プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
アバブ&ビロウ Above&Below
resize16956.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 90分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
地上や地下を探検して村を作っていくゲームです
resize16951.jpg
ゲームボード 右にあるのは評判トラックでゲーム中、上がり下がりする支持があった場合には自分のキューブを移動させます。ゲーム終了時どこにあるかで書いてある得点(勝利点)を得る事ができ、更に他の人と比べて一番いい人には5点、2番目は3点、3番目には2点のボーナスがつきます。左の方にはこのゲームで出てくる8種類の商品が描かれています。下に描いてあるものほどレアで入手しづらくなっています。上は村人が置かれる欄で後述します
resize16950.jpg
これは個人ボード 最初から3人の村人が居ます。これらを使ってやりたいアクションを行うワーカープレイスメントのような感じのゲームですが、行えるアクションは個人ボード上に描いてある5種類 なので他のプレイヤーがどのアクションしようが好きなアクションを行えます。ただ場のカードを買うアクション(後述)などはどのカードを買うかは早い者勝ちなので手番順も関係してきます。
個人ボードをよく見ると森で区切られて3つのエリアに分かれています。最初は一番左のエリアに村人は居るのですが
使用した後は真ん中のエリアに移動します。これは使用済みを表していてこのラウンドは使う事ができません
一番右のエリアは負傷した場合にそこへ移動します(後述)
resize16955.jpg
ゲーム中 村人は増えていきます。写真例だとこのラウンド動かせるのは後2人で 残り3人のうち1人は負傷しているという扱いです。全員がパスをすると次のラウンドに入るのですが、村人は1つ左のエリアに移動するので行動済みの村人はまた次のラウンドで使え負傷の村人はその次のターンから使う事ができるようになります
resize16947.jpg
ただし村人全員が次のターンになると行動済みの場所から移動できるわけではなく、持っているベッドの数までしか移動させることができません。最初は3つしか持っていないのでこれより多くの村人を雇った場合、追加のベッドを買う必要があります。
写真下段の左はシードルで持っていた場合これを使う(使い捨て)事によって行動済みから行動前のエリアに1人を移動させられます。写真右はポーションでこれを使う(使い捨て)と負傷エリアから行動済みエリアに1人移動させられます
アクションの種類と効果
新しい村人の雇用
このアクションをするには羽のアイコンのついている村人を使用しなければなりません
resize16946.jpg
ゲームボードに居る村人1人を下に書いてある金額を支払う事によって雇用できます。雇用された村人は個人ボードの行動済みのエリアに移動します
労働者をこき使う
使った村人1人につきお金1を得る事ができます
resize16952.jpg
各ラウンド最初にこのアクションをしたプレイヤーにはおまけでシードルが1つ貰えます
建築(カード)の購入
resize16945.jpg
このアクションをするにはハンマーのアイコンのある村人を使う必要があります
場に地上カードと地底カードが4枚ずつ出ているのでカード左上に書いてあるお金を支払う事によって1枚買う事ができます。
買ったカードは手元に置いておきます。※ただし地底カードを買うには土台がないと置く場所がないので買う事ができません(後述)
ちなみにお金を1支払う事によって場にあるどちらかの列のカード全てを捨て札にし新たに4枚捲る事ができます。これはフリーアクションなのでお金を支払えば何度でも行えます
resize16957.jpg
買えるカードには他にもキーカードやスターカードもあります。これは一切ゲーム中補充される事はないもので効果が他の種類とは変わっています。下段のスターカードは値段も高く主にゲーム終了時の得点を上げるものなので終盤に買う事になります
収穫
resize16954.jpg
獲得したカードに商品が描かれてあった場合その商品トークンが置かれます。これを1つ取り個人ボードの上に移動させることができます。※ちなみにカードには点の描かれているものは2つ置かれ矢印の描かれたものは1枚トークンを置くのですが矢印の方は収穫された場合には次のラウンドに1つ沸くという仕組みになっています
resize16949.jpg
収穫した商品トークンですが個人ボード下部の枠に置く事ができます。置く場合には左のマスから置いていかなければならず、既に置いた種類の商品を置く場合にはその上に重ねなくてはなりません。毎ラウンドの最初に各自お金を貰えるのですが、商品が何種類置かれているかで貰える金額が変わり、一番右に置いてある商品の上に書かれている数字分のお金が貰えます。上の場合ですと7ですね。またゲーム終了時置かれた上に書いてある数字分の勝利点に1枚がなります。なのでなるべく多くの種類の商品を集めて、かつ後の方に置いた商品トークンを沢山集めるというのが理想になります。※一度商品をこの下部の欄に置いてしまったらもう戻すことはできません
resize16944.jpg
他の使い道としては個人ボード左上に置いて競りに出す事ができます。3以上の値付けが必要で他のプレイヤーは指定された金額で買う事ができます
探索
このゲームのウリともいえるアクションで最低2人以上の村人を選ばなければなりません
resize16953.jpg
土台カードの山札から1枚を取り手元に置きます(以後この上に購入した地底カードを置けるようになります)そうしたらダイスを1つ振り、土台カードのその目の所を見て番号を見ます
resize16948.jpg
ゲームブックがついているのでその番号の所を隣のプレイヤーが読みます。※()の中は成功した時の報酬なのでこの時点では読みません
そうすると選択肢がでてくるので(太字の部分)手番のプレイヤーはどちらを選ぶか選択します。上の例の場合はキノコ探しをするか、女を無視して探索を続けるかですね。選んだら探索を開始しその選んだ選択肢に必要な探索値をだせるように頑張ります
上の例だとキノコ探しの場合は3以上か5以上が必要、女無視の場合は2以上もしくは7以上必要という事になります
resize16943.jpg
そうしたらダイスを1つ振り、その目のまま1人の村人に置きます。各村人にはダイス目と探索値が書いてあり、書いてある目以上のダイスを置いた場合にその探索値が得られるよという事を表しています。全員にダイスを当てはめたら探索地を合計します。
上の写真例だと探索値6という事になりますね。もし女無視の選択肢を選んでいた場合には探索2か7以上なので2以上はクリアしている事になります。ただし必要探索値が高い物の方が成功報酬が多いので、できれば7にしたいのですが1足りません
その場合村人1人を負傷させる毎に探索値を1増やせます。なのでこの場合でも1人負傷させれば7となり成功となります
成功した場合には読む人はその探索の報酬()の中を読んで手番の人はそれを貰えます

