プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーピングクイーン Sleeping Queens
resize5804.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 20分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 2~5人 ※Boardgame geekより
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
resize5802.jpg
お姫様カード(全16枚) これらを起こす(自分の手元に集める)のが目的です。各お姫様には5~20の数字が書いてあり特殊効果を持つ姫も居ます
resize5800.jpg
最初姫カード(裏面は緑)を良く切り写真のように4×4の形で裏向きに並べ、残りのカード(裏面は紫)も良く切り全員に5枚ずつ配り残りは場中央に山札としておきます。手番では手札のカード1枚を出してその効果を解決し(出したカードは捨て札になる)手札が5枚になるように山札から補充して手番終了です。 ※数字カードだけは特殊で一度に複数枚出す事が可能です(後述)
カードの種類
resize5806.jpg
王様 このカードを出した場合、場にある姫カード1枚を取る事ができます。取った姫カードは手元に表にして置いておきます
resize5803.jpg
写真左上は騎士で他のプレイヤー1人の手元にある姫カード1枚を奪う事ができます。奪われるプレイヤーはその横のドラゴンカードを持っていた場合にはこれを(手番外で)出す事ができ守る事ができます。
下段左の眠り薬は他のプレイヤー1人の手元にある姫カード1枚を場に戻させる事ができます。使われたプレイヤーはその横の魔法の杖を持っていた場合は出す事によって守れます。
写真右は道化師でこのカードを使った場合山札から1枚捲ります。それが絵札(今まで紹介してきたカード)だった場合にはそれを手札に加え手番終了で数字カードが出た場合にはその数字分だけ時計回りで隣のプレイヤーを数えていき、最後のプレイヤーが姫カード1枚を獲得できます。
resize5801.jpg
1~10の書かれた数字カード これには特殊効果がなく要らないゴミカードなのでさっさと捨てて別の手札に切り替えたいのですが、条件を満たす事によって一手番で複数枚捨てる事も可能です。その条件は2枚同じ数字を持っている場合それらは一度に捨てられます。もしくは足し算の方程式を作れる場合にもそれら全部を捨てる事ができ 例えば2,3,5のカードは2+3=5 という式を作れるので一気にこれら全てを捨てられます。作れれば何枚でも捨てられるので1,1,3,5,10と持っていたら1+1+3+5=10となるので全部捨てられます

誰かが姫カードを4枚集めるか、集めた姫カードの数字の合計が40以上になったらゲーム終了でその人が勝者です
※2~3人プレイの場合は5枚集めるか、50以上と条件が変わります

特殊効果のある姫 一部の姫は特殊効果があります
犬姫と猫姫は同じ人が獲得した場合片一方が逃げて場に戻ってしまいます
薔薇姫は即座にもう1枚姫カードを獲得できます
苺姫は騎士や眠り薬で攻撃される事はありません

感想

resize5805.jpg
私 不子 よっちゃん マロン 4人プレイ時の様子
ひたすらカード引きにかけるゲームですが、勝利が近づくと他の人が攻撃してくるのもあって結果的にはかなり接戦になる事が多くてみんなが楽しんでくれることが多いなという感じがします。絵柄が可愛くて、姫や王は1枚1枚全ての絵柄が違い素晴らしいですね。足し算の練習にもなると思うので小学生などにもオススメしたいですね。

スポンサーサイト
マティーニと男たち Martinis & Men
resize4906.jpg
プレイ人数 2~8人 プレイ時間 20分 対象年齢 16歳~
ベストプレイ人数 6~8人 オススメ 5~8人
カップルを作りそれを結婚させるのが目的のゲームです
resize4904.jpg
カード(全80枚) 男女の描かれたカードがあり、それぞれ2つの特徴を持っています。男は青、女は赤でカード裏面もその色なのでそのカードの性別は裏からでもわかるようになっています
これを良く切って全員に6枚ずつ配り 残りは山札にして場中央に置いておきます
手番ではまず山札から1枚引き、手札を1枚表にして手元に置きます。他のプレイヤーの中で、出されたカードに書いてある特徴(2つのうちどちらかでいい)を持っている異性のカードを持っている人は1枚選び場に出さなければなりません。手番の人はその中から1枚選びカップリングさせます(選ばれなかった人はその人の手札に戻ります)
resize4908.jpg
この中から1人選ぶのだ
選んだら赤と青のダイスを同時に振ります。両方ともハートマークが出たらめでたく結婚します。どちらかにグラスマークが出たらまだ早いって事でお付き合いはそのまま続きカップルは手元に置いておきます。稲妻が出てしまったら破局になり稲妻が出た方のカードはゲームから除外され残った方は場に残ります。ちなみにダイス目の構成はハート3面、グラス2面、稲妻1面とハートの出る確率が一番高いです
※もし結婚が成功した場合 他のカップルには焦りが発生し、全ての現在付き合い中(手番以外の人も)のカップルはそれぞれダイスを振る事ができます。
resize4905.jpg
オタクだって特徴があえば逆玉が可能である!
※もし手番でカードを出した時に特徴が一致する人が誰もいなかった場合(誰もカードを出さなかった場合)そのカードは場に残り手番が終了します この場に残ったカードですが手番のプレイヤーはこのカードと手札をカップリングさせる事も可能です
最初に3組結婚させた人が勝ちとなります
resize4909.jpg
中にはダイスの振り直しをさせるというカードもあり、これは手番外でも使えるのであいつとの結婚なんてみとめねぇ!って感じで使うこともできます。

