので29点入ります
そして財宝の得点を計算します。上述のような条件を満たしていた財宝は得点が入るのですが、基本ルールの場合は1つ2点入ります。上級ルールの場合は青は1点、緑は2点、赤は3点入ります。また15マス目以降に置いた財宝の得点は×2 30マス目以降は×3 45マス目移行は×4となります
合計得点が高いプレイヤーが勝者です。1人用の場合はハイスコアを目指します

感想

全員がまったく同じタイルを取りそれぞれのボードに置いていくというパズルゲームでライムと似たような感じですがこちらの方がパズル要素が上がっておりやり応えがあります。他のプレイヤーとの関わりがまったくないソロゲーですが、それゆえプレイ人数に影響されず2人でも5人でも遊べてプレイ時間もほとんど変わりません 考える事が多くてうまく行った時の喜びがかなり大きいゲームですね。やればやるほどうまくなっていくので楽しくなってきます。パズル好きにはオススメしたいゲームです。
ルールは上級の方がいいと思うのですが、財宝の配置をかなり考える事になるのでパズルが苦手な人や初めての人が居る場合には基本からやった方がいいかもしれません
resize3584.jpg
不子との対戦時の様子 基本ルールにて
resize3585.jpg
不子の作ったボード こういったパズルゲームは好きらしく この時は初プレイだったのだが何度もやってる私よりも圧倒的に強い取れていない財宝は1つだけである
resize3586.jpg
こちらはゆーじとの対戦時の様子 上級ルールにて 得点計算後の写真なので財宝はボードから取ってしまってます
回数やって多少マシになった気がするけどまだまだですな~

タイマンポーカー Duell Poker
resize3571.jpg
プレイ人数 2人 対象年齢 18歳~
2人プレイ専用のポーカーです
resize3570.jpg
ゲームボード
resize3572.jpg
写真左は普通のトランプ(ただしジョーカーはありません) それにチップとダイス
まず最初にトランプを良く切って1ラウンド目は3枚、2ラウンド目は4枚、3ラウンド目は5枚山札から捲り、ボード中央の斜線のあるマスに1枚ずつ置き、そのカードの上に100のチップ2枚を乗せます
resize3569.jpg
こんな感じ
ボードの中央を挟みどちらかが右陣営 もう片一方のプレイヤーが左陣営を担当し ゲームでは中央にカードが置かれている列の横、自分の陣営側へ交互にカードを置いていきます
resize3568.jpg
こんな感じになっていきます。何を目指すかというとそれぞれの列の右と左でポーカーの役で競うのです。真ん中の1枚はそれぞれが共通のカードとして使う事になります。自分の陣営に置いた4枚+共通の1枚を組み合わせて役の強い方が乗っているチップを得る事ができます
全部の列にお互い4枚ずつ置き終えたら終了で役の強さの判定に入ります 
resize3567.jpg
このように全部の列が埋まったら判定に 写真例だと上の段は左のプレイヤーはフルハウス、右のプレイヤーはストレートなので左の勝ち 中央の段は左がフラッシュ 右がワンペアなので左の勝ち 下段はどちらもブタですが同じ役の場合数字の高いカードを持っている方が勝ちなので右の勝ちになります
※ワンペアツーペアで同じ役同士だった場合には役に使っていない部分の数字比較で高い方が勝ちになります
これを3ラウンド行って合計チップ数の多いほうが勝ちなのですが、各ラウンドの最初にダイスを振り、出た目によって手番でのカードの出し方を決めます
1の目が出た場合 手番では山札から1枚引き配置します。
2の目が出た場合 手番では山札から2枚引きどちらかを配置し残りの1枚は相手が配置します。そうしたら手番が入れ替わりまた同じように2枚引きます
3の目が出た場合 それぞれが3枚カードを引き手番では手札から1枚配置し山札から1枚引きます
4の目が出た場合 それぞれが4枚カードを引き手番では1枚配置します(3の目と違い山札から補充はしません) これを繰り返して手札が無くなったら山札から4枚引き同じように行っていきます
5の目が出た場合 山札から5枚引き 4の目の時と同じように出していくのですが手札はそれぞれ公開したまま行います
6の目が出た場合 他の目が出るまでダイスを振りなおします。振りなおし後出た目のやり方で1枚ずつ出していくのですが、相手側の陣営にカードを置く事も可能になります