7ラウンドが終わったらゲーム終了で全ての得点を数え最も合計の高い人が勝者となります

感想

resize16958.jpg
私 えりえりさん夫婦 3人プレイ時の様子
ゲームのルール自体は村人を使いアクションを行うという流れでアクションは5種類しかないしかなりシンプル気味です。
このゲーム一番の特徴は探索で、テキストを聞きそこから選択するというのが実際地下に探索に行っているようでワクワクします。自分の歳ですと、幼少期はにゃ〇んたんのゲームブック ある程度の年になってからはドラクエなど実際のゲームをゲームブックにした本が出ていまして、当時凄く面白かったんですよ。これをそのままボードゲームに取り入れてくれた感じで凄く楽しいですね。楽しいだけではなく探索ではお金や商品などが貰えゲームを進めていくうえでも非常に重要なアクションです。
読むほうも楽しいし凄い膨大な量のテキストがあるので回数やっても飽きることなく遊べます。
ただこのゲームは日本語版が出ていないのでゲームブックも全て英語です。なので直輸入などで買った場合には最低でも1人(できれば2人)英語ができる人が居ないとゲームとして成り立ちません。
日本だとトリックプレイさんが扱っておりゲームブック含めた和訳がついています

評価 良良

スポンサーサイト
ファラオの寵愛 Favor of the Pharaoh
resize8113.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45分 対象年齢 13歳~
王女を自分の物にするゲームです
王への請願のリメイク
resize8119.jpg
最初写真のようにレベルバーとタイルを並べます。そのレベルバーのレベルにあったタイルを並べるのですが、各タイルには沢山種類があるのでプレイ毎に出てくるタイルを変えられます。 下のレベルのものほどタイルの獲得がしやすいです。
手番では何をするかというと手持ちのダイス(最初は3つ)を全部振ります。そうしたら最低1個はその目のまま確定しなくてはいけません。そしたらまだ確定していないダイスを全部振り同じように行い、全てのダイスが確定されたらその目を使い獲得条件を満たすタイル1枚を取ります ※条件を満たすタイルがない場合は写真左下の羊飼いタイルが貰えます
タイルの獲得条件はその上のタイルバーに書かれており
resize8118.jpg
例えば上の写真ですがpairなので同じ目が2つあれば獲得できます。レベルバーの横に□が書いてありますがこれは獲得に必要な手持ちのダイス数で写真の場合は3つ、これは一番低いレベルでここなら最初から獲得出来るという事を意味しています
取ったタイルは手元に置いておき、次以降の手番から使えます。黄と青のタイルは永続効果の物で毎手番効果を得られます。黄は主に振れるダイスの数を増やしたりするもので、青は出た目を変えたりする効果の物が多いです。上の写真のfarmerのタイルでは次から触れるダイスが1つ増えます。赤いタイルは効果が強いのですがゲーム中1度しか使えません
※同じタイルを1人のプレイヤーが複数枚取る事はできません。レベルの低いタイルはプレイ人数分あるのですが高いものに関しては枚数が少ないので早い者勝ちになります
resize8117.jpg
ここいらは中盤辺りに獲得するタイルですね。ダイスが最低5つ必要で、獲得条件は写真左が連番5個で、右はフルハウスの形を作る事となっています。効果は左が特殊な(通常のダイスより得な)緑ダイスが毎回振れるようになり、右は振ったダイス1つを好きな目に変えられるというものです
resize8114.jpg
ちなみにダイスを置く個人ボードのようなものがあり、確定させたダイスはここに置いていきます。下の数字は最後の女王の奪い合いの時に使用します
resize8116.jpg
一部のタイルの効果や獲得した時にスカラベトークンを貰えることがあります。これは使い捨てで裏に書いてあるダイス目を+1するもしくはダイス1つを振り直すどちらかの効果を得られます
resize8115.jpg
でこのゲームの目標は何かというと一番上のレベルの女王タイルを獲得する事です。獲得条件は同じ目7つ以上 そんなの無理に見えますが他の手持ちタイルの効果をフルに使うとなんとかなります。でこのタイルを取った人が即座に勝ちなのかというとそうではなく最後の決戦に入ります。※ただし女王タイルを取った人が明らかに有利にはなります
女王タイルを取った左隣の人からダイスを振っていくのですが、女王タイルを取った人が出した目よりも強い目を出さなければなりません。例えば4の目が7つだったら5以上で同じ目7つか同じ目8つ以上出さなければならない事になります。全員が行って誰も越せなければ女王タイルを取った人の勝利、誰かが越えたら最後女王タイルを獲得した人が行いそれを超える強さを出せれば女王タイルを持っている人が勝ち、そうでなければ越えた人が勝者となります
※ちなみに女王タイルの獲得した人はその効果でダイスを振った後、ストックからダイス1つを好きな目で追加できます。有利というのはこの効果のせいですね

