プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバーフィーバー Fast Flowing Forest Fellers
resize4851.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4~5人 オススメ 2~5人 ※Boardgame geekより
川のレースで他の参加者を吹き飛ばしてでも先にゴールするのが目的のゲームです
resize4846.jpg
最初今回のレースで使うコースを選択するのですが6枚あるゲームボードから2枚(ロングゲームの場合は3枚)選びそれを繋げます。ゲームボードは裏表にそれぞれ違うコースが描かれているので組み合わせはそうとうな数になりますね
resize4850.jpg
そうしたらスタート地点の前に各自 自分の色の駒2つ(2~3人プレイの場合は3つ)を置きます。コースには丸太の描いてある場所があるのでそこに丸太コマを置きます。自分のコマを全てゴールまで最初に到達させた人が勝ちとなります
resize4845.jpg
それぞれ自分のコマ(色)のカードセットを2つ(2~3人の場合は3つ)+ビーバー1枚を受け取ります。駒には男女の区別があり、それぞれのカードがあります。これを良く混ぜ自分の手元に置き、3枚引き手札とします
手番では手札のカード1枚を手元に出して、その絵(男女)のコマを書かれた数字まで移動させることができます。
※ビーバーカードはジョーカー扱いで男女どちらでも動かす事が可能です
resize4855.jpg
上の写真例だと赤のプレイヤーが男の4のカードを出したので男コマを4マスまで移動させられます。
resize4854.jpg
他のコマの居るマスに移動する場合、もともと居たコマは進行方向に移動させられます。↑この状態から赤コマが緑コマのマスに移動した場合
resize4853.jpg
このように 丸太コマも人コマと同じ扱いです
※1度に移動させられるのは2人までなので3つ以上連続して並んでいる場所のコマを一気に動かす事はできないので、そういったマスに移動することはできません。もしくは移動先が壁などで塞がれている場合押せないのでその場所にも移動は不可です
移動を終えたら矢印のマスに止まっているコマがないかを確認します。もし居た場合には矢印の方向に流されてしまいます
※あくまでも判定は各プレイヤーの手番が終わった後に行われるので、手番中(移動中)に矢印のマスを通っても流されることはありません。
resize4848.jpg
例えば赤の手番で女の1を出しました。右がゴールだとすると1マス前に進み矢印が右を向いているので流れにのって進んでもいいのですが、左に1マス移動すると
resize4852.jpg
ジャーと緑が流されて凄い後ろに下げる事ができます(笑)
手番が終わったら自分の手元の山札から1枚引き手札を3枚にして次の人の手番になります。これを繰り返して自分のコマ全てがゴールしたら勝ちなのですが、既にゴールしたコマのカードはジョーカー扱いになるので他のコマを動かすのに使用する事が可能になります

感想

resize4849.jpg
私(黄色) ゆーじ(青,白) リポ(赤) らーさん(緑) 4人プレイ時の様子 渋滞中 私は1人抜け出しましたがもう片一方が置いてかれちゃってます^^;
出したカードの数だけコマを進めていくというゲームですが、やはり相手のコマを押せるというのがポイントでそれによって邪魔が可能で川の流れ(矢印)をうまく使うとあばばばばばさせる事ができて面白いですね。思いっきり個人攻撃なので人を選ぶかもしれませんが 移動を笑って楽しむゲームなので仲のいい友達とやる分には問題なく行けるかな~
resize4847.jpg
後半の様子 横に激流があるので非常に怖い。後ろに居るのは押されて流された人達w
慣れてきたら流れや丸太の数が多いコースで遊ぶのが良いかと思います