他にも最初にチップをお互いに配ってゲーム中ベットアップをして遊ぶこともできます

感想

resize3573.jpg
私 ゆーじ 2人プレイ時の様子
ルール見ると普通のポーカーとほとんど変わらないのでは?と思いがちですが共通の1枚があったり毎回出し方が変わったりするだけでプレイ感がずいぶん変わりますね 遊んでいると止まらなくなり何度もやりたくなってしまいます ポーカー好きの人には是非プレイして欲しいゲームです
気になったのはただ四角が書いてあるだけのボード 箱をこんなに大きくしてまでつける必要あるかな? と感じました 後 付いているトランプですが紙がザラザラしていて質が悪いです 正直100円ショップで売っている物以下な気がしました

パフィューム Perfum
resize3566.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45分 対象年齢 8歳~
香水制作の職人となって客の好みの香水を作っていくゲームです
resize3556.jpg
ゲームボード こちらは4人(2人)プレイ時に使う方で裏側は3人プレイ用となっています
resize3555.jpg
ゲームの流れとしてはラウンドの最初に各自起床時間を決めます。得点(勝利点)の低い方から起きる順番を選んでその数字の時計を取っていきます。 各フェイズ取った数字順に手番を行っていきます 同作者のフレスコと仕組みが同じですね
時計の下には小さい数字が書かれていますが、次のアクションフェイズで何回行動できるかを表しています。手番が遅い時計ほどアクションを出来る回数が多いです
resize3554.jpg
アクション このフェイズでは
・噴水の湧水マーカーを1枚取る
・ダイスを1つ取る
・香水タイルを1枚補充する

この3つを好きな組み合わせでアクション回数分行うことができます。 
湧水マーカーの裏には0~3 いずれかの得点が書いてあり、ゲーム終了時に持っていた場合には得点になります。また使用する事によってこの後に行うダイス目を変えたりできます(後述) ダイスは香水タイルを得るのに必要です。 ボード中段に置いてある香水タイルにはこれを得るのに必要なダイス目が描かれているので、狙ったタイルに必要な色、数のダイスを選ぶようにするべきです。 香水タイルの補充に関しては後の方の手番の人は残っている枚数が少ないことが多い為アクションポイントを使って補充することができます
アクション全てが終わったらダイスを取っていた場合 全てを振ります。ダイスにはフレスコの面と蠅の面がありフレスコ面なら調合成功、蠅の面なら失敗となります。 この時湧水マーカーを1つ捨てれば すべてのダイスを振り直すか1色のダイスを任意の数振り直すことが可能です。また2つ捨てれば1つのダイスを無条件でフレスコの面に変えられます。
ダイスを振り終えたら出たフレスコ目を使って香水タイルの獲得に入ります
resize3562.jpg
例えばこんな目が出たとすると黒のフレスコ2つと青のフレスコ1つがあるので
resize3561.jpg
ゲームボードに置いてある香水タイルからこの2枚を作ることが可能です。獲得した場合書いてある得点(勝利点)が貰えます
取った物は裏向きにして個人ボードの横に置きます
resize3560.jpg
香水タイルには上段中段下段と3種類のパーツがあり(香水タイルの表にも書いてあるので獲得する前に分かります) これを好きに置いていくのですが個人ボード左側は上段と下段だけの小さい香水を右側では中段含めた大きい香水を作ります。全てのパーツが置けたら完成します。小さい香水の場合はその香水が2つ作れた扱いになるので香水瓶を2つ取りタイルの上に大きい香水の場合は3つ取りタイルに乗せます
resize3559.jpg
こんな感じに 各香水タイルの左にはそのタイルに匂いが描かれており 例えば右の完成した大きい香水ですとバラの香り2つ、ラベンダーの香り2つバニラの香り1つの香水という事になります。 香水タイルの配置が終わったら手番終了で次の人が同じようにアクションを行っていきます
※使ったダイスは手番が終わったらボードに戻すので 手番が遅くても選べないわけではありません
全員の手番が終わったら次の売却フェイズに入ります
resize3558.jpg
売却
手番順に完成した香水をボード上部に居るお客さんに売ることができます お客さんはそれぞれ好みの香りがあるので、その香りの入っている香水でないと売る事はできません。売った場合その香水の上に乗っている香水瓶1つをストックに戻し、そのお客様タイルに書いてあるだけの得点を得ます お客様タイルはゲームから除外されます
これを手番順に繰り返して行くわけですが(パスも可能です) 1回の手番では1人だけにしか香水を売ることはできません
全員が手番を行ったらもう一周全員が手番を行います これが終わったらこのフェイズが終了します
※手持ちの香水でその香水を全て使いきった場合には、ボーナスとして湧水マーカーを2枚貰えます
※香り関係なく香水を売ることも可能ですが入る得点が低いです(写真右参照)
このフェイズが終わるとラウンドが終了します。この時点で湧水マーカーが5枚以上ある人は4枚になるまで捨てなければなりません ボード上に空きがある場合にはお客様タイルと香水タイルを補充して次のラウンドに入ります
これを繰り返していって 補充時お客様タイルの中から終了タイルが出た場合、このラウンドが最終ラウンドになります
また香水タイルが補充できなくなった場合には即座にゲームが終了します(ラウンドの途中で補充出来なくなった場合にはそのラウンド終了まで行う) 最後持っている湧水マーカーの得点を足して最も得点の高いプレイヤーが勝者です