感想

resize8120.jpg
私 ゆーじ らーさん 3人プレイ時の様子
ダイス振り直ゲーでどんどん特殊効果で強くなっていき、それをうまく使い更に凄い効果のタイル獲得を目指すというのが面白いゲームだと思います。セットアップに時間がかかってはしまうもののプレイ毎に出てくるタイルを変えられるのも良いですしプレイ人数関係なく楽しめるのも〇

メディチ 新版 Medici
resize8109.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
ベストプレイ人数 5~6人 オススメ 4~6人 ※Boardgame geekより
メディチの新版です。メディチ自体がデザインを変えて何度も発売されているようなので正確には最新版と言うべきでしょうか
resize8110.jpg
ゲームボード ルール自体は特に何も変わっていません
resize8107.jpg
中央のトークンが気になりますがこれは何かというと、赤いのは決算時計算が終わった場所を裏返すことによってこの場所は既に終わったよというのを表すのに使います。青いトークンは今何ラウンドかを表していて1ラウンド終わる毎にトークンを1つ除去します。紋章の数で今何ラウンドか分かるようになっています
resize8111.jpg
品物カード5種類で0,1,2,3,4,5,5,の描かれた物が1枚ずつと10と描かれたカード1枚の計36枚
写真下段はスタートプレイヤーマーカーと決算時に入る得点のサマリーカード
resize8108.jpg
写真は個人ボード 獲得した品物カードはここに置きます。今回は2人プレイも可能になっており、2人の場合は7枚まで品物カードを取る事ができるので個人ボードも追加されます(写真参照)
resize8106.jpg
私(黄) ゆーじ(青) リポ(桃) らーさん(緑) 4人プレイ
実際のプレイ風景はこんな感じです
雲南 Yunnan
resize8095.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 90分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 4~5人 オススメ 3~5人 ※Boardgame geekより 
お茶をなるべく遠くのインドやチベットまで届けることを目的とするゲームです
resize8097.jpg
ゲームボード
resize8096.jpg
各ラウンドの流れですが最初は競りフェイズになり、5カ所家があるのでそこのどこかに自分のコマを順番に1つずつ置いていきます。置く場所には数字が書いてありこれが払う金額となります。既にコマの置かれている家にはそれより高い数字の場所にしか置けません。5と7の場所だけは特殊でそれより高い数字の場所にコマを置かれた場合には下にあったコマは吹き飛ばされその人の手元に戻ります(次以降の手番でまた配置出来る)
resize8094.jpg
例えばこんな感じで黄が9の場所に置いたとすると赤のコマは吹き飛び手元に戻ります。なので安全に9に最初から置くか、それとも安い価格で落とせる可能性があるので5や7に置くかですね。
競りに参加せず銀行にコマを置いてお金を貰うという選択もあります
resize8103.jpg
競りに使わなかったコマはプーアルに置きます
そうしたら競りフェイズで家に置いた人はお金を支払い、その場所に書かれている特権を得ます
特権に関してですがコマの描かれている場所ではコマを1つストックから貰い手元に置きます
resize8093.jpg
門番と影響力の場所ではそのトラック(写真参照)の自分のコマを1つ上の段にあげられます。これによって移動フェイズ(後述)で通れる門番の数が増えたり、影響力が上がったりします。また進んだ場所によってゲーム終了時得点が入ります
馬の場所では馬が次の地域へ移動します(後述) 一番右の場所では交易所コマか橋コマか茶室コマのどれか1つを貰うことができます。
それが終わったら移動フェイズに入るのですが競りとは逆順で手番を行います。手番では自分のコマを移動させ別の地域へ移動させることができます
resize8102.jpg
ただし移動には制限があり
resize8101.jpg
自分の馬が居る場所までしか行けません。
resize8100.jpg
別の地域に行くには門番の前を通る必要があり、それぞれ門番を通れる数が決まっており、これを超える移動はできません
移動を終えた場所に別のプレイヤーのコマがあってかつそのプレイヤーの影響力が自分より低かった場合そのうち1つを1つ前の地域へ吹き飛ばすことができます
resize8099.jpg
写真は特殊なコマですね。上の棒は橋でこのコマを持っている場合は橋の場所へ置く事ができます。こうすることによってショートカットして奥の地域へ行けるようになります。ただし当然奥の場所まで馬が到達している必要があります。丸い屋根のコマは交易所で自分の馬が到達した場所まででしたら好きな所へ置けます。これは他のプレイヤーのコマに吹き飛ばされることもないし必ず収入を得られます。三角の屋根のコマは茶室で 全員の移動を終えた後、一番多く収入を得られる場所に警官コマ(写真参照)が飛んできて、そこに居るコマの中で一案影響力が強い人(ただし影響力が一番上まで行ってる人は除外)のコマ1つをプーアルまで飛ばしてしまうのですが、茶室を置いている人は免除されます。しかもこれはゲーム終了時12点になります
resize8098.jpg
これらの処理が終わったら各自の収入に入るのですが、その場所に四角のタイル(写真参照)がある場合にはその地域に居るプレイヤーコマの数だけそれぞれが貰えます。枚数が足りない場合は影響力の強い人が優先されます。これはゲーム終了時1枚3点になります。収入ですがそこにあるコマの数と交易所コマ数だけ入ります。上の写真例の地域だとコマ1つごとに9 交易所1つごとに3の収入が入ります。当然奥の地域ほど貰える収入が増えます。全員が収入の合計を出したら、収入の多い人からこれをお金にするか得点(勝利点)にするかを選びます。一部だけ得点にするとかもok
例えば収入が50ならお金30、得点20にするとかも可能です
そうしたら次のラウンドに入り同じようにやっていくわけですが誰かが80点に到達もしくは四角のタイルが全て取られたらゲームが終了します。四角タイルと茶室の点、更に門番トラックと影響力トラックの点を加え、お金は3につき1点になります。以上の合計が最も高い人が勝者となります