感想

resize4907.jpg
私 不子 よっちゃん マロン たぬさん くろりん 6人プレイ時の様子
ほぼ運の要素100%のゲームなのでみんなでワイワイ楽しむゲームですね。それぞれのカードの絵柄がみんな違うので誰を選ぼうかとか、こんなカップルが結婚するのかよ!とかそういった話をしながら男女多人数で遊ぶのが適していると思います。

ルーム25 Room 25
resize5788.jpg
プレイ人数 1~6人 プレイ時間 30分 対象年齢 10歳~
ベストプレイ人数 5~6人 オススメ 3~6人 ※Boardgame geekより
みんなで協力して全員で脱出するゲームです。これは新版ですが旧版とルールはほとんど変わっていないようです
このゲームは全員で脱出、密かに裏切り者が混じっている、ソロプレイなど色々な遊び方があるのですが全員で協力して脱出するルールについて書いてみます
resize5786.jpg
最初中央にスタート地点のタイルを置き各自のコマを配置、今回使う24枚のタイルを決めそれを良く混ぜ写真のように5×5の形に並べます。この中の1枚に脱出口があって時間内に全員が到達し、画面外に移動(後述)すれば勝利です
※出口ですが最初は画面端の4か所とそれに隣接する場所つまり12か所のうちのどこかになるように配置します。つまりスタート地点の隣がいきなり出口だったりすることはありません
タイルの種類
resize5782.jpg
これらは部屋に誰かが移動したときにオープンされ、その部屋の効果を受けます。4隅が緑なのは安全 黄色なのはちょっとヤバメ(死ぬことはない) 赤はヤバイ こんな感じです。 写真例で効果を言うと左上は効果なし その下はトンネルで他のトンネルがオープンされていた場合そこに移動します。 その横上段の黄は中央の部屋か他のプレイヤーが隣に居る部屋しか移動できなくなる 下段はスタート地点に戻される 赤の上段は次のターン終了までに移動しなければ死亡(2度と入れなくなる) 下段はこの部屋に2人入ると先に居た方が死亡する こんな感じです。右上は一番ヤバイ部屋で入った瞬間に即死します。右下は目指すべき出口ですね。
resize5785.jpg
最初にプレイヤー色を決め、その色のカードと4種類のアクションタイルを受け取ります。カードには部屋の種類全部と効果が書いてあるので見やすいです。
resize5781.jpg
各自このラウンドに行いたいアクションを2つ選び、第1と第2アクションの所に1枚ずつ裏向きに置きます
※何を置くかは見せたり言ったりするのは×
全員が置けたらスタートプレイヤーの人が第1の方を表にしてそのアクションを行い順番にやっていきます。全員が終わったら第2アクションをまた順番に行ってそれが終わったらラウンド終了でスタートプレイヤーが移り同じようにしていきます
※アクションを2回行わず1回だけ行う事も可能で、その場合は1枚だけ選び第1か第2どちらか好きな自分の手番の時に行動できます。
アクションの種類
resize5789.jpg
移動
隣の部屋に移動します(縦横方向だけで斜めは×) ただ確認もせず突っ込むと上の写真のようにヤバイ部屋にいってしまう可能性があります。ちなみにゲーム開始の時点で各自1枚だけ隣接するタイルは見れます
resize5787.jpg
確認
隣接する部屋1枚を自分だけ確認できます。他のプレイヤーには「ここは大丈夫」とか「行かない方がいい」とかそういった事は伝えられますが、具体的にどの種類の部屋かを言うのは×
resize5784.jpg
押し出し
同じ部屋に居る他のプレイヤーを隣の好きな部屋に押し出します
resize5791.jpg
上の写真では赤が青を上の部屋にふっ飛ばしたところです。
resize5780.jpg
操作
自分の居る部屋の縦か横のラインどこか1つを1マス分ずらせます。ずらしてはみ出た部屋タイルは逆側に置きます。上の写真の場合は青のプレイヤーが縦のラインをずらした所ですね ※2つほど注意することがあってスタート地点がずれるような操作はできません。また同じラウンドに動かしたラインを逆向きに動かす(要はもとに戻すような動き)事はできません

ゲームを進めていって一定時間(ターン数 プレイ人数によって異なる)が立って脱出できないか、2人が死んだらその瞬間に敗北となります。今生きている人全員が脱出口に乗った状態で操作アクションで画面外に出れたら勝ちとなります
resize5790.jpg
こんな感じで全員そろって操作(写真の場合は左側に)アクションで画面外に移動すれば勝ち! 1人で「先に逃げてるわ~」って事はできません(笑)