感想

resize3565.jpg
題材が良かったのか不子が興味津々だったので女性人の集まりにて 私(黄) 不子(緑) よっちゃん(赤) たぬさん(青)
最初の時間選び 作者といいどうしてもフレスコと比べてしまうのですが、ゲームとしてはこちらの方が簡単で遊びやすいかなという感じです(対象年齢 フレスコが10~に対しパフュームは8~) できるアクションも3種類だけだしどうすればいいのかも分かりやすい 香水タイルの獲得はダイス目次第なのですが湧水で振り直し可能なのでけっこうなんとかなります。 といっても駄目な時は駄目で 今回もよっちゃんが湧水フルに使いまくって振り直してましたが全然でなくて1人で遅れちゃっていました^^; なのでゲーマー受けはあまり良くないのかな?と
ちなみにダイスの赤青緑はフレスコ面4ハエ2 紫黒はフレスコ面3ハエ3 となっており紫と黒は少し作りにくいですがお客様タイルなどではこの2種類に関して少し得点が高めになっています
resize3564.jpg
ゲーム終了時の様子 私 82 不子 71 よっちゃん 53 たぬさん 86 でたぬさんの勝ち!
けっこうゲームをやっている私や不子は面白かったけどフレスコの方がもっと良かったかな~という意見 
そんなゲームをやっていないよっちゃんとたぬさん(フレスコはプレイ済み)はテーマもいいしシンプルでダイス振るのも良くて凄い楽しかったまたすぐやりたい!と意見に分かれたので ボドゲ慣れしていない女性に特にオススメかなと思います。 みんなダイス振るのが好きなのでうちでは出番が多そうなゲームです