感想

resize8104.jpg
私(黄) ゆーじ(青) リポ(紫) ブラジルさん(赤) 4人プレイ時の様子
カード引きやダイス振りなどないですし、初期セットアップが変わったりするわけでもなく全て全員の情報が分かっている運の要素が0のゲームです。それゆえけっこうシビアになるかなと思いがちですが、そこまでガッチリ時間をかけて考えたり1度ミスると終わるという事はなく、それぞれが得点を稼げるよにどう動いていくかという感じですね。序盤は全て金に換えて土台を作っていきある程度準備が整ったら得点を取るようにしていくという展開になるのですがその過程で他のプレイヤーとの絡みが面白い所だと思います。
フォレショレ Volle Scholle
resize8091.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 20分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~4人 ※Boardgame geekより
ペンギンと氷をバランスよく競りで集めていくゲームです
resize8090.jpg
ペンギンカード 4色とジョーカー(灰色)があり、各色1~5が3枚ずつ ジョーカーだけは特殊で2のカードが12枚 全部で72枚あります
resize8089.jpg
氷カード 2,4,6,8,10の書かれたものがあります(全18枚)
ペンギンと氷カードをそれぞれ良く切り、ペンギンカードは全員に12枚ずつ配り 氷カードは1枚だけ表にして場中央に置きます
この場に出た氷カードをペンギンカードを使って競りを行い誰が獲得するかを決めていきます
スタートプレイヤーの人は手札から1色のペンギンカードを好きな枚数だけ出します ※ジョーカーは好きな色扱いにできるので一緒に出す事が可能です
そうしたら次の人はパスをするか手札から出すかを選択します。手札から出す場合にはスタートプレイヤーが出したカードと同じ色でかつ出されているカードの数字の合計より大きい数字のカードを出さなければいけません。もちろん複数枚の合計で超えるように出すのはok
resize8087.jpg
こんな感じに
これを順番に行っていき1人を除き全員が連続でパスをした場合(ソフトパスなので前順パスをしても次に自分の番が回ってきたときに出す事は可能です) 最後に出した人が氷カードを獲得します。獲得した氷カードはその人の手元に裏向きにして置いておきます。一度置いたカードはゲーム中確認することはもうできません
そして各自ペンギンカードの山札からカードを補充するわけですが、今回1枚も出さなかった人は補充できません。1枚出した人は1枚、2枚以上出した人は2枚補充できます。どれだけ出したとしても2枚までしか補充できないので3枚以上出した時には以後手札枚数が少ない状態で戦わなければならなくなります。
競りで出したペンギンカードですが、落札した人のものは無条件で捨て札になります。落札できなかった人が出したペンギンカードは獲得するか、捨て札にするかを選ぶ事ができます。獲得する場合にはそれらを手元に裏向きにしておきます。氷カードと一緒でこれはゲーム中確認する事はできません。※獲得する場合は全て獲得しなければなりません。一部だけで捨て札にするとかいうのは×
それが終わったら氷の山札を1枚捲り、前の競りで落札した人の左隣がスタートプレイヤーとなり同じように競りを行ってきます
これを繰り返していくのですが
resize8088.jpg
最初氷カードの山札を作る時に上のカードを氷カードの山札の下から4枚のカードとよく混ぜて置いておきます。これが捲れたらゲーム終了で、いつゲームが終わるかある程度予想できる仕組みになっています。
そうしたら各自獲得したペンギンカードと氷カードの合計をそれぞれ出すわけですが
ペンギンカードと氷カードの数字の合計が同じだった場合、その数字分の得点が入ります
例えばペンギンカードの合計が17 氷カードの合計が17だったら17点入るという事になります
氷カードの数字の合計の方が多かった場合にはペンギンカードの数字分の得点が入ります
例えばペンギンカード14 氷カード18だった場合には14点入ります
ペンギンカードの数字の合計の方が大きかった場合は氷に乗れないペンギンが出てきてしまうという事になり一番良くない状態になります。ペンギンカードの合計-ペンギンカードと氷カードの差分×2 分の点数が入ります
例えばペンギンカードが25 氷が19だった場合には25-6×2で13点入る事になります
最も得点の高い人が勝者です

