プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
クワークル 拡張 (Qwirkle Erweiterung )
クワークルの拡張セットです。
元々ビッグボックスという本体と拡張入りのセットで販売されていたようですが、拡張だけの物も発売されたようです。
拡張で加わった事を説明して行こうと思います。

プレイ人数2~4人   プレイ時間30~50分ぐらい

qw1.jpg
箱の縦横はクワークルよりほんの少し長く厚さは少し薄いです。

中身ですが
qw2.jpg
このようなボードが4枚入っています。 これは表側でクワークルセレクト

qw3.jpg
これが裏側でクワークルコネクト
qw5.jpg
得点ボードも今回はついてきます

qw6.jpg
★コマ12個、裏側は無地でこれはクワークルセレクトの方で使います。
そして4色(赤、青、緑、黄)の得点コマ コマは少し大きめです。

これで中身全てです
ちなみに箱を開けた図を見ると
qw7.jpg
スカスカっぷりが酷い(笑) ボードがあるから箱幅が大きくなるのは仕方ないかなという気はするのですが

遊び方

クワークルセレクト、コネクト好きな組み合わせでボードを2×2枚で並べます
ゲームではこのマス目に合わせてタイルを置いていきます(ボードの外には置く事ができません)
一番最初にタイルを置く時は、ボード真ん中4マスのうちのどれかに置くようにします。
qw4.jpg

クワークルセレクトの方に書いてある★マークの上には★コマを置きます。
そのマスにタイルを置いた場合その★コマを取る事ができ、次以降の自分の手番の最初に使う事ができます。
使った場合にはボード上に置いてある好きなタイルを1つ取り自分の手に加え(ただしクワークルが出来ている所からはとれない)、それを使って(+自分の手持ちタイルからも何個出しても良い)ボードに配置する事ができます 配置の仕方は通常のルール通りです。その後通常通りタイルを補充して持ちタイルを6枚にします ★コマを使った時は必ずタイルを最低1つは置かなければなりません(終わった時に手札が7枚以上にはなりません)  一度の手番で★コマを1個までしか使う事はできません。使い終わった★コマはゲームから除外します(使い捨て)

クワークルコネクトの方の黒いマスにはゲームを始める前に袋からタイルを取り出しそこに置きます。
数字の書いてあるマスはゲーム中そこにタイルを置いた場合に書いてある数字だけ得点がプラスされます。

後は通常ルールとまったく一緒です。

実際のプレイ記

クワークル大好きな不子と対戦
取りあえず適当にボードを並べて見る。
得点ゴマは私が黄色 不子が
qw8.jpg

始めて見た感じではコネクトの方の最初から置いてあるタイルの横には追加点数もありけっこう美味しいしセレクトの★コマは取りたいけど次のターンで取ろうと思って近くまでタイルを配置すると先に不子に取られてしまうかもしれない、などなど考える事が増え 前よりもちょっと頭を使う ルールを見てすぐに分かった事ですが★コマを使う時には最低でもクワークル以上(12点以上)は出さなければ勿体ない

途中の様子はこんな感じですqw9.jpg
不子が取った★コマをさっそく使い手裏剣(左上)でクワークル
私も★コマを取りたくて仕方がない
qw10.jpg
左上の★コマをついに手に入れる!
今度は使いどころだが 必死に考える。 赤の四角タイルを持っているのでこれを使って高得点狙える事に気がつく!
qw11.jpg

★コマを使い左下の太陽(?)マークを取り 真ん中の赤列に四角と共に置きクワークル(12点)+5点で17点と良さそうな使い方だ。 決まると実に気持ちいい。

その後も続けていくが意外と★コマが取れない。 なぜならお互い相手に取られたくないのであまり★コマの周りに置かないからだ。
終盤くらいになってくるとボード内に置かなければならないというルールが非常に効いてくる。
クワークルしようにもスペースが足りなくて出来ない事が多くなってくるし、「狭さ」という通常版ではなかった問題も出てきて悩ましい。
その中でうまくクワークルを連発する不子。 終盤に入った時点で大差がついてしまった。
最後まで必死な私だが
結果
qw12.jpg

得点ボードを見てもらうと分かるが黄色の私が上なので勝ち!
ではなく不子が次の周に入ってます。181対246でボロ負け   無念

感想

正直な所これだけシンプルなルール(ここが一番の魅力)のパズルに拡張というのが必要あるのかな?と
ドイツゲーム大賞を取ったから拡張を出しても売れて儲けられる 無理やりでもルール追加して出してしまえという風に感じました。
プレイ回数がうちでは多いので、どうゲームが変わるのだろうと思い上記の事を感じつつも購入したのですが

そもそも毎回これだけ点が追加されて行くゲームですから得点ボードは拡張ではなく通常版の時点で絶対必要だったと思いますし
クワークルの稼働率が高い人は新たに考える事も出てきて違う楽しみも味わえますし 買って見るのもいいのかなとは思いますが そうではない人は必要ないかなと思います。
クワークルは60点ぐらいでしたが 拡張でちょっと面白味が上がったかなと思うので+5点で
スポンサーサイト

コメント

クワークル本体もぼちぼちな感じですか?クワークルも遊んでみたいですね。
[2014/01/25 15:09] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

クワークル
クワークル本体もけっこう遊べますよ。
ただボードゲーム大好きな人だけで集まってやるゲーム会とかですと物足りないと感じる人が出てしまうかもしれないかな~と思います
あまりボードゲームをやった事ない人が何人か居る時なんかに適している気がしますね
[2014/01/27 09:55] URL | #Wolgi.Xc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/12-f3453a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)