評価 良

アゴラ Agora
resize3543.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
resize3546.jpg
ゲームボード ボードでは大きく分けて5つのエリアがあり、それぞれのエリアには1~5の数字が振られています。
この5つの場所でアクションをしたい場所に自分のタイルを置いていく、ワーカープレイスメントと言われるジャンルのゲームです
resize3541.jpg
それぞれ最初に色を決め、その色の個人ボードと市民タイル5枚を受け取ります。個人ボードはそれぞれの市民の弁論力を表すのに使用します。最初は全員1なのですがゲーム中 増減していきます。数値が高い人ほど弁論能力があるという事になります。
パラメーターは弁論能力だけでそれぞれの市民に特殊能力とかそういったものはありません
ゲームの流れとしては順番に1枚ずつ市民タイルを裏にしてボードに配置していきます。 置いた瞬間にその場所のアクションを行うわけではなく全員が全ての市民タイルを置き終わったら、1の場所から順番にアクションを行っていきます
※その場所でアクションの処理をする時に初めて市民タイルを表向きにします
resize3547.jpg
1 市場 ここでは資源カードを受け取ることができます。全部で3ヶ所お店があり、木材、粘土、大理石のいずれかを売っています写真例だと一番上と下が粘土のお店で真ん中が木材のお店です。 その店に市民タイルを置いたプレイヤーは上に書かれたカードの枚数だけその店の資材カードをストックからもらえます
resize3545.jpg
これが資材カード
もし貰うだけの資材カードがストックに足りない場合はそこに置いた市民タイルの中で弁論能力の高い人が優先して貰えます。
それも同値ならば左側に市民タイルを置いたほうが優先されます
resize3548.jpg
2 交換所 上に書かれている交換比率で資源カードを変えられます
resize3544.jpg
3 ストア それぞれのプレイヤーは置いた市民タイルの弁論能力を下に書いてある数字分だけ(1or2)上げる事ができます。
ただしその場合置いた市民タイル1枚につき資材カード1枚をストックに戻さなければなりません
resize3542.jpg
4 裁判所 おそらくこのゲーム一番の売りである場所で まず各プレイヤーはこの場所に置いた市民タイルの弁論能力の合計値を出します。それが一番多い人が検事となります 検事となった人は1の市場にある業者1つを選ばなくてはなりません
選ばれた業者は起訴されます
resize3537.jpg
そうしたら各自上の写真用なA~Eの書かれたタイル5枚を右隣の人に渡します。それぞれ渡されたタイルを裏向きで良く混ぜそこから3枚捲ります。その3枚のタイルの弁論能力の合計値が一番大きい人が裁判官となります
※検事と裁判官が同じプレイヤーになる事はありえます
裁判官は先ほど起訴された業者を無罪か有罪かを決めます。
resize3549.jpg
無罪の場合検事は1点(勝利点)を失い 裁判官は無罪にしてくれたお礼としてその店で売っている資材1つを貰えます
有罪の場合検事は1点(勝利点)を得て そのお店に置かれていた市民(タイル)は全員弁論能力を1失います
resize3539.jpg
有罪の場合その業者は牢屋に入ります
元々その業者が居た場所には新しい業者が入ります。裁判官は1点と新しい業者からお礼としてその扱っている資材2つを得る事ができます
resize3536.jpg
5 記念碑 ここに市民タイルを置いたプレイヤーは上部にある必要な資材を支払う事によって記念碑のランクを1上げる事ができます
ゲーム終了時記念碑のランクに応じて得点が入ります。
支払う場合には1つ上の段に書いてある資材が必要で、記念碑のレベルによって違います 写真例ですと黄色のプレイヤーは木材と大理石のうちどちらかを1枚、どちらかを2枚必要なので 木材1枚大理石2枚か木材2枚大理石1枚支払う事によって記念碑レベルが上がります。 青のプレイヤーがあげる場合には木材2枚大理石3枚か木材3枚大理石2枚が必要です
これが終わったらスタートプレイヤーが隣に移り次のラウンドに入ります
※もし前のラウンドで誰か1人でも記念碑のレベルを上げた場合には必要な資材を山札から引き変えます
※手札が10枚以上あるプレイヤーは9枚になるまで手札からカードをストックに戻し減らさなければなりません
ラウンド終了時に
・刑務所6箇所全てが埋まった
・誰かが記念碑の最高レベルまで上げた
・1人のプレイヤーが弁論能力9の市民2人を持っている
いずれかの条件を満たした場合ゲームが終了します 元々の得点に記念碑のランクに応じての得点と各市民タイルの弁論能力に応じた得点(個人ボードの上に書いてあります)が入ります また各資材 最も多く持っている人はそれぞれ1点ずつ入ります
最も得点の高いプレイヤーが勝者です

感想

resize3551.jpg
私(黄) リポ(赤) いかりや(緑) 3人プレイ時開幕の様子
ワーカー置く場所が5箇所しかないのもありとっつき易い反面物足りない部分もありますね。弁論能力を上げて行く事と、記念碑を建てていくのが目標で 弁論能力が上がっていれば裁判官になれる可能性があがるのがでかい。検事よりも判決を出せる裁判官の方がかなり有利です。 ルール説明も難しくないしプレイ時間もそんなにかからない 遊びやすいゲームです
resize3550.jpg
ゲーム終了時の様子 私 24 リポ 28 いかりや 16 でリポの勝利!