感想

resize16938.jpg
私 ゆーじ リポ 3人プレイ時の様子
小箱でペンギンの絵って時点でペンギンパーティーのような簡単なゲームを想像しがちですがワレス作だけあってかなり本格的な競りゲームとなっています。8歳からというのはちと厳しいような^^;
氷カードとペンギンカードをバランスよく取らなければならないわけですが、後から見れないですし、ペンギンカードを獲得するには競りに参加してかつ落札してはいけないので中々難しいです。一気にペンギンカードの合計稼ごうとすると勝ってしまう可能性も高いですし、後はペンギンカードの補充も3枚以上出すと減っていってしまうので序盤からバンバン出すと苦しいのですが出さなければいけない場面もあり難しく、そこを考えるのが楽しいですね、

評価 良

アリアラ Arriala Canal de Garonne
resize8077.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
人を派遣して運河を作っていくゲームです
resize8072.jpg
ゲームボード
ボードを見ると茶色の道のような物が伸びていますが、濃い茶色の大きいマスが都市で、都市と都市の間に伸びているのが運河となります。ここに自分のコマを移動させて置いていくのですが
resize8081.jpg
写真のように運河全てのマスに人コマが埋まった場合(各マス1人ずつしか置けません)運河が完成し決算が生じます
一番多くのコマ数を置いた人が点数を得ることができ
resize8079.jpg
入る点数はその運河の長さ(マス数)によって異なります。上の例だと4マスの区間で黄のプレイヤーのコマが2つで一番多いので黄に6点入ります。
resize8070.jpg
決算が終わったらその運河はもう完成したよって事で運河コマを置いておきます(2度同じ場所で決算が起きることはありません)
人コマはそのまま残り、今後移動して別の場所の決算に関わったりすることができます(後述)
resize8071.jpg
この決算ですが実はバッティングの要素があって、一番多くコマを置いた人が複数人居た場合にはその人達は無効化され次にコマ数の多い人が得点を得ることになります。上の写真の場合黄と緑が3人で多いのですが被っているので無効化され次に多い赤の人が12点得ることになります
resize8076.jpg
またゲーム中、写真のように石が置かれる事があり、これが置かれると石の左右で別の運河扱いになり、決算がそれぞれで行われることになります。上の場合は緑が4点貰えます
これが得点の入る仕組みなので自分に入る様にするのが目的なのですが
resize8075.jpg
このゲームはアクションポイント(以下AP)制のゲームで手番では5APを好きに使って行動します。上の写真がAPを使ってできる事の一覧ですね
各アクションの説明
手元から人を運河ないし街へ配置する(3AP)
最初人コマが手元にあるのでだいたいがこのアクションを選ぶことになりますこれによって好きな運河ないし街へコマを配置できます。街は他のコマがあっても配置可能ですが運河は各マス1人までしか居られないので既にコマのあるマスへは配置できません
人の移動(1AP)
人コマを1マス移動させます。人コマの既に居る運河マスは通過はできるのですがそこで移動を終えることはできないので、通る場合は2AP以上使用し通過する必要があります。※上の写真の移動のアクションを見ると白い記号のようなものが描かれています。これは何かというとこのアクションでは他人の人コマも動かしていいよという意味を表しています
運河からワイン畑(黄緑のマス)へ移動(2AP)
resize8073.jpg
好きな空いているワイン畑へ移動できます。ゲーム終了時 各ワイン畑で決算が行われ、一番置いた人コマ数が多い人はそのワイン畑のマス数分の点数が入ります。ただしここもバッティング要素があり同数最多の場合は無効化されます
ワイン畑から運河への移動(4AP)
上の逆ですね
運河から建物マス(青いマス)へ移動する(3AP)
resize8080.jpg
建物マスへ人を移動させます。各建物マスは1人しか入ることができないので早い者勝ちになります。ここに居るとゲーム終了時3点になります。ただしここに移動した人コマは以後まったく動けなくなるので序盤で移動させてしまうと苦しくなります
壁を置く(4AP)
上述の得点計算の所で説明した通りです
山札からカードを1枚引き手札に加える(1AP)
手札のカード1枚を使用する(2AP)
resize8074.jpg
カード引きとそのカードを使うアクションです。他のAPを使いできるアクションの効果のものがほとんどですが少ないAPで移動力があったりと得をする事が多いです。中には特殊効果のあるものもあり例えば写真右下のカード これは自分が得点最下位の時でないと使うことができないのですが、これを使うと橋か水門を建てる事ができ即座に5点入ります
resize8078.jpg
全ての運河が完成したらゲーム終了でワイン畑と建物マスの計算をして最も得点の高い人が勝者です