スポンサーサイト
ヴァイスロイ Viceroy
resize4839.jpg
プレイ人数 1~4人 プレイ時間 45~60分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
権力ピラミッドを築いていくゲームです
resize4838.jpg
ゲームで使用するカード(全64枚)と4種類の宝石があり、宝石を使った競りによってこのカードを獲得し、獲得したカードを手元に置いて効果を得ていくゲームです。最初カードは良く切って山札にしておきます
resize4844.jpg
各ラウンドの最初に山札から4枚捲ってそれぞれの色カードの下に置きます。
そうしたら各自自分の欲しいカードの上にある色カードの宝石を1つ手に握りこみます。
全員同時に公開し、他のプレイヤーと色が被らなかった人はそのカードを取り握った宝石はストックに戻し競りから抜けます
他の人と被ってしまった人は握った宝石をストックに戻し何も貰えません。貰えなかった人はもう一度同じように競りを行います。これも被った場合は更に競りを行い3回目も被ってしまった場合には何も貰えず競りフェイズが終了します
※競りで握る時に何も握らない事も可能です この場合ストックから好きな宝石3つを取り競りから抜けます
resize4842.jpg
上述のように各ラウンドの最初に4枚カードが捲られるわけですが、前のラウンドで残ってしまったカードは色カードの上に移動します。これもその色の宝石を競りで握ることによって獲得することができます(ただし両方は取れない)。もし色カードの上と下にカードがある場所に2人が握りこんだ場合、お互いこちらが欲しいと話し合いでまとまればそれぞれが取れます。
resize4841.jpg
競りが終わったらそれぞれのプレイヤーは手持ちのカードを手元に出すことができます(一度に3枚まで可能) ださずにパスすることも可能で、この場合手札を捨ててストックから好きな宝石2個を取ることも可能です
カードを手元に置く場合ですがピラミッドの形になるように置いていきます。置くにはカード左に書いてある宝石を払う必要がありピラミッドの階数によってコストが異なり上の場所に置くほど大変になります。置いた時にカードの横に書いてある効果を得られます
resize4843.jpg
例えばこのカードを3段目に置く場合 カード左に書いてある下から3つの宝石を支払わなければならないので赤、緑、黄の宝石が必要です。払って置いた場合、その横に書いてある効果で任意の宝石6つをストックから獲得出来ます
resize4840.jpg
後カードには法律カードというものがあって最初各自に3枚ずつ配られて、ゲーム中の効果で追加で取れる場合もあります
これはコスト無しで手元に置くことができ、描いてある効果を得る事ができます。またカードには端の方に半円ないし1/4の円が描かれていますが、カードを配置して全て同じ色で揃えた場合にはその色の宝石が貰え、更にゲーム終了時の得点にもなります。上の写真例だと青い円ができてますね。
山札が無くなったらそのラウンドでゲーム終了で獲得した得点全てを計算して最も高い人が勝者です

感想

resize5707.jpg
私 ゆーじ リポ 3人プレイ時の様子 ※この時はルールが一部間違っています
競りですが被ると貰えず宝石だけ無くなるのでなかなか緊張しますね。3回までチャンスが与えられるのでだいたいが取れるので(毎回被ると悲惨ですが)そこいらは考えられているなと思います。カードはそれぞれ置いた時の効果が違い、階層によっても変わるので何階で使うかや端に描かれている円の色まで考えると面白いですね。どんな感じで作っていくかは最初配られた法律カードを見て決めていくのが良いと思います。ただgeekなどでも話し合われているようですが法律カードの効果の強弱の差がかなりあって弱いのが配られると厳しい時もあるようです
resize5706.jpg
ゲーム終了時の様子

評価 良

ブルームサービス カードゲーム Broom Service The Card Game
resize5702.jpg
プレイ人数 3~6人 プレイ時間 15~30分 対象年齢 8歳~
ブルームサービスのカードゲーム版です
resize5701.jpg
ゲームで使う9種類(色)のカード カード左上には数字が書いてありますが、これはこのカードが全部で何枚あるかを表しています
resize5696.jpg
プレイ人数によって使うカードの種類が異なり、例えば4人プレイの場合は黒と白のカードは使用しません
最初使うカード全てを良く混ぜ、各自に決められた枚数(プレイ人数によって異なる 上の写真参照)配り、各自そこから3枚選び手札とします。この時に同じ色のカードを複数枚選んではいけません。選ばなかったカードは脇に置いておきます
全員が選んだらスタートプレイヤーが手札を1枚出すわけですが、骨と同じように勇敢(強い)か臆病(弱い)どちらのアクションをするかを選びます
resize5699.jpg
勇敢な場合は正面を、臆病な場合は逆向きで置きます。臆病なカードを出せば確実にその色の薬を1つ得られます。勇敢な場合は他に勇敢な人が居なければその色の薬2つ+虹色の薬1つが貰えます。順番にスタートプレイヤーが出した色のカードを持っている人は出し、勇敢か臆病かを選びます。最後に勇敢を選んだ人がその効果を得られ次のスタートプレイヤーになります。この仕組みは通常のブルームサービスと一緒ですね。 これを繰り返して全員の手札が無くなったら1ラウンド終了です。
次のラウンドに入る前に3枚ずつカードを全員に配り、脇に避けておいたカード含むその中から3枚選び同じようにやっていきます。4ラウンド終わったらゲーム終了で得点計算に入るわけですが
resize5698.jpg
ゲームの最初場に目的カードというものが3枚捲られます。ゲーム中このカードに書かれた薬を獲得した場合には取る事ができ1枚5点になります
resize5695.jpg
得点計算ですが 獲得した薬を種類(色)毎に数え、上の表をみてその数に応じた得点を獲得します。※虹色はジョーカーではなく1色として数えるので注意 それに上述の目的カードを達成した場合にはその得点を加え 最も得点の高い人が勝者となります