チケットトゥライド カードゲーム
resize3533.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
resize3532.jpg
列車カード 機関車はジョーカー扱いで8種類のうち好きなものとして使えます
resize3534.jpg
これは目的地カード カード左上に書いてある〇がこの目的地を達成するのに必要な色の列車カードです。
左上のカードを達成したい場合には黒、黄、桃の列車カードが1枚ずつ必要という事になります。1枚の列車カードは複数の目的地カードに割り振ることはできないので もし上の4枚を達成したい場合には黒3枚、黄2枚、桃3枚、青2枚、緑赤橙1枚必要という事になります
手番の流れですが
①自分の手元にある列車カードの獲得
②アクション

この順番に行います。

②アクション ※手番では①→②の順に行いますが都合上②から説明します
(a)場から列車カードを取る
(b)手札の列車カードを手元に出す
(c)目的地カードを引く

この3つの中からどれか1つを選び行います
resize3535.jpg
(a)は場に5枚表になっているのでそこから2枚取ることができます。山札からとってもok ただし表向きの機関車カードを取る場合には1枚しか取ることができません 通常のチケットトゥライドと同じルールですね
唯一違うのは場に機関車カードが3枚捲れても流れない所
(b)では
・1種類の列車カードを好きな枚数だけ出す
・3種類までの列車カードを1枚ずつ出す

どちらかを行うことができます。
resize3529.jpg
1種類を複数枚出す場合には機関車カードを含める事もできます。手元に出したカードは色毎に分けておきます
ちなみに既に自分の手元に出ている色の列車カードを付け足して置く事は出来ません
resize3530.jpg
これは3種類を1枚ずつ出した所 こちらの出し方では機関車カードを使う事はできません 
※ただし1つ大事なルールがあります。列車カードを出す場合には他のプレイヤー全員の手元を見て出したい色の列車カードがある場合にはそれより多い枚数でないと出すことができないという事です。 例えば黄色の列車カードを出したい場合に他のプレイヤーの手元に2枚出ていた場合には3枚以上でないと出すことができません
もしそれ以上の枚数で手元に出した場合には元々出していたプレイヤーのその色の列車カードは全て捨て札にされてしまいます

(c)では目的地カードの山札から4枚を引き最低1枚は手元に残さなければなりません。選ばなかったカードは山札の下に戻します
①列車カードの獲得
手番が回ってきたら自分の手元に列車カードがある場合には各色1枚ずつを取り裏向きにして自分の近くに山札として置いておきます。こうすることによって初めて列車カードを獲得したことになります。この獲得したカードをゲーム終了後好きに割り振って目的地カードを達成させます。
※ただしゲーム中獲得したカードの山札を確認することは出来ないので暗記力が必要とされます


列車カードの山札が無くなったら各自1回ずつ手番を行いゲームが終了し獲得した列車カードの山札を目的地カードに割り振ります
※4人プレイの場合は割り振り後列車カードの捨て札を切り直してゲームを続行しもう一度山札が無くなるまで続けます
達成できた目的地カードは書かれているだけの得点を得ることができ、達成できなかったものは書かれている得点分だけ-になります
resize3531.jpg
大都市カードというものもあり、各目的地カードには都市名が書かれているのですが 達成した目的地カードの中で一番多くの大都市の書かれたカードを持っているプレイヤーはその大都市カードに書かれているだけの得点を得ることができます
これらの合計得点が一番高いプレイヤーが勝者です

感想

resize3528.jpg
私 リポ らーさん 3人プレイ時の様子
通常のチケットトゥライドをやっている場合にはルールが似ている所も多く入りやすいですね。カードで一番の特徴と言えば暗記要素がある事なのですがかなりの枚数獲得できるので全部覚えるのは厳しくある程度適当でもだいたいの目的地カードは達成しているのでそこまで記憶力で差がでないかなと思いました
ただ2人用だと手番回数が多すぎるしお互いとんでもない枚数の目的地カードが達成となってしまうので3人以上でやるのが良さそうです
resize3527.jpg
ゲーム終了時の様子 私 114 リポ 131 らーさん 89 でリポの勝ち!