感想

resize5783.jpg
私(白) よっちゃん(赤) マロン(黄) たぬさん(青) くろりん(紫) 協力モード5人プレイ時の様子
何も分からん状態から脱出、失敗すると死っていうのが昔の映画キューブなんかが影響しているのかな?なって思ってしまいますが、色々な部屋を通過しながら出口を探す過程が面白いゲームである程度の会話ができるので俺はこっち方面探すぜ~みたいな感じで計画を考えたり協力したりモードによっては裏切り物が潜んでてドキドキしたりと楽しませてくれる協力ゲームです。プレイ時間も短めなので何度も連続で遊びやすくそこもいい所でしょうか
resize5779.jpg
ゲーム終了直前の様子 ジジイ(私)だけ間に合わず敗北w

ワールズフェア1893 World's Fair 1893
resize5777.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 40分 対象年齢 10歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~4人 ※Boardgame geekより
色んなエリアで得点を稼いでいくゲームです
resize5776.jpg
ゲームボード 真ん中には観覧車がありその脇には5つ(色)のエリアがあります
resize5769.jpg
この5つのエリアにそれぞれ自分の色のコマを置いていって、決算の時にそれぞれのエリアで他の人と比べコマを多く置いている人に得点が入る、エリアマジョリティーの要素を持ったゲームです
手番では
①5か所のエリアのどこか1つに自分のコマ1つを置く
②そのエリアにあるカード全てを獲得する
③そのエリア含め時計回りで3つのエリアに山札から1枚ずつカードを捲り補充する
この順番に行います。行動は全て必須
①はそのままで手元からコマ1つを好きな場所に置きます
resize5768.jpg
これは黄のプレイヤーが青のエリアに置いた所ですね
そうしたら②その場所にあるカード全てを獲得し手札として持ちます、上の場合だと2枚あるのでこれを全て獲得
そして③で今取った場所から時計回りで3つのエリアに1枚ずつカード補充をするわけですが、各エリア置けるカード上限枚数が決まっています。その上限を満たしていってしまっている場合はそこは飛ばして次のエリアに置きます
resize5774.jpg
こんな感じになりますね。青と緑のエリアは上限4枚 黄のエリアは3枚なので満たしてなかったので問題なく1枚ずつ置けます
そうしたら次の人の手番になり同じようにしていきます
カードの種類
resize5767.jpg
大きく分けて3種類あります。写真上段は各エリアが描かれたカードでこれは決算の時に使用します(後述)
中段の人物カードは手番で指定されたエリアにコマを1つ置けたり、コマを移動出来たりとコマに関してのアクションをするカードで、これは取った次の自分の手番の時の①と②の間に行います。取っておくことはできず必ず獲得した次の手番で使用し捨て札にします。下段はチケットカードでこれも手札として持っておき決算時に使用するのですが、このカードを1枚獲得するたびに
resize5772.jpg
ゲームボード中央の観覧車を1マス時計回りに動かします。これが1周した時に決算が発生します。
決算について
まず各自獲得したチケットカードの枚数分の得点を得ます。一番多く獲得した人は+2点ボーナスが入ります チケットカードはその後捨て札になります。
resize5773.jpg
次に各エリアを順番に見ていき一番多く置いた人と2番目に多くコマを置いた人には得点が入ります。入る得点はプレイ人数毎に決まっており、上の写真は4人プレイ時の場合で1位には4点、2位には2点入ります。カードをよく見るとチェックのようなものが書いてありますが、これはこのエリアで1位か2位を取った人はこのチェックの数だけこのエリアのカードをチップに変えられるという事をあらわしています。
resize5775.jpg
例えば青のエリアでトップを取った人は3枚までの青いエリアのカードを青いチップに変えられるのですが2枚しかもっていなかったので2枚交換しました。カードは捨て札になります
resize5770.jpg
このチップはゲーム終了時何種類集めたかでセットコレクションボーナスが入ります。色々なエリアでチップを取ると点数が伸びるという事ですね。ただ何セットでも作れれば点数になるので同じ色のチップを複数枚持っていても無駄にはなりません
全てのエリアで決算が終わったら次のラウンドに入るわけですが、各エリアで各自 自分のコマ半分を手元に戻します。
3ラウンド目の決算が終わったら最後上述のチップの得点を追加し 最も得点の高い人が勝者となります