resize5700.jpg
更にこのゲームではおまけとして本家ブルームサービスで使用する拡張カードが含まれています。使用方法ですが最初良く混ぜて2つの山にし表向きにして脇においておきます。ゲーム中臆病(弱い)アクションを選んだ場合そのアクションをせずにこのカードのどちらかを取る事ができます。取ったカードですが次以降、臆病なアクションをする代わりに使用することができカードに描かれた効果を得る事ができます(使い捨て) 取って使うまでには臆病なアクションを2回行う必要があるわけですね。獲得して使わないでゲームが終了してしまった場合には1枚につき1点になります

感想

resize5697.jpg
私 りむをさん とりさん mikaさん 4人プレイ時の様子
魔法にかかったみたいというカードゲームをボードゲーム化したのがブルームサービスでそれをカードゲームにしたというのが不思議な感じですね。ゲーム大賞エキスパート賞の影響力を強さでしょうか。強気か弱気かという2択のシステムは健在なもののこれでもかといういうぐらい要素が減ってしまっています。カードの種類が薬の獲得だけで全部同じなので凄くシンプル 同じ薬を沢山取るほど点効率が良くなるので、既に獲得した色のカードをそれぞれが選びやすいという事を考えるくらいですね。やった感覚としてはブルームサービスキッズという感じでした。 本家をやっていなければ楽しめたかもしれないですが個人的にはちょっと残念でした。

クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
resize5689.jpg
プレイ人数 3~10人 プレイ時間 10~30分 対象年齢 8歳~
クイズいいセン行きまSHOW!の恋愛バージョンです
resize5688.jpg
価値観,日常,出会い別れ,個人と4つのジャンルに分かれ、問題は全て恋愛がらみの物になっています。
基本ルールは本家と一緒ですが 唯一の追加ルール(?)としては書いた数字が同じだった場合にはお互いハートマークを書きます。これは勝負の勝ち負けにはまったく関係がないのですが最も多い人は真実の愛を知る人になるそうです^^;

感想

resize5687.jpg
私 よっちゃん マロン たぬさん くろりん 5人プレイ時の様子
ゲームとしての違いを上げると本家では300問あった問題が160問に減少しました。今回は1つの題材だけに絞っていますし、これだけあればしばらく遊べるし特に問題ないかなと感じます。後得点の仕組みですが前は真ん中の人が100点 一番上下の数字を書いた人は-50点でしたが、今回は真ん中は50点 一番上下の人が-10点となり点差がつきにくくなりましたね。後得点チップが無くなり、ホワイトボードの右下に書いていくと仕組みに変わっています。ゲームの仕組みではプレイ感に変化はありませんね。
世代や男女比率などまったく関係なく本家では楽しめた本家と比べると、こちらは男女がある程度集まった時や女子会などといった場でしか活躍でいなそうですが、集まった時には本家以上の盛り上がりを見せるゲームなのかな~という感じがしました。
実際やってみたらもっとやろうとみんなが言うのでゲームが長く続き、ずっとみんなワイワイ楽しんでました。 個人の問題に関しては〇〇さんという直接誰かの名前を入れるものなのである程度お互いある程度知っている人同士のが良さそうです。ハートルールも若い男女だけでやると熱いのかもしれませんね。