感想

resize16935.jpg
私(黄) リポ(紫) らーさん(緑) 雷さん(赤) 4人プレイ時の様子
全部の決算には関わるなんて事は出来ないので、どこで点を取るかを考える必要がありますね。人のコマも動かせるというのも重要でこれによってバッティングさせ少ないコマ数で点を得るなんて事もできたりします。2位は半分入るとかそういった要素はないのでけっこうシビアで点差が開くことが多いですね。
後もう一つ、とにかくカードが強力です。引くのに1,使うのに2なので合計3AP必要とするわけですがそれでも移動3~6歩とか得な物ばかりなので手番で何をするか迷ったらとりあえずカード引いとけぐらいの感じになってます。

ダイスブルーイング Dice Brewing
resize8068.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45~90分 対象年齢 12歳~
醸造者となり資材(ダイス)を使い新しいビール(カード)を作り得点やお金を稼いでいくゲームです
resize8065.jpg
メインとなる4つの資材 黄がライトモルト 黒が黒モルト 緑がホップ 青が醸造スキル となっているのですが特に名前は覚える必要はありません
resize8064.jpg
最初各自4種類のダイス1つずつとお金2と芽トークン1つと倉庫カード1枚を受け取ります
ラウンドの流れですが
①手持ちのダイスを振る
②ダイスの配置
③店でトークンの購入
④ビールの醸造(カードを手に入れる)
この流れで行います。※各フェイズ手番順に行っていきます

①ですが手持ちのダイスを全部振ります。振ったダイスですがこの時点で倉庫カードの上に(一部だけでも)移動させることができます。これはどういった意味があるかというと、毎ラウンド①で手持ちのダイス全てを振らなくてはならないのですが、倉庫に置いておくとその目のまま残すことができます。後③の醸造では倉庫に(乗って)あるダイスを使って造る必要があります(後述)
resize8069.jpg
②では、手持ちのダイスを使い、その効果を得ることができます。ダイスプレイスメントですね。それぞれには上のような個人ボードが配られる(全員同じ)のでそこに必要なダイスやトークンを支払うことによってそのアクションが行えます。
写真を見てもらうとわかるのですが、大きく分けると4つのエリアに分かれていて、場所によって使えるようになるラウンド数の制限があります。具体的に言うと、左の2つの場所は1ラウンド目から使えますが、右上は2ラウンド目から 右下の場所に関しては3ラウンド目以降にしか使えません。
※それぞれがこのアクションボードを持っているので、早い者勝ちなどの要素がないように思えますが、プレイ人数によって各エリアを使用出来る人数が決まっていて、例えば3人プレイの場合2人が選んだエリアは残りの1人は使えません なのでどこを先にするかなどの要素も存在します
resize8067.jpg
アクションの効果ですが例えば上の写真の真ん中のアクション これは目はなんでもいいので黄のダイス1つをストックに戻す(×が書いてあるのはストックに戻すという意味で書いていないのはこのラウンドで消費するだけで次のラウンド以降ではまた使えます)事によって黒のダイス1つをストックからもらえるという意味です。ただし貰えるのはラウンドの最後なので実際使えるのは次のラウンドからなのですが、更に青の3以上の目のダイスを使うことによって即座に黒ダイスを受け取り使うことができる。
こんな感じになります
resize8063.jpg
③の店での買い物では市場と闇市場にあるトークンをお金を支払うことによって買うことができます
resize8062.jpg
④では場に出ているカードを必要な資材を支払うことによって購入する事ができます
resize8066.jpg
コストに関してはカード上部に書いてあります。上の例だと緑の4以上の目のダイス1つ、黄で2以上の目のダイスと3以上の目のダイス1つずつ、黒で3以上の目のダイスと5以上の目のダイス1つずつが必要という事を表しています。自分の倉庫カードの上に必要な色のダイス及び目があった場合買えます。買った場合には即座にカード左上に書いてある報酬を得られます。上の写真例の場合は5得点(勝利点)ですね。更に獲得時 カード下部に書いてあるダイスないし、トークンを支払うと更にボーナスを得ることができます。※追加でボーナスを得た場合には1点のおまけがつきます
これが終わったらラウンド終了で次のラウンドに入り同じようにしていくわけですが、一定枚数以上の醸造カードが取られたら(プレイ人数によって異なり、獲得した全員の合計数を見ます)ゲーム終了で所有するお金2毎に1点 黄と緑ダイスは1つにつき1点 黒は1つにつき2点入ります。以上の合計が最も高い人が勝者となります

