プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ディクシット ジャーニー Dixit Journey
resize1766.jpg

プレイ人数 3~6人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~

ディクシットシリーズの1つでディクシット、ディクシットオデッセイとルールは一緒です。

resize1765.jpg
ゲームボード
resize1761.jpg
これがカードで色々な意味合いを含む不思議な絵が多いです。今までのシリーズと絵を描く人が変わったみたいですね

4~6人プレイの場合
各プレイヤーは自分の色を決め、その色のタイルとウサギコマを受け取ります
ウサギコマはボードのSTARTの所に置きます。
その後カードを全員に6枚ずつ配り それぞれ他人に表が見えないようにして持ちます。
残りのカードは山札にして場において置きます

適当な方法で親を決めます。
親は自分の手札の中から1枚選びその絵にあった題材や話などをします。
この時重要なのがその絵の題材そのまま言っても駄目、まったく無関係な事をいっても駄目なのです。
どういう事かというと他のプレイヤーのうち一部の人だけが分かるような感じで題材を決める必要があります

resize1764.jpg
(例)5人プレイで黄が親です。自分の手札からこのカードを出し「怖い」という題材にしました。
ここで「さそりのようなシッポをしているライオン」などと言ってしまったらすぐに分かってしまうし、「ランドセルを背負って手を繋いで登校している小学生」とか言ったらまったく関係なく誰も分からないので×

選んだカードの題材が決まったらそのカードを裏向きにして場中央に置きます。
そうしたら他のプレイヤーは自分の手持ちのカードの中からその題材にあうカードを1枚選びそこに重ねます。
全員が出し終わったら出されたカード全てをよく切りボード上の数字の書いてある所に置いていきます
resize1762.jpg
こんな感じになります

そうしたら親以外のプレイヤーは親が出したカードがどれかを考えそのカードの置かれている番号のタイルを持ちます。
全員が考えられたらいっせいのせで全員がタイルを出します
resize1768.jpg
出された後、親は自分の出したカードの番号を発表します。
正解者が居た場合にはそのプレイヤーと親に3点ずつ得点が入ります。
※ただし全員が正解してしまった場合には親以外の全てのプレイヤーに2点、全員が外してしまった場合にも親以外のプレイヤー全員に2点入ります。
一部の人だけが分かるような題材にするというのはこの得点システムの為です。
その後、当てられなかった人が出したタイルの番号のカードを出したプレイヤーは1人につき1点入ります。

resize1760.jpg
上の写真の例でいうと当てた青のプレイヤーと桃のプレイヤーそして一部の人だけが当てたので親も3点入ります。
そして4と5のカードに1枚ずつタイルが置かれたので4のカードを出した桃のプレイヤーと5のカードを出した赤のプレイヤーに1点ずつ入り写真のような得点になります。
まとめると親は一部の人だけが正解できるような題材ないし話を それ以外の人はそれにあったカードを出し親の出したカードを当てる事を目指します。得点を全て入れ終わったら親が隣に移ります。前のラウンドで出したカードは捨て札にして山札から全員に1枚ずつカードを配ります(手札は常に6枚)
これを繰り返して行って最初に30点に到達したプレイヤーが勝者です。

3人プレイの場合
7枚カードを配り親が題材や話をしてカードを出した後、他の2人のプレイヤーは2枚ずつカードを出します
それ以外は一緒です

実際のプレイ&感想

私(桃) 不子(緑) よっちゃん(赤) マロン(黄) たぬさん(白) くろりん(青)の6人プレイ
resize1759.jpg
このゲーム一番のウリは中途半端なお題にするという事だろう。苦手な人も居るとは思うのだけれども回答する側も選択肢はそんなに数が無いので的外れでも当ててくれたりする事もあるのでけっこうなんとかなる。それゆえ同じフランスのゲーム「コンセプト」より少し敷居が低いかなと感じます。
ゲームの方は的確に当てまくる私、不子、よっちゃん くろりんやマロンはなかなか波に乗れず置いてきぼりである。
このゲームの欠点としてはある程度差が付いてしまうとそのまま何も変わらず終わってしまう事が多いという事。
それでも親の出した題材を考えたり答え発表時のドキドキ感などとても楽しいゲームです
resize1770.jpg
中盤時の様子 くろりんの親で題材は「煙」 さて答えは何番でしょうか
得点の方はよっちゃんが突っぱしりその後を私、不子が追いかける
resize1767.jpg
よっちゃんが外してる間に不子が追い上げまさかの逆転 私は1点届かなかった すげー悔しい
マロンやくろりん、たぬさんの要望で2回戦スタート
序盤マロンの出したお題「ハリーポッター」を1人だけ外してからというもの全然取れない 最初得点を取った時には他のプレイヤーは全員半周分くらい進んでいた
それでも逆転する気マンマンでやっていくが
resize1769.jpg
結果 マロンの大勝利 私は5点しか取れてねぇ(笑)
デザインやルール的にも女性受けしやすいゲームかなと感じます。
ディクシット、ディクシットオデッセイ、ディクシットジャーニーと基本みんな一緒なので普通に遊びたい場合には1つ買えば十分でしょう。オデッセイだけは12人までプレイ可能なのでプレイ人数が多い人はオデッセイがいいかも知れません。 ディクシット2,3,4といった追加のカードだけの販売もされていますが正直カードだけで3000円以上というのは少し高い気がします。ただ稼働率の高い場合はカードに見慣れすぎてしまうと思うので入れたほうが良さそうです。
ただディクシット3のカードはジャーニーに入ってるカードをまったく同じみたいですのでジャーニーを持っている人は買わないように注意。4の追加カードはジャーニーのカードを描いている方と一緒なようですのでジャーニーを持っていて追加を買う場合は4をディクシットやオデッセイを持っていて買う場合は2がいいんじゃないでしょうか。 もちろん絵柄が違ってもなんの問題なく楽しくプレイできます。

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/110-7ae2c49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)