評価 良

レジェンド Legends
resize4836.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60分 対象年齢 9歳~
色々な地域に行き、旅行記(本)を配置していくゲームです
resize4835.jpg
ゲームボード 8つの伝説の場所とスタート地点の9カ所が道で繋がって描かれています
resize4834.jpg
外側にあるのは得点トラックではなく時間トラック、このゲームは時計回りに手番を行っていくのでは無くオリンポスや東海道のように一番後ろの人が手番を行っていくというルールになっています
resize4833.jpg
得点ボードは別に存在します
resize4832.jpg
ゲームで使用するカード それぞれの場所の描かれたカードと好きな場所のカードとして使えるジョーカーがあります
中には2個アイコンの描かれているカードがありますが、これは1枚でその場所2枚分のカードになります
手番では
①移動(必須)
②今居る場所でアクションをするor本を置く(任意)
この順番で行います。
①の移動ですが道沿いに沿って進めていきます。1区間進むごとに時間を1消費します。もし他のプレイヤーの居る場所で移動を終えた場合にはそのプレイヤーに手札から1枚カードを渡さなければなりません(スタート地点だけは例外)
②移動を終えた場所でアクションか本を置きます
resize4831.jpg
カードアクションをする場合その場所に描かれた時間を消費し効果を得ます。
例えば上の写真の赤い場所で移動を終えてカードアクションをする場合時間を4消費して、その横にある中から好きなカードを3枚を貰えます。黄の場所では時間を3消費して山札から3枚カードが引けます
resize4829.jpg
スタート地点のカードアクションは特殊で手札から1~3枚好きなカードを選び裏にしておきます。置いた枚数だけ時間を消費します。そして山札から1枚カードを引きます(置く意味については後述する決算で)
resize4830.jpg
本を置く場合にはその場所のカードを支払わなければなりません。置きたい数字分のカードを支払いその場所に自分の色の本を置きます。支払ったカードの枚数分だけ時間を消費します。
上の写真例では緑のアイコンを4つ支払い4の場所に本を置いた所ですね。決算時本を置いた場所の上に書いてある数字分の得点(勝利点)が入ります 既に自分の本が置いてある場合、支払った数だけ上の数字のマスへ移動させる事もできます。
他のプレイヤーの本が置いてある数字の場所でも通常のコストを支払って置くことができ、その場合元々あった本は空いている下の数字のマスに移動します。 ※1人のプレイヤーが1つの場所に2つ以上の本を置くことはできません
resize4837.jpg
時間トラックの25,45,60,75のマスには砂時計が置いてあり、それぞれの砂時計を全員が到達ないし超えた場合に決算が発生します。つまり全部で4回決算が発生するわけですね
決算の場合それぞれの場所で本を置いてある人はその上に書いてある数字分の得点を得られるわけですが、8カ所全部で決算が行われるわけではありません。ではどの場所で行うのかのいうと、スタート地点に置かれたカード全てをシャッフルして1枚ずつ表にしてきます。5種類目のカードが捲られるか全てのカードが表になるまで続け、出たカードの場所の決算のみが行われます。決算の場所に本を置いた人は更にボーナスとしてその種類の捲れたカードに書いてあるアイコンの数を人数分で割った得点が得られます
後時間トラックで決算の場所に最初に到達した人には金の砂時計が貰え、手番終了時に好きな地域に置けます。この場所は決算の時にカードが出なかったとしても決算をする事ができます
4回目の決算が終わったらゲーム終了で最も得点の高い人が勝者です

感想

resize5685.jpg
私(茶) ゆーじ(黒) リポ(白) 3人プレイ時の様子
手番順のルールやカードの引き運が比較的強めなどといった所からかテーベの東というゲームとよく似ていると言われていますね。ただテーベよりも要素が少なく簡単なのでファミリー含めほとんどの人に出しやすいと思えるゲームです。どのカードを集めて本をどの位置に置いて、その場所を決算させるかで、後から払って上のマスに本を移動できたり、既に置かれている場所にも置けたりとかなり親切な作りになっています。決算が一部の場所のみで起こすには事前にカードを置いておく必要ありという仕組みが面白くて良くできてるなと思いましたね

エスカレーション! Escalation!
resize5683.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 15分 対象年齢 10歳~
オススメ 2~5人 ※Boardgame geekより
カードをなるべく引き取らないようにするゲームです
resize5682.jpg
ゲームで使用するカードで1~13の書かれたものと1-7とPの書かれたものがあります(全56枚)
最初これらを良く切って6枚ずつ配り残りは山札にしておきます
手番では
①手札からカードを出す
②場にあるカード全てを引き取る

どちらかを行います。
①の場合ですが出す場合既に場に出ているカードよりも大きい数字を出さなければなりません。基本1枚しか出せませんが同じ数字を出す場合は複数枚出す事が可能でその場合は出した数字の合計値として使えます。1-7のカードは1~7の好きな数字として使う事ができ、Pはパスで場の数字関係なく出す事ができます。出した後は手札を6枚になるまで山札から補充して手番終了です
②カードが出せないもしくは出したくない場合は場のカード全てを引き取らなくてはいけません。取ったカードは自分の脇に置いて置き、これは1枚につきゲーム終了時-1点になります。そうしたら手札から好きなカードを場に出し(同じ数字なら複数枚出す事が可)山札から手札6枚になるまで補充して手番終了です

手番を続けていき山札が無くなっても補充なしで続けていき、誰かの手札が無くなったらその瞬間にゲームが終了します
引き取った枚数をそれぞれ数え、枚数が一番少ない人が勝者です