感想

resize5771.jpg
私(黄) 不子(紫) よっちゃん(白) 3人プレイ時の様子
プレイ時間が1時間以内と軽いながらも陣取り要素やどのカードを獲得するかなどしっかりとしたルールになっていてボードゲームしたなという気分にさせてくれますね。それぞれのカードにはワールドフェアのテキストが書いてありますがゲームではまったく関係なく3種類だけなので覚えやすいのも良い。ゲーマー層以外にも出しやすいゲームだと思うのでうちの環境では活躍しそうです。
ウィンナーワルツ Wiener Walzer
resize5757.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 45分 対象年齢 8歳~
踊ったりビュッフェで色んな種類の食べ物を食べたりして得点を稼ぐゲームです
resize5764.jpg
ゲームボード マスによって色が違うのはプレイ人数によっては使わない場所があるのでその区別をする為です
resize5763.jpg
人物タイル 各自 自分の色を決めその色の0~5の書かれた男女1枚ずつのタイル(計12枚)を受け取り 裏にして良く混ぜ手元に置き、1枚だけ取り手札とします。
resize5756.jpg
ビュッフェタイル 5種類の食べ物とシャンパンがあります。それぞれのタイルには1種類の食べ物が1~3個描かれています。シャンパンに関しては1個で固定 ただこれはゲーム終了時5種類のうち好きな食べ物にする事ができるジョーカー扱いになります
resize5765.jpg
最初ビュッフェタイルをランダムに各マスに1枚ずつ置いていきます。四角い枠の描かれたマスには白いNPC用の人物タイルを1枚ずつ置いていきます。これで準備完了 上の写真は4人プレイ時のセットアップです
手番ではボード上にあるビュッフェタイル1枚を取り、その場所に手札の人物タイルを置く これだけです。そうしたら手元の人物タイルを1枚取り手札にして次の人の手番になります
resize5758.jpg
手番で人物タイルを置いて、いずれかの人物タイルが壁か他の人物タイルで四方が埋まった場合、その人はダンスを踊ります。踊るのは隣接している異性の人物タイルで複数居る場合にはその中で一番数字が大きい人と踊ります。同数の場合は手番の人がどちらと踊るか選べます。踊った場合にはその色の人物タイルのプレイヤーはそれぞれ描かれている数字の合計分の得点を得る事ができます。得点を得た後踊った人物タイルは裏側にします。裏側になった人物タイルは以後踊れなくなります。上の写真例だと緑のプレイヤーが人物タイルを置いたら青の女性の4の周りが全て埋まりました。なのでこの人に縦横で隣接する人で男性の一番大きい数字の人と踊るので緑の男性の3と踊り青と緑に7点入ります。
resize5761.jpg
踊り終えたタイルは2枚とも裏向きにします
同じプレイヤーのタイル同士が踊った場合にはその人に2枚分の合計得点が入ります。またNPC(白)と踊った場合にもその合計値が自分だけに入るので白のタイルと踊るとお得です。周りが人物タイルで埋まった時に同性や既に踊り終わった人しか居なかった場合、その人は一生踊れないまま終了します。上の写真でも青の女性の横に女性が置かれると一生踊れなくなってしまいます。
resize5755.jpg
全員が全ての人物タイルを置き終えたら(12手番ずつ行ったら)ゲーム終了で、最後に獲得したビュッフェタイルの得点計算に入ります。5種類の食べ物のセット1つごとに5点入ります。※5種類を1枚ずつではなく1つずつなのに注意
シャンパンは好きな種類1つ分として数えられます。上の写真例だと3つずつあるので15点入る事になりますね。
合計得点の高い人が勝者です
resize5762.jpg
これは追加ルールで使うカード 0の人物タイルを配置した時に山札から捲り、その効果を適用します

感想

resize5760.jpg
私(紫) 不子(緑) よっちゃん(赤) マロン(黄) たぬさん(青) 5人プレイ開幕時の様子
最初はビュッフェは3つ描かれていて色んな種類を取るように置いて行けばいいのですが、中盤以降は踊りになども考えなくてはならなくなってきます。NPCの白と踊ると美味しいので踊りやすいでかい数字はぜひ狙いたい所、年寄り(数字の低いキャラ)は踊れずそのままな事もあり現実を思い知らせてくれます。まあ同年代同士で躍らせりゃいいんですよ。クニツィア氏らしいとっつきやすく考え所のあるいいゲームですね
resize5759.jpg
ゲーム終了時の様子 不子の勝ち!