チケットトゥライド 拡張 ハートオブアフリカ
resize3525.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 8歳~
resize3526.jpg
他のマップと違う特徴が何個かあります 路線の色がかなり偏っており中央は青緑紫だけだし 上と下は赤黄橙 端は白灰黒となっています。 後は複線のほとんどが同じ色となっています
resize3519.jpg
また 都市名のない場所も存在します(青い丸の場所)
resize3524.jpg
今回はこのような地形カードというのが加わりました。地形カードには3種類のあり(写真参照)場には常に2枚が表になって置いてあります。手番で列車カードを取る選択肢を選んだ場合には変わりにこの地形カードを取ることもできます。組み合わせは自由なので列車カードを1枚引いて地形カードを山札から1枚引くなど自由にできます。
地形カードを取った場合には種類毎に分けて手元に表向きに置いておきます。何に使うかというと路線を引く場合にこれを使う事によって得られる得点が2倍になるのです
resize3521.jpg
使う場合には手番で列車カードと一緒にその色の路線が書いてある地形カードを捨て札にする事によって2倍になります。1~3マスの区間なら1枚でいいのですが、4~6マスの区間の場合は2枚必要です。
※ただし地形カードを使う場合には、その色の地形カードが他のプレイヤーと同数以上の枚数を持っていなければ使う事はできません。 
機関車カード(ジョーカー)を好きな地形カードとして使用することも可能です
resize3523.jpg
目的地カードの得点は少し高め 路線の得点2倍のルールが追加されたのでバランス調整用にあげたようですね。 最多目的地カード達成者には10点のボーナスもつきます

感想

resize3522.jpg
私(黄) ゆーじ(青) リポ(紫) らーさん(緑) ブラジルさん(赤) 5人プレイ時の様子
偏った色の路線が連続して続くので欲しい色が大量に必要という場面が多く 山から引くという機会が非常に増えますね。
それゆえ序盤からなかなか引きたい場所に引けない事が多く他のマップに比べて苦しい感じがします
地形カードを使っての得点2倍ですが、3マスの区間では積極的に使っていきたい所、というのも3マスの区間までは1枚の使用で大丈夫だからです。+4点を何度もやっていくとかなり美味しい。6マスの区間は使うと1回で30点も入るのですが、場所がマダガスカルと繋がっている1か所のみ もしここを引く場合にはぜひ使いたい所、余裕があるなら5マスの区間でも使用していいかなと思います。逆に1,2,4マスの区間では点効率が悪すぎなので使う場面はほとんどないかな
後これはマニュアルにもわざわざ書いてあるくらいなのですが、5人プレイだと路線の取り合いが半端ないです。特に中央部は複線がほとんどないのでかなり終わっています。 このシリーズを数多くやっている人は是非このアフリカ5人プレイ時の厳しさを体験して欲しい所 それ以外の人は4人以下でやるのがいいと思います
resize3518.jpg
ゲーム終了時の様子 私 68 ゆーじ 54 リポ 72 らーさん 126 ブラジルさん 134 ブラジルさんの勝ち!
私、ゆーじ、リポは路線争いに負け大量の- 写真を見てもらうと分かるかと思いますが、南部から北部の道が中盤にほぼ完全封鎖されてしまったのが厳しかった そこをつなげようと必死だった為に下部と中央も繋がらない状態に(笑)
キツキツ感が楽しいマップですね~

評価 良

ラストチャンス Last Chance
resize3516.jpg
プレイ人数 3~6人 対象年齢 12~99歳
ギャンブルをしてお金を稼ぐゲームです
resize3513.jpg
左はお金 最初80万と中央上のコマを1つずつを全員に配ります。右のダイスカードは裏向きによくきり7枚だけ場中央に山札にしてに置き、残りはこのゲームでは使わないので箱に戻します
そうしたら親の人がダイスカードを1枚捲ります。ダイスカードには必要な目が書いてあるのでダイス5個全てを振り そのカードに書いてある目が出た場合にはその目の上に置きます
resize3514.jpg
(例)ダイスを振った所、写真のような目が出ました。
resize3512.jpg
6の目と1の目が置きます
※カクテルのマークはどんな目でも置く事ができます。ただし同じ絵のカクテルが複数あった場合にはそれぞれに同じ目のダイスを置かなければなりません。複数の種類のカクテルがある場合にはそれぞれ違った目を置かなければなりません