感想

resize5684.jpg
私 不子 よっちゃん 3人プレイ時の様子
非常に簡単ですぐに終わり手札運が強いパーティーゲームですね。テンポよく進むのでゲームをやってない人と遊ぶ時でも問題なく楽しく遊べそうです。唯一の考え所としては引き取らなくても済む時に引き取るかどうかで、取ると-になるのですが、手札に低いものが多くて、この手番では凌げても次に回ってきたら取らされる可能性が高いという時には場の枚数が少ない時に取って失点を減らすという選択肢もあります。ここはインフェルノに近いかな。取る事により自分の手札から好きなカードが出せるようになるので低い数字が出せるわけです。2とか同じ数字が複数枚ある時には一気に出せて手札をだいぶ変える事ができるので取る価値は十分ありますね。後ゲームの内容とは関係ありませんがカードの絵柄にはいろいろなゲームで使うコンポーネントが描かれています。ゲーマーの方ですとこれはあのゲームのコマだ!みたいな感じでニヤリとできるのではないでしょうか。
resize5681.jpg
スコアシートも付属されています。 1人-が多しΣ(T□T)

評価 良

長蛇の列 Pan tu nie stal!
resize4825.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分 対象年齢 10~110歳
オススメ 3~5人 ※Boardgame geekより
列に並んで品物を手に入れるのが目的で万里の長城というゲームのリメイクです
resize4824.jpg
集めるべき商品タイルで数字の1~8のいずれかが書いてあり、これは獲得した時に入る得点(勝利点)です
裏にして良く混ぜ脇に置いておきます
resize4823.jpg
これが人カード それぞれ自分の色を決め、カードセット(全21枚)を受け取ります。良く切り5枚を手札とし、残りは手元に山札にして置いておきます
resize4822.jpg
お店タイル(枚数はプレイ人数によって異なる)は場中央に置き、各お店には商品タイルを2枚ずつ置きます。
resize4827.jpg
ゲーム中 こんな感じでバンバン人が並んでいきます。並んだ客の数字の合計が一番多い人が商品を取るという感じ
手番の流れですが
①商品タイル獲得のチェック
②アクション
この順番で行います。これが終わったら次の人の手番になります
説明の都合上②から書きますが、アクションでは山札からカードを1枚引くか、場のどこか1列に手札からカードを出して置く
(並ばせる)かを好きな組み合わせで2回行います。場に出す場合は基本1回に1枚しか出せませんが、同じ種類のカードを出す場合には1回で複数枚出すことが可能です
①では商品タイルの獲得に入るのですが、店に並んでいる自分のカードの数字の合計が(他のプレイヤーと比べ)一番大きかった場合(同数最多では駄目)にはその店にあるタイルの好きな方を1枚得る事ができます。獲得したタイルはその列の自分のカードどれかの上に置いておきます ※獲得の判定は手番の最初に行われるので注意 ②でカードを置いて数字合計が最大になってもその瞬間には貰えません(次の自分の手番の最初に最大だった場合貰えます)
好きな方のタイルが取れる?それなら大きい数字の方が得点高いんだからそっち取るに決まっているだろと思いがちですがあえて低い方を取る場合もあります。どういう事かというと、問題は店に残ったもう1枚のタイルです。これもその人が取ることが可能になる場合もあり
今タイルを取った人のその列に並んでいる数字の合計は人カードの数字の合計-獲得したタイルの数字となります。なのでタイルを獲得した人はその列の数字の合計が低くなりもう1枚を取るのが難しくなるわけですね。なので両方取りたい場合には低い数字の方を先に取った方が可能性が高くなります。
resize4826.jpg
例えば緑の手番の最初、写真の列は緑が合計3 橙が2なので緑がタイルを1枚取れます。上の例では3の方を取ったわけですがこの時点での列の数字を比較すると橙2 緑1+2-3で0なのでもしこのままの状態で橙のプレイヤーの手番を迎えた場合には橙が獲得します。1の方のタイルを取った場合には橙2 緑1+2-1で2なのでこの手番の②のアクションでカードをこの列に出して置けば次の緑の手番の最初にもう1枚の方も取れる可能性があります
列の2枚のタイルが獲得された場合タイルはそれぞれ獲得した人の手元に行き、その列に並んでいた人カードは全て捨て札になります。商品タイルをその店に2枚補充して、通常通りに続けていきます。
商品タイル全てが獲得されるか、誰かの人カード全てが使われたときに終了フラフがたち、前者の場合は即座にゲーム終了、後者の場合は他の人が1回ずつ手番を行ってゲームが終了します。獲得した商品タイルの数字の合計が最も高い人が勝者です
人カードの種類と配置した時に起きる効果
resize4828.jpg
左上から順に 1,2,3は特に効果はありません1は7枚、2は2枚、3は1枚あります。右上の妊婦さんは(2枚)アクションを使わずに配置することができます。 左下のスパイ(5枚)は同じ列に複数枚置いた場合2枚目は2、3枚目は3といった感じで数字が上がっていきます。その横のおじいさん(1枚)は他のプレイヤーの人カードの上に置くことができ、重ねられたカードは効果を失います。人を追い出してそこに入り込むというとんでもないジジイです その横の書類見てるおっさん(1枚)は置いた列のカード全てを1枚1にしてしまいます。最後子供(1枚)は既に置かれた人カードを別の列に移動させられます。