ヴェネツィア2099 Venezia 2099
resize4895.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 60分 対象年齢 8歳~
年々水位が上昇しているヴェネツィア 2099年には陸地がどんどん沈んでいく状態に、その中で溺れないようにうまく移動して宝物を取り稼ぐゲームです
resize4897.jpg
ゲームボード 2~8,とXの書かれた6色(数字の周りの色)が1枚ずつと浅橋が16枚の計64枚のタイルを最初写真のように1枚ずつランダムに並べます
resize4896.jpg
カード タイルとほぼ同じで3~8とXの書かれた6色が1枚ずつ(計42枚) ※ただしタイルと違い2はありません(重要)
これを良く切り全員に決められた枚数配ります。お金も決められた数だけ全員に配ります
resize4894.jpg
自分の色のコマを決め、順番に1つずつゲームボードのタイルの上に置いていきます。ただし既にコマの置かれた場所には置けません。これを全員が3つずつ(3人プレイの場合は4つ)置くまで繰り返します これで準備完了
手番では
①自分のコマ1つを移動させる(任意)
②宝物1つを買う(任意)
③手札を1枚出す(必須)
この順番に行います
①の移動ですが、縦横斜め1直線に好きなだけ移動させられます。ただし他のコマや水面は移動できないのでそこを越えることはできません
②宝物を買う場合ですが自分のコマが乗っているタイルの色(数字の周りにある色)宝物を1つを買えます。買う場合にはお金がいるのですが、その場所にまだお金が置かれていない場合にはお金1で買えます。買った場合そのタイルの上にお金を置きます。既にお金の置かれている場所で買う場合には置かれているお金+1を支払う必要があります
resize4893.jpg
例を挙げると上の写真では橙のプレイヤーはこの場所で紫の宝物を買いました。お金を1置きます。もし次の自分の手番でもここで紫の宝物を買う場合には更に2のお金を支払う必要があります
③のカード出しですが手札で一番小さいカード(複数枚ある場合はそこから選択できる)を出さなければなりません。Xは一番大きい数字として扱われます。出した数字、色の場所は裏側に向け、そこは沈み海になって通れなくなってしまいます
resize4902.jpg
もしこのようなカードを出したとすると
resize4900.jpg
海になります。低い数字にコマが乗っていると危ないという事ですね。ただし2のカードはないので2や浅橋タイルにのっていればコマの安全は確保されます。もしコマの居る場所が海になってしまった場合ですが
resize4899.jpg
各自最初にゴンドラカードというものが2枚配られているのでこれを使う(使い捨て)ことによって水面を移動して別の陸地に上陸し回避できます。このゴンドラカード溺れたときだけでなく手番中海を移動するのに使うことも可能
もしこのカードがないもしくは使いたくない状態でコマの陸地が無くなった場合 その人とはサヨウナラ(コマをゲームから除外)することになります。
全員の手札が無くなったら終了で得点計算に入るのですが、生き残ったコマは居る場所に書いてある数字分の得点が貰えます。Xに関しては残ったその色のタイル枚数×2点が貰えます。後は取った宝物ですが、その宝物の色のタイルがゲームボード上に何枚残ったかをみます。もしタイルが1枚しか残ってなかった場合には1つ6点に 2枚だった場合には1つ3点 3枚では1つ2点 4枚以上は1つ1点になります。つまりタイル枚数が少ない色の宝物を沢山買って置くと得点が伸びます。合計得点の最も高い人が勝者です

感想

resize4901.jpg
私(橙) ゆーじ(青) リポ(肌) 3人プレイ時開幕の様子
最初ほとんどのカードを配りきるため、バンバン沈んでいき動きずらくなっていきますね。低いカードから出していくというルールがあるので、全員が5以上を出し始めたらボード上に残っている4のタイルは絶対安全とかそういった事が分かります。ゲーム終了時タイルの枚数が少ない種類の宝ほど得点が高くなるので自分の手札に沢山持っている色があったらそのカードを出して沈む前に枚数を集めておきたいところです。なかなか思い通りにいかないゲームではありますが、水だらけになる展開が面白いですね
resize4898.jpg
ゲーム終了直前の様子 安全にいくなら2の場所だけど、7~X辺りの残るマスにコマを置ければかなり得点が入る 私は3つのコマがボッチャンしました(笑)

