プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミング LEMMINGE
resize1811.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~

resize1807.jpg
ゲームボードです。
resize1810.jpg
スタート地点から1周して自分の色のレミング2匹をゴールに連れて行くのが目的です

resize1812.jpg
このゲームには5種類の地形の描かれたカードがあります。カードには数字が書いてあり各地形 0が2枚、1が3枚、2が3枚、3が2枚、4が1枚の11枚 それが5種類あるのでカードは全部で55枚あります。

ゲームの最初に各地形の2の数字が書かれているカードを1枚ずつ出し ボードのそばに1列にして置きます。
残りのカードはよくきり2人用の場合はスタートプレイヤーに5枚、次の人に6枚 3人の場合は4枚、5枚、6枚
4人の場合は3枚、4枚、5枚、6枚 5人の場合は2枚、3枚、4枚、5枚、6枚といった感じで後手番の人ほど多く配ります。
※ゲームのルール上 手番が早いほうが有利なので有利不利を無くす為後手番になるほど手札が多いようになっています。
地形タイルはボード横に置いておきます
resize1798.jpg

スタートプレイヤーから手番を行っていくのですが、手番では
①手持ちのカード1枚を出してレミングを移動させる
②カードを補充する

このどちらかをします。

①のカードを出す場合には出したカードとその種類の場に出ている一番上のカードの数字を比較します。
だしたカードの数字がその数字と同じもしくはそれより下だった場合にはその上に数字が見えるようにずらして置きます。
そしてその種類のカードに書かれている数字の合計全てを足しその数だけ自分のレミングを動かす事ができます。
ただし動かせるマスは薄緑の草原と自分の出したカードの地形だけです。
また移動させる際は1匹のレミングしか移動させる事はできません。
resize1799.jpg
(例)黄の手番です。湖の1のカードを出しました。元々場に出ていた湖の1番上のカードは2でそれ以下の数字を出したのでそこにずらして置きます。湖のカードの数字の合計は3なので自分のレミング1つを3マス動かします。動けるのは草原のマスと湖のマスだけです。

出したカードがその種類の場に出ているカードの数字よりも大きかった場合はその種類の場の山札全てを捨て札にして出したカードを置きます。その後にその種類の地形タイルを受け取り(既にそのタイルが無い場合は薄緑の草原タイルを取ります)ボード上のどこかに置きます。置かれた場所はその地形として扱われます。
そして出したカードの数字だけ自分のレミングを移動させる事ができます。
resize1801.jpg
(例)赤の手番です。湖4のカードを出しました。場にある湖のカードの一番上の数字は1で今出したカードの数字の方が大きいので場にある湖のカード全てを捨て札にして出したカードを置きます。 その後湖のタイルを取りボード上に設置します
resize1803.jpg
湖のマスと黄緑色のマスしか動けないので通り道に湖タイルを置き4マス移動しました
resize1809.jpg

移動する際に他のレミングの居るマスに入った場合には元々居たレミングは移動する方向に1マス吹き飛ばされます。
ただし吹き飛ばす場合には移動力1つ消費します
resize1804.jpg
(例)白の手番です。沼2のカードを出しました。4+2+2で8マス移動する事ができます。
resize1800.jpg
移動方向に黄のレミングが居るので吹き飛ばします。吹き飛ばす際には1移動ポイントを消費します
resize1805.jpg
赤のレミングも邪魔だったので吹き飛ばしました。これで移動ポイント全てつかったので移動を終えます。

②カードの補充ですが手元にあるカードを好きな枚数だけ捨てる事ができます(任意 捨てなくても良い) そしてその後山札からカードを手札が6枚になるまで引く事ができます。これで手番は終わりです。

これを繰り返していって自分のレミング2匹をゴールさせたプレイヤーが勝者です。

実際のプレイ&感想

resize1808.jpg
私(黄)、不子(青)、よっちゃん(赤)の3人プレイ
手札を出さないと進めないわけだけれども場よりも大きい数字を出して捨て札にしてしまうとそれに便乗されて4+3で7マスなどといった感じで凄い勢いで移動されてしまうと思い最初は1や2などのカードを出し重ねていく。
手札が無くなっていくので補充しなければならないのだが6枚まで補充できるのでできれば手札の枚数を減らしてから行ったほうが効率がいい。けれども出したくないカードが多いのが悩ましい
マップを見てもらうとわかるのだけれどもどの地形カードでも移動できる黄緑のマス草原を通る場合はかなりの遠回りする事になるのだ。それゆえ手札から通るルートを考える必要がある。
resize1806.jpg
勝負は中盤戦へ突入 私のレミング1匹が少し遅れているが通るには沼か湖のカードが必要なのだが場には0が出ているので厳しい。やってみて分かってきたことですがでかい数字出して捨て札にしてしまうのはそこまで気にしなくてもいいと思う。これをする事によって地形タイルを貰えるので動きづらい場面でもなんとかなる。このタイルは最初走っているプレイヤーの邪魔をするようなのだと思っていたのですが1枚置いただけで邪魔できる場面はあまり多くなく自分の移動を有利にする為に置く場面の方が多そうだ。他の2人も湖を越えたそうなので捨て札にするのは沼がいいと思い沼の4を出して進む。前のレミングは1マスの湖越えれば後は草原なのでいつでも進めるだろう。
よっちゃんが数字の森カードの大きい数字を立て続けに出してきて凄い速度で移動している。私も便乗して高速移動したいのだが持ってないので厳しい。 結局よっちゃんが逃げ切って勝利!
resize1802.jpg
1匹ぜんぜん追いついてない^^;
何回か遊んでみましたけど単純だけどけっこう面白い。
ただ新鮮味があまりなくもう少し何か要素が欲しいなと感じました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/115-c18dfda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。