感想

resize5680.jpg
私(橙) ヴァイスさん(赤) えりえりさん(緑) 3人プレイ時の様子 結果は高い商品が取れずにボロ負け^^;
数字比べのゲームですが全部の場所を取るのは不可能だし置いてばかりだとすぐに手札が無くなってしまうので、どこに何を置くかや、いつ補充するかなどが考えどころ。特殊カードは種類少ないし効果が複雑なものはないので特殊効果だらけのゲームは苦手という方にも勧められると思います。どちらの商品タイルを取るかというのが重要で、堅実に高い方を取るか、もしくは低い方を取って両方の獲得を目指すか、よく聞くクニツィアジレンマというやつでしょうか。実に楽しませてくれるゲームです

評価 良

ストーンエイジ ジュニア Stone Age Junior
resize5670.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 15分 対象年齢 5歳~
資材を集めて小屋タイルの獲得を目指すゲームでストーンエイジのキッズ版です
resize5668.jpg
ゲームボード ボード上には5種類の資材を置く場所、犬、交換所、家と8か所の場所があり左下は小屋タイルを置く場所になっています。
resize5667.jpg
森タイル14枚 1~6の数字と各場所の描かれたものが1枚ずつ これらを裏にして良く混ぜてボードの周りに置きます。
資材はそれぞれの場所に3個(2人の場合は2個)、交換所には各種類1つずつ置き 犬の場所には犬タイルを2枚置きます。
小屋タイル15枚は良く混ぜ5枚ずつの3つの山にしておきます。プレイヤーコマは家のマスに置きます
resize5665.jpg
セットアップするとこんな感じに
手番では裏向き(重要)の森タイル1枚を選んで表向きにします。そのタイルに描かれている場所に自分のコマを移動させてそのアクションを行います。資材の場所や犬の場所だった場合にはそこにある資材を1つ貰えます。既にその場所に資材が1つも無い場合には貰えませんが犬の場所だけは特殊で持っている中で時計回りで一番近い人から1枚貰えます。交換所ではそこにある資材と手持ちの資材を好きなだけ交換できます。家の場所では小屋タイルに描かれている資材を支払う事によって1枚得る事ができます(任意) ※犬タイルはジョーカー扱いで好きな資材として使えます。 その後全ての森タイルを裏に戻して(これによってまた全ての森タイルが手番で捲れるようになります)森タイル1か所の場所を入れ替えます。
アクションを行ったら手番終了です ※森タイルを捲って数字が出た場合にはコマを→の方向に出た目の数分移動させ止まった場所のアクションを行います
resize5666.jpg
写真例では森タイルを捲ったら果物が出たので自分のコマを果物の場所に移動させ、そこから果物を1つ取った所です
手番を繰り返していって小屋タイルを3枚誰かが集めたらゲーム終了でその人が勝者です

感想

resize5669.jpg
私(黄) 不子(緑) よっちゃん(桃) 3人プレイ時開幕の様子
ストーンエイジのキッズ版ですがストーンエイジのルールを簡単にしたわけではなく完全な別ゲーです。同じなのは題材だけですね。いわゆる記憶力が重要となるゲームで一度捲れれば場所が分かるのでそれを覚えておく事によって家タイルが引かれ裏向きになればまたそこを選ぶ事ができます。場所のタイルではなく数字もあるので行きたい所が既に捲られていても行ける事もあります。目的となる家タイルに必要な資材は分かっているのでそれを集めるように動くのが理想なわけで、キッズゲームという枠ではかなりしっかりしたゲームだと思います。ろくに覚えられない私のような人でも捲ってとりあえずなんかのアクションができるのがいいですね。家と犬の場所だけ覚えて後はたぶんこれだろうって感じでした(笑) 家を引いた後の1枚の場所を交換できるっていうのもなかなか苦しませてくれていいです
resize5664.jpg
終了直前の様子 夢中になって楽しんでくれる子供が多そうですね^^

