プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヴェルナ 洞窟 vs 洞窟 Caverna Cave vs Cave
resize750066.jpg
プレイ人数 1~2人 プレイ時間 20~40分 対象年齢 12歳~
洞窟を掘り部屋を建て、相手のドワーフより裕福になるのだ!

元々はカヴェルナというゲームがあり、同じ題材で2人専用(もしくは1人)に作られたのがこのゲームです
resize750067.jpg
↑これが本家カヴェルナ 本格的なワーカープレイスメントの面白いゲームです
で今回の洞窟VS洞窟ですが
resize750065.jpg
これが個人ボード 最初は部屋が1つで空いているマスが1つ残りの9マスには岩タイルが置かれています。岩を壊して空いた場所に部屋を作っていくのが目的となります 右のトラックは木、石、麦、麻、飯、黄金の6種類の資材を何個持っているかを表していて、このトラックの増減により資材の数を管理します。それぞれ9個までしか持てないのですが黄金のみ特殊で19個まで持つことが可能です
resize750064.jpg
ゲームボード 場中央に置き、4枚を左から表向きに並べ(並べるタイルは固定) 残りは数字毎に良く混ぜ写真の様に低い順に並べていきます。各ラウンドの最初に裏向きの1番左のタイル1枚を表にしアクションフェイズに入っていきます
resize750063.jpg
アクションフェイズでは手番のプレイヤーは表になっているゲームボード上のタイル1枚を選び、自分側に寄せそのタイルに描かれたアクションを行います。そうしたら今度は相手が同じように行います。既にどちらかが選択したタイルを選ぶことはできないので早い者勝ちになります。駒を置いたりはしませんがワーカープレイスメントと同じ仕組みですね。1~3ラウンド目はお互いが2回ずつ 4~7ラウンド目は3回ずつ 8ラウンド目は4回ずつアクションを行ったらラウンド終了でスタートプレイヤーが相手に移り次のラウンドに入ります
アクションの種類に関して
resize750062.jpg
つるはしのアイコンですがこれは自分の個人ボードにある岩をつるはしの数だけ除去することができます。
resize750054.jpg
このように岩が取り除かれていきます。
取り除いた岩は裏返しにして場のゲームボードの脇に置いておきます
resize750061.jpg
裏側には部屋が描かれていて、これは以後お互い部屋建てのアクションによって自分の個人ボードの空いているマスに建てる事ができるようになります
resize750060.jpg
部屋立てに関しては写真のような部屋立てアクションを使い実行します。上の写真例では飯を1貰い ラウンドに応じた飯を支払うことによって部屋を1つ建てられるといった事を示しています
resize750059.jpg
ただこのアクションをしたら即座に場にある好きなタイル1枚を建てられる訳では無く、そのタイルに描かれた条件を満たす必要があります。タイル上部には建てるのに必要なコストが描かれており、その横には置く場所における壁の条件が書かれています
例えば上の写真例だとコストとして石を1つ支払う必要があり、更に壁の条件としては上に壁が無くては行けなくてかつ右と下には壁があってはいけない、左側(白いアイコン)は壁はあっても無くても良いよという意味です 壁に関してですが壁トークンを置くというアクションが存在するのでそれで好きにいじれます

これだけ聞くと凄い大変そうに思えますが、外壁は壁とみなされますし、タイルの向きは回転して好きにおけるのでなんとかなります。
※上の写真では置き方を間違っています。右側に壁があってはいけないのでこのような置き方はできません。右に90度回転させれば置く事が可能になります