ジョハリ Johari
resize4887.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
宝石を売って得点を稼ぐゲームです
resize4886.jpg
ゲームボード 中央のトラックはお金トラックで各自が持っているお金を表しています。これは同時に手番順も表しておりお金を持っている人から順に手番を行っていくことになります
resize4888.jpg
個人ボード 4色の宝石のラインがあり、ゲーム中それぞれの宝石を右に進めていきます。上に書いてある数字はゲーム終了時どの場所にいるかで入る得点(勝利点)を表しており上の写真の状態でゲームが終わったとすると4+0+14+8で26点入るという事になります。右に行くほど得点が上がるのですが進むにつれて得点の上昇率が落ちてくるのがポイント、なので無理して右端までやる必要はないのですがある程度は各種類あげないと得点が伸びないという事になります
resize4889.jpg
宝石カード これを売ることによって得点を稼ぎます。4色あり各カードには1種類が1~3個描かれています。カードの上下に小さく人の顔が描かれているものがありますが、これは偽物である事を表しています。別に偽物でも問題なく売れるのですが、強制的に捨てさせられる事があります(後述) 描いてある宝石の数が多いカードほど偽物が多いです
他にも金の描かれたカードと得点の描かれたカードも存在します。これらを良く切って山札にします
resize4890.jpg
各ラウンドの最初に宝石カードを決められた枚数(プレイ人数で異なる)捲りゲームボード上の商店に種類毎に分けておきます
更にゲームボード下のバザーの各場所に1枚ずつ配置します。
中央にある象の描かれたカードは貴族カードといって永続的な効果+得点 の能力がありこれも毎ラウンド1枚ずつ捲られます。
resize4885.jpg
全員最初にこれらのカード7枚(構成はみんな一緒)を受け取り手札とします
resize4884.jpg
全員手札から1枚選び、個人ボード左上の場所に伏せておきます。全員が置いたら同時にオープンして手番順にそのカードのアクションを行っていきます。それが終わったら同じように手札から1枚選び、個人ボードの中央に置きます。3回目は右に置き同じようにします。そうしたらラウンド終了で次のラウンドに入るわけですが、カードには下部にお金が描いてあり、これを出した場合にそのアクションをするのにかかるお金を表してます。例えば上の写真例ですと取引のアクションするにはお金を3消費する必要があります。ただ真ん中の場所にカードを置いた時には必要なお金が2安くなり、一番右の場所では無料でアクション可能です。要はラウンドの最初の頃にするアクションは高いという事ですね
アクションの種類 ()内は必要なお金
購入(4) 商店かバザーのどこか1店を選びそこにある宝石カード全てを得ます
祝儀(0) お金を2得ます
売却(2) 手持ちの宝石カードを売ることができます。売り方は2パターンありどちらかを選びます
resize4883.jpg
(ⅰ)4種類の宝石もしくは3種類の宝石+金を1枚ずつ出し、そのうちの1つを選び、個人ボードにあるその宝石をカードに描かれている数字分だけ右に移動させます。その後宝石カードは捨て札にします。
resize4892.jpg
(ⅱ)1種類の宝石全部を売る この場合自分の手元にあるどれか1種類の宝石を選ぶのですが、条件があり自分が他のプレイヤーと比べ単独トップの数を持っている種類の宝石しか売ることができません。これを売る場合にはその色の宝石を次に多く持っている人の数を見てその差分だけ個人ボードのその色の宝石を右に移動させます。上の写真例だと手番の人が売却アクションで赤の宝石を売ることにし自分は7個で単独トップで次に多い人が3個なので7-3で赤の宝石を右に4つ移動させます。その後使った宝石カードは捨て札になります。誰かが売却アクションを行った場合、手番以外の人は手持ちの偽物の宝石カード1枚を捨てなければなりません
取り引き(3) 商店1つを選びその店の宝石カード全てを取り、このカードの上に置きます。これは獲得扱いになるのですが手持ちとして使えるのは次のラウンド以降になります。 宝石カードを取らずに貴族カードを買うことも可能で、その場合にはその貴族カードの下に書かれている数字分の1種類の宝石を支払う必要があります
買収(1) これを出した人はこのラウンド中 誰かが売却を行っても偽物を捨てなくてもよくなります
交換(1) 自分の持っている宝石カード1枚を商店かバザーにある同じ種類の宝石カードと交換できます
ドッペルゲンガー 直前に出したカードのアクションを実行します

ラウンド終了後にカードは全て回収して次のラウンドには7枚全てが使えるようになります
10ラウンド目が終わったらゲーム終了で最も得点の高い人が勝者です

感想

resize4891.jpg
私(肌) ゆーじ(黒) リポ(茶) 3人プレイ時の様子
7枚しかないカードからアクションを選ぶので簡単そうに見えますがどのカードをいつだすかかなり考えます。というのも、最初に出すとコストがそのままかかるので高いのです。例えば一番宝石集めるのに重要な購入ですがコスト4と高い。しかもお金減る=手番が遅くなるので困ります。3アクション目で出せば無料になりますが、そのころには他のプレイヤーが購入を行っておリ商店やバザーにはカスしか残っていなかったりするので難しい。宝石カードは数多く描かれているのを取りたくなりますがこれらはだいたいが偽物なので迷うこともあり、得点を上げるのに売却が手っ取り早くけっこうみんな頻繁に行うので偽物はバンバン捨てさせられます。買収のアクションをすればいいのですが1アクションその為に使わさせるのはもったいないと思うことも多し。貴族カードも後半に出るものほど効果が強いので無視できずこれを買う用の宝石を残す必要もあり、得点計算で1種類の宝石だけをただ伸ばしても対して伸びなかったりと非常いシステムが良くできているゲームだと思います

評価 良良

ピエスモンテ Pièces MontéeS
resize4872.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 20分 対象年齢 8歳~
ケーキを作るゲームです
resize4877.jpg
これがケーキカードで5種類(背景の色で判別)あり、更にケーキにかかっているのがチョコかクリームの2パターン 4隅には数字が書いてありますが、これがケーキの高さで3段ケーキになるのですが下から12,3の順になっていきます
resize4873.jpg
ケーキはこんな感じで作られていくのですが、作るにはルールがあり同じ種類でかつ チョコかクリームは全て揃えなければいけない。かつ1段目から作っていけなければいけないという条件があります。なので上の写真だと一番右のケーキは× チョコとクリームが混ざってしまっているからです。そもそもこういった置き方自体がルール上できません
でこのゲーム一番のウリといえる所はカードが両面仕様になっている事で、裏に何のケーキが書いてあるかだいたい予想できるようになっています。裏表の法則ですが必ず裏も同じ種類のケーキでクリームの裏はチョコ チョコの裏はクリームと逆になっています。何段目かですがここだけは確実ではなく
resize4874.jpg
このサマリーのようになっています。例えばクリームの1の裏側ですが4枚あるうち2枚は3のチョコ、残り2枚は2のチョコとこういった感じです。なので数字以外は完全に分かり数字も2択だという事になります
resize4879.jpg
例えばこれらのカードの裏側は
resize4880.jpg
このようになってます
ゲームの遊び方ですが基本、上級(3~4人) 対決(2人)、タッグ(4人)と4つの遊び方があるのですが土台となるルールは一緒なので基本の方を 最初カードを良く切り全員に4枚(4人の時は3枚)配ります。上述のようにカードは両面なので配る前にカードの内容が見えちゃっているわけですね。配られたカードは配られた面を表にして各自持ちます。裏は見るのは× 他のプレイヤーの手札の裏は全て見えている状態になります 残りは山札にして場中央に置いておきます
resize4878.jpg
こんな感じになります。手でも問題ないですがカード立てがあった方が楽ですね
このゲームはアクションポイント制(以下AP)のゲームで3APを手番では好きに使うことができます やれるアクションは
①ケーキカードを手元に出す(ケーキ作りする)
②カードの表裏を引っ繰り返す