メディチ カードゲーム  Medici The Card Game
resize4818.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 30~45分 対象年齢 10歳~
メディチのカードゲーム版です
resize4816.jpg
商品カード(全95枚)
5種類の商品がありそれぞれに数字の0,2~5いずれかの数字が書かれています。0の商品カードはその商品2つ分の価値があります(カード端のアイコンに書いてあります) 7の書いてあるカードは数字は大きいものの商品扱いにはなりません 後特殊なカードとして内側の円が紫になっているカードがあり、これは0で商品1個もしくは数字2で商品にはならないカードのどちらかです
これらを良く混ぜて山札にします
手番では山札から捲ってその横に並べていくのですが最高で3枚まで引くことができます
resize4817.jpg
何枚引いて止めるかは1枚引くごとに選択することができます。引くのを止めた場合には最後に引いたカードは必ず取らなくてはいけません。その後更にカード列にある一番後ろもしくは後ろから2番目のカードを取ることもできます(両方取ることも可能) 
手番開始時に1枚も山札から捲らずに取ることも可能で、その場合はカード列の一番後ろのカードを取り、更にカード列の後ろ2枚を取ることが可能です
カードを取ったら手番終了でこれを繰り返していくのですが、各自5枚までしかカードを取る事ができないので5枚取った人は抜けます。1人を除き全員が5枚を取ったら残りの人は1回だけ手番を行いラウンドが終了となり得点計算に入ります
※特殊なカード(内側の円が紫)に関しては1枚として数えなくていいのでこれを獲得した場合には5枚より多く取ることができます
得点計算ですがまずこのラウンドに獲得したカードの数字の合計を各自出して多い人から順に得点が入ります
例えば4人プレイだったとすると1位に30点 2位に20点 3位に10点入ります
その後各種類の商品を何個持っているかを比べて、それぞれの商品で一番多い人に10点 2番目に多い人に5点入ります
※もし同じ商品を5個以上持っている場合にはボーナスとして更に10点入ります
それが終わったら次のラウンドに入るわけですが獲得した商品は捨て札にならず次以降のラウンドの決算に継続して使えます
3ラウンド行ったらゲーム終了で最も得点の高い人が勝者です
resize4815.jpg
ちなみに得点に関しては写真のチップを使うわけですが最低の単位が5なので決算時5単位での切り捨てになります
例えば商品が同数最多で2人居たとすると10+5を2で割るので7.5になるわけですが貰えるのは5点になってしまいます

感想

resize4820.jpg
私 リポ 雷さん 3人プレイ時の様子
競りを無くしたメディチですね。得点計算などの仕組みが一緒で本家をやった事がある人はすぐにわかると思います。どちらか選ぶなら本家の方を遊ぶかなとは思いますが、競りが苦手な人や難しく感じてしまう人にも勧めやすいし持ち運びしやすし 人数も3~4人と少なめでもいい感じとカードゲームならではの魅力も沢山あるゲームだと思います。捲るか、いつ止めて何枚取るかが悩ましい。1枚に含まない特殊カードが今回追加されましたがなかなか面白いですね。当然これはお得だと取りたくなりますが、あんまりこればかり取ってすぐに手番終了していると他の人みんなが5枚取って1回しか手番できなくなっていたり(特殊カードは0で商品1か2で商品しかないのでカード自体は弱い)します
resize4819.jpg
3ラウンド目終了時の様子 ヴァリアントで8個以上同じ商品を持っている場合には20点ボーナスがつくというルールでやっています