感想

resize16934.jpg
私 ゆーじ 2人プレイ時の様子
ダイスを使ってアクションをしてうまく欲しいダイスやトークンなどを手に入れていって醸造カードを取るという流れで過程はなかなか面白いと思うのですが、条件がダイスの色を除くと目が~以上という要素しかないので低いダイスの使い道がまったくなく、振り直しもそんなにバンバンできないので(手番毎に全部振る事はできますが) ちょっと目次第の要素が強めなのでゲーマー受けしづらいのかな?と感じました。やる事は分かりやすいので1回遊べば次からはかなりプレイ時間短めで楽しめると思います。

コードネーム ピクチャー Codenames Pictures
resize16926.jpg
プレイ人数 2~8人 ※奨励 4~8人 プレイ時間 15分 対象年齢 10歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 4,6,8人 ※Boardgame geekより
コードネームの別バーzyンで今回はお題が言葉ではなく絵になっています
resize16928.jpg
絵はこんな感じ それぞれの絵は複数の要素を表すものになっています
resize16925.jpg
これはキーカード 前は5×5の形でしたが、今回は5枚減り4×5になりました。
ルールは通常のコードネームと同じです

感想

resize16927.jpg
私 ブラジルさんチーム(赤) VS ゆーじ リポチーム(青) 対戦時の様子
絵に変わっただけではありますが言語依存という壁が無くなったのが大きい!(通常の方は日本語版も発売されて遊びやすくなりましたが) この絵ですが1枚で色々な要素を表しているので伝えたいカード2~3枚だけを教えるとかがなかなか難しい感じですね。
どちらがいいかは人によって分かれそうな感じです。いずれにしても評価の高いパーティゲームとして遊べると思います

評価 良

タルバ デラックス(拡張ルール) Taluva Deluxe
昨日はタルバデラックスの基本ルールの方を書いたのですがデラックスでは拡張も何個か入っているので今日はそっちについて
resize8047.jpg
1つ目は2へクス分のタイル これは最初からあり各自ゲーム中1回だけタイル配置の時にこれを使用できます
resize8044.jpg
次はゲームボード これは何の意味があるのかというと、タイルの置ける範囲を決める事できるようになります。ボードには何個か線が入っているので今回はここまで使うとか最初に決めます。 決められた線からはタイルの角が2個まで出てokなようです
resize8043.jpg
裏はこんな感じ 点線(海だけ)の広さでやると狭くてそうとう苦しい
resize8046.jpg
最後は船2 これは4種類目の建物として追加されます。勝利条件に関しては4種類中、2種類が全て建てられたら即座に勝ち、タイルが全部置かれた後の判定の場合は神殿、塔、船、小屋の順で決めていきます
でこの船ですが、手番の建物配置の時の5個目の選択肢として置く事ができます。その条件とは
resize8045.jpg
タイルで囲まれた空白の場所が出来て、そこに隣接する場所に自分の集落がある場合に船を置く事ができます(写真参照)
各空白の場所毎に1つしか船は置けないので、上の例だともう1マス空白の場所があって白の集落が接していますが、既にこの空白には船を置かれてしまっているので置く事はできなくなります

感想

resize16923.jpg
私(橙) ゆーじ(白) リポ(茶) 3人プレイ拡張全入り時の様子、今回は使うフィールドは線までという事になっているのですが手前、3辺がはみ出てそうな感じが(笑)
拡張一番のメインと言えるのは船だと思うのですがこれはあった方が面白いですね。後エリア制限もこの為だけによくこんなボード作ったなという気もするのですが実際狭くなるのはなかなかキツクなっても面白い。経験者同士でやるなら拡張あった方が良いかな~という感じです