この2種類です。①のケーキを作る場合は手元に出すのですがケーキは下から順番にしか作る事ができず、1段目を出すには1AP,2段目は2AP,3段目は3APと上段ほど置くのが大変です
resize4875.jpg
ケーキは平行して作ることも可能ですが、同時に制作できるのは3つまで(3段目まで作り完成した物は1つに含まない) また完全に同じものは作れない 上の例だと緑のケーキを2つ制作中ですがチョコとクリームの違いがあるのでok
カードの出し方ですが自分の手札か相手の手札から取って出します。当然見えているカードからしか出せません
②ですがこれは1APを使いカード1枚を裏向きにします。相手のカードを裏返してもok ここに上述の裏がほとんど予想できるというのが生きてきます。自分が①で置きたいケーキが裏側にあるのが予想できる場合はこれで裏返して置くというわけですね
resize4871.jpg
後、最初全員にこのようなカード1枚が手元に配られるのですが、これを使用するとその手番だけ1AP多く使えるか、4つ目の未完成のケーキを場に出せるようになります。使った後は裏向きにし(写真右)以後使えなくなるのですが2AP使用する事によってカードを表向きに戻せてまた使えるようになります。
手番が終わったら全員が4枚(4人の時は3枚)になるように山札から補充して次の人の番になります。山札が無くなったら最終ラウンドになり手番数を同じだけやってゲーム終了となります。手元に出したケーキカードは1段目だけだと1点 2段目までできてれば4点、3段目まで完成してれば10点で合計得点の高い人が勝者です
resize4882.jpg
上級では4段目も登場します

感想

resize4881.jpg
私 不子 よっちゃん 3人プレイ時の様子
裏表に描かれているものを予想してうまくケーキを出していくゲームですが2択なので分かりやすいし効率よく出せるようになると凄く楽しくなってきます。1AP増やすカードを使えるようにするのに2APなんてまったく必要ない気がしますが、実際遊ぶとAPが使い切れない時があったり(上の段に置くのに1足りなかったりする)するのでその時に戻したりすると都合が良くて 4APあれば裏返した後に3段目が置けたりするのでかなり大事です。実際にケーキを作っているような気分になり女性受けもよさそうです。
上級になるとルールが加わり更に楽しくなりますね。
resize4876.jpg
ゲーム終了時の様子 不子の勝ち!

評価 良

スカルキングダイス  Skull King Das Würfelspiel
resize5749.jpg
プレイ人数 3~6人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
スカルキングのダイス版です。
resize5745.jpg
中身はダイスと袋、衝立のみとなっており、最初全員衝立を1つ受け取り、袋にはダイスを全部入れ 各自ダイスをそこから取るのですが通常のスカルキングと同じでそのラウンド数と同じ数だけ取ります。取ったダイスは他のプレイヤーに見えない様に衝立の中にしまいます(写真参照)
resize5746.jpg
各種類のダイスの総数や目の構成については衝立に描かれています。この表と自分の引いたダイスの色を見て、何回取れるかを予想して全員同時に宣言します ※この段階ではダイスはまだ振らないので注意
最初親は好きなダイス1つを選び振ります。そうしたら時計回りに1つずつ手持ちのダイスを振っていくのですが、マストフォローなので親の出した色のダイスを持っていたらそれを振らなくてはいけません(特殊ダイスを使ってもok)無いなら好きなダイスを振れます。全員が振り終わったらその中で一番大きいダイス目を出した人が取ります。一番大きい目が複数個あった場合にはその中で後から出した人が取ります。通常のスカルキングと違い親の出した色の中で一番数字の高い人が取るわけではなく、純粋に一番数字の大きい人が取るので注意 特殊ダイスの人魚、海賊、スカルキングの目に関しては通常と同じです。ただし海賊2つとか被った場合には本家スカルキングと違い、後から出した方が取る事になります。
resize5747.jpg
写真例では親が黄色のダイスを選び、それぞれ1つずつ振った所です。一番でかい目は2なので2のダイスを出した人が取ることになります。
これをダイスが無くなるまで繰り返して当たった人はスカルキングと同じ方式で点数を得て失敗した人は-になります
得点計算が終わったら次のラウンドに入り規定数(プレイ人数によって異なる)のラウンドを行い最も得点の高い人が勝ちです
resize5748.jpg
ちなみに箱の大きさは小箱だった本家に比べるとだいぶでかいです。厚さも3倍くらい