あとタイル配置にはもう一つ条件があります。タイルには橙と青の物があるのですが、自分の個人ボードに置かれた橙のタイルの枚数よりも少ない枚数しか青のタイルは置けません。なので最初は橙のタイルを獲得していくことになります
このタイルに描かれた効果の使い方ですが橙に関しては既に建設済みの橙タイルの効果を使うというアクションを行うことによって使用出来ます。
resize750055.jpg
これなんかがそうですね。このタイルの効果は木5か石5を払って黄金4を貰うor既に建設済みの自分の個人ボードにある橙のタイル3枚までの効果を使う といった意味を表しています。 ※1手番で同じタイルの効果を複数回使えないので注意
青いタイルに関してはその条件を満たすと自動的に発動します。
resize750068.jpg
例えば上の写真のタイルでは麻を1~3個得る度に1飯を得るという効果です

8ラウンド目が終わったらゲーム終了で 個人ボードに置かれたタイル右上に描かれている得点の合計と黄金の個数の合計を足し これが最も高い人が勝者となります

スポンサーサイト
フォックスインザフォレスト The Fox in the Forest
jmoijmyyt.jpg
プレイ人数 2人 プレイ時間 30分 対象年齢 10歳~
2人専用のトリックテイクゲームです
rrrgfggggggg.jpg
ゲームで使用するカード 3スートあり各スート1~11の書かれた物が1枚ずつ 奇数のカードに関しては下部に特殊効果が書かれています(後述)
最初これらを良く切りお互いに13枚ずつ配り手札とします。残りは山札として脇に置きそこから1枚捲り山札の横に置きます。この捲られたカードのスートがこのゲームの切り札(3つのスートの中で一番強い)となります。
手番では先手から1枚場に出し、後手番が1枚場に出します。そうしたら強い方が獲得し、獲得した方が1枚出しというのを繰り返していきます。先手番は手札から好きなカードを出す事ができるのですが、後手番は先手番が出したスートのカードを手札に持っていた場合にはそこから1枚を選んで出さなければなりません(マストフォロー) もし持っていない場合には好きなカードを出す事ができます。 でどちらが強いかの比較の仕方ですが 先手番の出したスートで数字の大きい方が強いとみなされます。先手の出したスートを出せなかった場合には後手のが数字が大きくても先手の獲得になります。 ただし切り札のスートは一番強い扱いなのでこれを出した場合には獲得になります
rrjrjrjr.jpg
(例) 切り札は紫です。手前の先手が橙の4を出しました。対面の後手番は橙を持っているので橙の8を出しました。先手の出したスートと同じなので数比較になり大きい対面が獲得となります
ffnugugg.jpg
今度は対面が先手となり水色の4を出しました。手前側は手札に水色を持っていなかったので好きなカードを出す事ができ橙の6を出しました。数字は手前側のが大きいですが親の出したスートの方が強いので対面がまた獲得となります
dsfsdiubfubf.jpg
先手の対面が水色の10を出しました。当然ないので好きなカードが出せて紫の2を出しました。先手の出したスートとは違うのですが紫は切り札で一番強いスートなので手前の獲得となります

こんな感じで繰り返していき13回行うとお互い手札が無くなるので得点計算に入ります
grnugggnu.jpg
何回獲得したかで入る点数が決まります。写真の右は得点トークンでゲーム中これで管理します。
そうしたらまた同じようにしていきどちらかが21点以上取ったらゲーム終了で得点の高い人が勝者となります

特殊カードに関して
sasiufsduff.jpg
奇数のカードには特殊効果があり、出した時に効果が発動します。効果は数字毎に決まっています。
この効果がゲームにかなり影響します

感想

aedfffd.jpg
私とリポの対戦時の様子
あまりない2人専用のトリックテイクゲームで、最初手札を見てある程度何回取れるかを頭で描き、展開に応じてどこで取るかを考えていくゲームです。なかなかここが楽しいゲームで高得点を狙うと失敗した時が痛いのも良い。例えば0~3回しか獲得しなければ6点入り、相手は10回以上獲得してるので0点で6点も差がつきますが、4回取ってしまうと1点で相手は6点と5点差がつくのでけっこう怖い。お互いある程度取って差がそんなにでないようにするかもしくは高得点を狙うかといった感じですね。特殊効果は影響力が強くこれでかなり展開が変わります。手札見て弱そうでも切り札変えるだけで一気に強くなったりしますしそれぞれの効果をいかせるように考えるのが非常に面白い。トリックテイク好きな人と2人で過ごす場合にはぜひ遊んでみて欲しいゲームです