ダイスをおき終わったら、残りのダイスをカード右下に書いてある回数まで振りなおしてカードに書いてあるダイス目を全てを出したらカード左下に書いてあるだけのお金を貰える この権利を競りによって決めます
上の写真例でいうと 残りのダイス3つを4回まで振りなおして3の目が2つと6の目が1つ出れば12万貰える権利を競るという事です。競りは順番に行っていき、入札するかパスするかを選びます。1人だけ残ったらその人が権利を得てダイスを振ってチャレンジするわけですが、他のプレイヤーはその人が成功するか失敗するかをそれぞれ賭ける事ができます
resize3515.jpg
賭ける場合には手元にお金を出し、成功すると思った場合にはクローバーの面を表にしてお金の上に乗せ、失敗すると思った場合には裏にして乗せます。
※ただし競りと違い10万までしか賭けることはできません
それが終わったら競り落とした人がダイスを振っていきます
※ダイスを振って一部だけ必要な目が出た場合にはその目だけをカードの上に置いて、残りを振り直す事が可能です
ダイスを振り終えて必要な目が出なかった場合には失敗で、落札した時に出したお金は全て銀行に没収されます。そしてまた、今残っているダイス目をカードに乗せたまま、同じように競りを行っていきます。
成功した場合には落札した時のお金を手元に戻し、カードに書いてあるだけのお金を銀行から貰う事ができます。カードはその人の手元に置きます。そして山札から1枚捲り同じように行っていきます。
成功か失敗にかけた人は当たった場合には賭けたお金を手元に戻し更にその額のお金を銀行から受け取れます。失敗した人は賭けたお金を銀行に払います
7枚のカード全てが取られたらゲーム終了でお金を一番持っていた人が勝ちなのですが、ダイスカードを1枚も取っていない人は無条件で負けになります
またゲーム中お金がほとんど無くなってしまい厳しい時には1回だけ全額を使ってラストチャンスと宣言する事によって強制的に競り勝つ事ができます。失敗した場合には所持金が0になるのでゲームから脱落します

感想

resize3511.jpg
5人プレイ時の様子
分かりやすいルールのギャンブルゲームなのですが、競りでは「残り1つのダイスを4回振って出せばいいだけだからかなり高額入札しても大丈夫だろう」とか「3回で4つのダイス目とかほぼ無理だが、もし小額で落とせるなら行く価値はあるこれぐらいは出すか」など考えどころがあり楽しいですね。落札した人以外も全員 外ウマに参加することが可能なので、待ち時間もなく 出たダイス目でみんなが盛り上がれるのが素晴らしい。 競りにはまったく参加せず、外ウマだけでお金を稼いで勝ってしまうのは理不尽に感じる人もいるかと思うので、最低1枚はカードを持っていないと負けというルールも良いですね
昔のゲームだなと感じる部分もありますが遊びやすくて活躍の場が多そうなゲームです。
resize3517.jpg
こんな高額なカードもあるので競りが熱い!

評価 良

にんじんドロボー Knabberbande
resize3510.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
にんじんを集めるゲームです
resize3507.jpg
それぞれ最初に自分の色を決め、その色のうさぎカード7枚(カードの構成は全員同じ)と8-20と書かれたにんじんカード1枚を受け取ります
resize3508.jpg
更に通常のにんじんカードをよくきり全員に同じ枚数になるように配ります
ゲームではまず親が手風だから1枚にんじんカードを選び場中央に出します もし8-20のにんじんカードを出した場合にはその間でどの数字として使うかを宣言します
そうしたら各自手札からうさぎカードを1枚選び伏せて手元にだし全員が出し終えたら同時に公開します。全員の出したカードの数字を合計して場に出ているにんじんカードと同じかそれより大きかった場合には一番大きいうさぎカードを出した人がにんじんカードを貰う事ができます。合計が低かった場合には一番数字の小さい人が貰う事ができます。もし該当者が複数居た場合にはその次に該当する人が取れます。
※3,7と書かれたうさぎカードは3-7のいずれかの数字として使う事ができます。ただし同時に複数の人がこのカードを出した場合には5として扱われます
resize3509.jpg
(例)このような感じになったとすると合計は16以下なので一番小さいうさぎカードを出した人がとることができます。1が2人居てかぶってしまったので次に小さい人が取るのですが3,7カードを出した人が3扱いにすれば次に低い数字になるので取る事ができます