インカ帝国 Inca Empire
resize4805.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 90~120分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~4人 ※Boardgame geekより
インカ帝国を拡大していくゲームです
resize4803.jpg
縦長のゲームボード 写真は4人時に使う方で裏面は3人用のボードとなっています
resize4808.jpg
ゲームでは各自本拠地からいろいろな場所に進んでいきます(木の棒が通った道を表しています) 色が似ているので少し分かりづらいですが、色で分けられた場所はそれぞれの領土を表しており、まだ支配されていない領土には丸いトークンが置かれています。この領土に道を隣接させる事によって征服する事が可能になります。要はそれぞれ道をドンドン引き征服していくゲームですね。他のプレイヤーの引いた道の場所には引けない(イベントの効果によっては可能)ので道の取り合いも発生します。また都市や要塞の書かれた場所に道を繋ぐとそこに建てる事ができ、それによって得点を得る事ができます
resize4807.jpg
このゲームは全部で7ラウンドあるのですが インカフェイズ 建設フェイズ 太陽フェイズ ?フェイズと4つのフェイズがあり ボード左上(写真参照)には各ラウンドどういった順番で行っていくかが描かれています。1ラウンド目はインカフェイズ→建設フェイズ→建設フェイズ 2ラウンド目はインカフェイズ→太陽フェイズ→建物フェイズ→太陽フェイズ→建物フェイズ→?フェイズ といった感じ
インカフェイズ
各ラウンド最初は必ずこのフェイズから始まります。建設フェイズなどで使用する労働者トークンを受け取ります。何個受け取るかは各ラウンド毎に異なり、そのラウンドの上の枠に書かれています(写真参照) 1ラウンド目のインカフェイズでは4つ、2ラウンド目は3つといった感じです。更に領土征服して得たトークンに描かれている数や持っている棚畑1つにつき1追加で貰えます。全員が貰い終わったら今現在一番得点(勝利点)の高い人は一番低い人に2つ労働者トークンを渡さなければなりません。同様に2番目に高い人は3番目の人に1つ渡します。これが終わったらこのフェイズは終了します
建築フェイズ
このフェイズでは手番順に 道路の建設と征服or建物の建築を行います。どちらから先にやってもok
道路の建設ではボード上の既に自分の道が繋がっているところから隣接する場所に道を伸ばします。2本まで置くことができます
※注意なのはまだ征服されていない領土間には引けません
resize4806.jpg
征服or建物の建築では上の表に描かれているどれか1つを1回実行できます。征服する場合はその地域(トークンが置かれている)に自分の道が隣接している必要があり、そのトークン上部に描かれている数の労働者トークンを支払うことによって制圧しそのトークン右に書いてある数字分の得点が得られます。取った地域のトークンは手元に置いておき、下部に描かれている数の労働者トークンをインカフェイズの時に追加で貰えるようになります
resize4810.jpg
例えばこのトークンを取るには労働者トークンを3支払う必要があり、そうすることによって4点即座に入ります。更にインカフェイズ毎に貰える労働者トークンの数が1増えます
resize4809.jpg
都市(青)や要塞(橙)を建設する場合にはボード上に描かれた場所に自分の道が繋がっていてかつ周りの領土が征服されている場合に可能です。描かれた数の労働者トークンを支払うことによって勝利点を得る事ができます。更に立った建築物に道で繋がっているプレイヤーは?フェイズのたびに毎回得点が得られます。征服or建物の建築どちらもせず代わりに更に道1本を引くこともできます。この場合労働者トークンを1支払います。
太陽フェイズ
このフェイズの度に手番順が変わります。得点の低い人からになります
resize4804.jpg
最初イベントカードというものが全員に3枚ずつ配られるのですが、これを手番順に1枚ずつ裏向きで太陽ボードに置いていきます。置く場所は4カ所あるのですが各場所1枚ずつしか置くことはできません。置いたら山札から1枚引き手札を3枚にします。全員が置き終わったら表にします(写真参照)
そのカードの効果を縦横に書かれた色のプレイヤーはこのラウンド受けることになります。例えば写真左上のカード、これは建設フェイズで征服する場合必要な労働者トークンが1増えてしまうという効果ですが青と茶のプレイヤーに適用されます。
?フェイズ
各ラウンドの最後(1ラウンド目は除く)は必ずこのフェイズになります。上述のように建物に道が隣接しているプレイヤーはそれぞれ勝利点を得ます。残った労働者トークンは全て没収されます(次のラウンドに持ち越せません) 置かれたイベントカードは全て捨て札になります

7ラウンド目が終わったらゲーム終了 最も得点の高い人が勝者です

感想

resize4812.jpg
私(橙) りむをさん(茶) しゅだっちさん(緑) minaさん(青) 4人プレイ開幕の様子
序盤は地味な感じのゲームですがゲームが進むにしたがって道の取り合いや建物の建設など他のプレイヤーとの早い者がち合戦が行われるようになり楽しくなってきます。得点の高い人は労働者トークン一部取られるし手番順は遅くなるのもありあまり1人が走るような展開にもならないのでだれることなく進んでいきます
resize4813.jpg
中盤の様子
太陽カードのイベントも良くできていて+の効果のカードを置こうと思っていた所を先に自分の場所に-の効果のカードを置かれて苦しんだり、実に熱いですね。これだ!というウリは無いゲームではありますが全体的に楽しめるゲームではないかと思います
resize4811.jpg
ゲーム終了時の様子 しゅだっちさんの勝ち!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。