評価 良

フェニックス Phoenix
resize750049.jpg
プレイ人数 2人 プレイ時間 30分 対象年齢 12歳~
決められた順番になるようにポーンを並び替えていくゲームです
resize750048.jpg
6色の四角コマが1つずつと6色のポーン(各色5個ずつ)が30個
resize750047.jpg
6色の四角コマは最初適当な順番でゲームボード中央のマスに1個ずつ置いていきます。ポーンは袋に全部入れた後そこから1つずつ引いていき左か右どちらかから順番に1つずつ置いていきます お互いがポーンを引いて置き終わると写真のような状態になります。目的としては自分側にあるポーン10個を中央にある四角コマの色と同じ順番に並べる事 それはどういう事かというと
resize750053.jpg
このようにできれば完成となります。中央の四角コマは左から順に黄緑紫橙青赤となっていてポーンもその順番になっています。当然のことながら同じ色のポーンは連続して置いていないと完成扱いになりません
resize750051.jpg
特殊な場合として無い色のポーンがある場合にはこれは無視しても良いというルールなので上の写真例では赤ポーンがないので赤は考えてなくて良く、そえゆえこれで完成扱いになります
ではどうのように進めていくのかという事ですが、ゲームの最初にカードが5枚配られます。手番ではカード1枚を出してそのカードの効果を使うか何もしないかを選びます。その後出したカードは捨て札になり山札から1枚カードを引き手番終了です
resize750050.jpg
カードの効果ですが大きく分けると2種類しかありません 矢印が1つ描かれているもの(写真左上)は描かれた数字分だけどれかのポーンを移動させそれに伴い空いた場所へ元々あったポーンが押し出されるという仕組みです。上のカード絵の例だと緑のポーンを右に2つ移動させていますがそれに伴って赤と黄のポーンが1マスずつ左に押し出されます ※あくまでもカード絵の例であって実際このカードを使った時は好きなポーンを2マス左か右に移動させスライドさせられます
両方の矢印が描かれているのは交換ですね。2つの位置を交換します。この場合はスライドしません
※これらに関してですが動かせるのは自分側のポーンだけで相手のは動かせません
ただし相手のポーンと交換するカードもあり(写真下段) この場合向かい側にあるポーンと交換できます ※カード絵だと左から4番目のポーンを変えているように見えますが実際にこのカードを使った場合には好きな場所の向かい側と交換できます

ゲームを続けて行ってどちらかが完成したもしくは山札が尽きたら得点計算に入ります
全てポーンが揃っている場合は5点 自分側に6色全てのポーンがあれば4点 自分側に同じ色が3つ連続並んでいれば2点 4つ連続なら3点 5つ連続なら4点 ※完成していないなプレイヤーも得点条件を満たすものがあれば得点は入ります

そうしたら次のラウンドに入り3ラウンド終わったらゲーム終了 得点の高い方の人が勝者です

感想

resize750052.jpg
対戦時時の様子
交換かスライドをするだけのゲームなのですが色々考えられますね。相手とポーンを変えたり中央の四角いキューブの位置を変えたりするカードもあるので、おいおいそれでゲーム終わるのかよ?と思ってしまいますがなんだかんだでけっこう揃えられますし山札が無くなったら終わりなのでグダグダするという展開にはならないですね。やっていてなかなか面白いです!
最初のポーンの置かれ方によってはある程度の速度差がでてしまう時があるので気になる人は、準備段階でポーン引いた時に相手側の好きな場所に1つずつ順番に置いていくとかするといいかもしれませんね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。