評価 良

タルバ デラックス(基本ルール) Taluva Deluxe
resize8053.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45分 対象年齢 14~114歳
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
タイルを置きその上に建物を配置していくゲームです。これはデラックス版でコマやタイルが良くなって個人ボードが追加されたり拡張が入っていたりする所が通常版と違います。今回は基本ルールについて書こうと思います
resize8054.jpg
最初自分の色を決め、その色の小屋20 塔2 神殿3を受け取ります(写真参照)
この3種類の建物のうちどれか2種類を全て建ててしまえば即座にその人が勝者となります。
もしゲーム終了までに2種類を立て切った人が居なければ、神殿を一番多く建てた人が勝ちで、それも同数ならその中で塔を多く建てた人がそれも同数なら最後は小屋の数がという感じで勝敗を決めます
resize8052.jpg
これがゲームで使うタイル それぞれ3ヘクスの大きさになっており、各ヘクス毎に書かれている地形が違います。後必ず火山の書かれているヘクスが1つだけ存在します。これを最初プレイ人数×12枚用意して、裏向きに良く混ぜ山札にします
手番では
①タイルの山札から1枚捲り配置する
②建物を建てる
この順番に行っていきます。①、②どちらも必須で必ずやらなければいけません
①の配置ですが
resize8055.jpg
場に置いていくのですが、既にタイルが置いてある場所に最低1辺が隣接するように置きます。これは良くあるタイル配置方法ですね。ただこのゲームでは他にも上に重ねて置くという方法があります。。それには何個か条件があって、まず重ねる場合は下に置かれた1枚のタイルの真上に重ねては行けない(つまり複数枚のタイルの上に乗せる形になる) 一部分だけ浮いてるのも駄目 ここいら辺はジャワと似てますね。あともう一つ条件があり火山の描かれたヘクスは火山の描かれたヘクスの上に置かなければならない
resize8051.jpg
例えばこのタイルを重ねる場合は
resize8050.jpg
こんな感じに、複数枚の上に重ねてますし浮きもない、火山の上にちゃんと火山がきています
②次に建物の配置ですが、4種類ある置き方の一つを選んで実行しなければなりません。もしどの方法でも無理ならその人は即座にゲームから脱落します。 ※4種類全ての建て方に当てはまりますが火山のマスには建てる事ができません
(ⅰ)小屋を1つ建てる
resize8060.jpg
空いている地形1つに小屋を1つ建てます。ただしこのゲームは隣接して繋がっている自分の建物コマの群れ(たとえ1つでも)を集落と呼ぶのですが、自分の集落に隣接するように置く事はできません。要は自分の建物に繋がる様に置く事はできないという事ですね。他のプレイヤーの建物に隣接するのはok
(ⅱ)塔を1つ建てる
resize8059.jpg
集落に隣接する場所で3段以上の高さでかつ空いているマスがある場合そこに塔を置けます。上の写真の場合は3段目の場所があるので置けます。ただ1つの集落には塔が1つしか置けないというルールがあります
(ⅲ)神殿を1つ建てる
resize8058.jpg
3マス以上の大きさの集落があり、かつそれに隣接する空きマスがある場合神殿を配置できます。塔と違って高さは関係なし。ただ1つの集落に神殿は1つしか置けません
(Ⅳ)集落の拡張
resize8057.jpg
今ある集落を一気に大きくする方法です。1つの集落と地形(火山以外)1つを選びます。そうするとその集落に隣接する空いているマスでかつ指定した地形の場所全てに小屋を置けます。小屋は各場所の段数の数だけ配置します。例えば上の写真の集落で森を指定した場合は
resize8056.jpg
このようになります。

で話が①に戻るのですが、タイルの配置で重ねる時には小屋の上に重ねることも可能です(塔や神殿の上は×) この場合重ねられた場所にあった小屋は全て除外されます。自分の小屋でも他人の小屋でもok ただし集落自体を全部無くす(1つも残らない状態)ような置き方は禁止です。また小屋が飛ばされることによって集落が分かれてしまうことがあるわけですが、この場合別々の集落という事になります。これは相手の邪魔をする時だけでなくうまくすると自分を有利にできます
resize8061.jpg
例えばこの状態 1つのでかい集落ができています この集落には神殿が既に建っているのでもう建てられないわけですが
resize8049.jpg
このように重ねると集落を分かれてさせられます
resize8048.jpg
それによって左側の集落にはまだ神殿が建ってないという事になるのでここに神殿を建てる事ができるようになります

こんな感じで進めていって上述の2種類を置ききったらその人が勝ち、タイルの山札が尽きたら判定での勝負になります

感想

resize16924.jpg
私(橙) ゆーじ(白) リポ(茶) 3人プレイ時の様子
最初具体的に何をやっていいか分からないというのはジャワと似ていますがこちらのがルールが少なめなので遊びやすいかなという気がします。基本は2種類立て切りを狙うゲームだと思うのですが当然他の人の動きでやりたい事ができなくなるし、勝ちが見えてくると邪魔をされやすくなるので中々簡単にはいきません。うまくタイルを置けて理想的に塔や神殿が置けた時が凄く嬉しいです。見栄えもいいしこういったゲームが好きな人が来た時にはぜひ出したいですね。