感想

resize5744.jpg
私 ゆーじ リポ らーさん 4人プレイ時の様子
説明を聞いて「振る前に予想? (ダイスを取って衝立の中で)振ってでた目を見てから予想するのではないの?」とだいたいの人が思うようです(自分もそうでした) ただもし振って出た目を見てから予想となると本家とほとんど変わらなくなってしまうんですね。その場で振って出た目じゃ運の要素強すぎでしょと思ってしまいますが、実際高めだと思います。ではどうやって予想するかですが、今回は親の出した色関係なく数字のでかい人が取るというルールなんですね。ダイスの目の一覧を見ると黒>青>赤>黄と明確に強さが違うので主にこの色の配分で考えます。ただ黄色も7というでかい面があるし、特殊ダイスも1/3で旗がでてしまうのでどうしようもない事も多いです^^;
本家の方が人気がありそうですが、身近でダイスの方が好きという人も居るので出た目でワクワクしたいという人にオススメでしょうか。

スカルキング Skull King
resize4868.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4~5人 オススメ 3~6人 ※Boardgame geekより
手札を見て何回取れるかを予想するトリックテイキングゲームです
resize4867.jpg
カード 4(色)つのスートがあり各種類1~13の書かれたものが1枚ずつ、後特殊カードも存在します
トリックテイキングゲームなので親から順番に1枚ずつ出していくのですが、親と同じスートを持っている人はそのスートのカードを出さなければなりません。持っていない場合は好きなカードを出すことができます。 ※特殊カードだけは別でいつでも好きな時に出すことができます 効果は後述
resize4866.jpg
誰が取るかという事ですが、親が出したスートの中で一番大きい数字を出した人が取れます。上の写真例では親が黄色の2を出して全員が出した所です。黄色の一番大きい数字を出した人が取れるので右側のプレイヤーが取ります。取ったカードは手元に(何回取ったか分かるように)置いておきます。そうしたら取った人が親になり手札から1枚出しという感じで続けていきます。
※ただし特殊なスートとして黒は他の3つのスートよりも強いというルールがあるので、もし上の写真例で左側の人ーが黄色が無くて黒のカードを出した場合には左側の人が取ることになります
resize4870.jpg
特殊カード 全部で5種類あり好きな時に出すことができます
写真左上の旗は一番弱いカードで取らずに済みます。その横の人魚は全てのスートよりも強いカードです 左下の海賊は人魚よりも更に強いカード その横のスカルキングは海賊よりも更に強いカードです。ただし人魚には負けます。つまり人魚海賊スカルキングはジャンケンの関係になっており3つが全て同時に出た場合には人魚が勝ちます。※人魚でスカルキングに勝った場合とスカルキングで海賊に勝った場合にはボーナス得点が入ります
下段右のメリーは出した時に旗にするか海賊にするか選ぶことができます
resize4869.jpg
ではとにかく取りまくればいいの?というとそうではなく、このゲーム全部で10ラウンドあり、1ラウンド目は全員に手札1枚、2ラウンド目は2枚、10ラウンド目は10枚といった感じで1枚ずつ増えていき、各ラウンド手札が無くなったら得点計算をして切りなおして次のラウンドに入るという感じです。各ラウンドの最初に各自配られた手札を見て自分が何回取れるかを予想します。全員が同時に何回取れるかを公開しメモに書いておきます。ラウンド終了時それが当たった人には 予想した回数×20点が 外れた人には予想と取った回数の差分×-10点入ります。宣言の時に0回(1回も取れない)と言った人だけは特殊で 当たった場合そのラウンドに配られた手札の枚数×10点が入ります。ただ外した場合にはこの数字分-になります
例えば5ラウンド目に上の写真のようなカードが配られたとすると海賊が勝てるのはほぼ確定なので1勝、後は黒の7でも大丈夫そうだから2回って宣言しようかなとかこんな感じでやっていきます
10ラウンド目が終わったらゲーム終了で最も得点の高い人が勝者です

感想

resize5743.jpg
私 ゆーじ リポ らーさん 4人プレイ時の様子
傑作といえるぐらい面白いゲームで、何がいいかというと配られたカードを見てから自分でどれだけ取れるかを考えるので例え手札が低い数字のカードしかなくても少ない数字を宣言すればいいので手札運で勝負が決まる事はない所ですね。出す順番や相手が意外なカード持っていて計画が狂ったりする事も多くてみんなで楽しめます。マストフォロー、黒が強かったり特殊カードも5種類とトリックテイキング初プレイにはちょっぴりルールが多めかもしれませんが、練習で5枚ぐらい配ってそれを何回かやってみれば理解しやすいかなと思います

評価 良良



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。