使ったうさぎカードは捨て札にして手元に、取ったにんじんカードも手元に置いておきます。そうしたら親が隣にずれて同じように繰り返していきます。手札のうさぎカードが残り1枚になったら使ったうさぎカード全てを手札に戻しまた使う事ができるようになります。
手札にある全てのにんじんカードを場に出し終わったらそのラウンドが終了します。各自取ったにんじんカードに書いてあるにんじんの本数を数えて(※書いてある数字ではなくカードに書かれているにんじんの絵の本数なので注意) メモしておきます
これを3ラウンド行って最も取ったにんじんの本数の多い人が勝ちとなります

感想

よくあるバッティング系のゲームなのですが小さい数字のにんじんには小さい数字のカード、大きいのには大きいカードというのが基本なので初プレイでも凄く分かりやすいです。ただ数字がかぶると無効になるのでそこが読み合い
絵柄も可愛く足し算が出来れば楽しめるので 小学生ぐらいの子と遊ぶのが適しているのではないでしょうか。

対象年齢
ほとんどボードゲームには対象年齢が書かれています
この数字はほとんどの場合 そのゲームの難易度の表記と思ってよく、対象年齢が高いゲームほど難しいという事になります
ボードゲームを始めたての頃は全然気にしていませんでしたが 家族などで遊ぶ場合 意外とこの数字は重要でして 身近では8歳~のゲームの受けが圧倒的に良いです ルールが難しくなく小学生でもおばあちゃんでも遊べ、考え所もあるのでゲームをやったという満足感が得られるゲームが多いのではないかなと思います もちろんあくまでも年齢は目安であるので8歳~でもちょっと複雑なゲームや逆に10歳~でも簡単なゲームもあります 
またゲームの難しさとは別に対象年齢が書かれているものもあります。題材が大人向けの物だったり、ネタとして書かれていたり
resize3506.jpg
これはマティーニと男達というゲーム やる事は単純で 手番で手札を1枚出す 他のプレイヤーはその人と同じ趣味を持つ異性のカードを持っていたら出さなければならない そうする事によって付き合い始めるのでダイスを振る 目次第で結婚したり別れたりする。3組結婚させれば勝ち ルールは実に簡単でほぼ100%運のゲームです。しかしながら対象年齢は16歳~となっています
題材が男女の出会いになっているので、ある程度年のいった人男女が集まって楽しむのが良いという事なんだろうと思います
resize3505.jpg
こちらはクレムリンというゲーム 1950年代 最高書記長の座を~という内容なのですが対象年齢はなんと50歳~ これは最高書記長には若造はなれねぇよといた感じで 年齢表記は難しさなどを表す為の物ではなくネタ系の物として見て良いと思います

これは前にも書いたことなのですがチケットトゥライド このゲームは対象年齢は8歳~となっているのですが日本語版では13歳~に変わっています どういった事なのかというと 雰囲気を失わないようにという事でボードやカードの地名は英語のままだったからです。日本語版という時点で対象者は日本人という事ですから小学生ではまだ英語の地名は難しいのではという事で年齢が上がったようです
ただこれを聞いて逆に和訳シールを張ったりサマリーシートを作れば遊べる対象の人が増えるのではないかなと思うわけで
身近な人に 好きなゲームだから一緒に遊びたいんだけどちょっと難しいから無理かな~と思っている場合は色々工夫をしてみると楽しく遊べるようになるかもしれません。 
仲間で集まってゲームをやる機会があまりないからこそ その時間を大切にして快適にできるように個人的には事前準備はしたいなといつも思っています 事前準備の方は1人空いた時間でもできるのですから