プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ベガス LAS VEGAS
resize1935.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~

勝負師となり6つのカジノで競い合うゲームです

resize1931.jpg
プレイヤーは最初自分のダイスの色を決めその色のダイス8個を受け取ります
そうしたら6枚のカジノタイルを場中央に置くのですが、カジノタイルにはそれぞれ1~6のダイス目が書いてあるので数字が順番通りになるように並べます。
それが終わったらドルカード(10000~90000ドルと9種類あります)をよく切り山札にしてそこから捲り各カジノに置いていきます。 捲ったドルカードが40000ドル以下だった場合には各カジノ合計が50000ドル以上になるまで捲ります これで準備完了です
resize1929.jpg
こんな感じになります。
最も年長者がスタートプレイヤーになりその人から始めていきます。
手番では手持ちのダイス全てを振ります。振り終わったら出た目のうちどれか好きな目1つを選び、その目のダイス全てをその目の書いてあるカジノタイルの上に置きます。これで手番終了で次の人の番になります。これを全員の手持ちダイスがなくなるまで繰り返していって無くなったらカジノの決算を行います。

カジノの決算
1つずつカジノタイルを見ていきます。それぞれのカジノタイルで最もダイスを多く置いているプレイヤーはそのカジノにある最も高いドルカード1枚を貰えます。2番目に多く置いている人は2番目に高いドルカードをとこういった感じでやっていきます。
※ただし置いたダイスの数が他のプレイヤーと同じ数で被ってしまった人(バッティング)はお金を貰う事ができません。
それ以外の人で一番多くのダイスを置いた人が最も高いドルカードを貰うといった感じになります
受け取るプレイヤーよりドルカードの枚数が多かった場合は残ったドルカードは山札の一番下に戻します。

resize1934.jpg
(カジノの決算の例) 1のカジノタイルでは一番多くダイスを置いているのは黒と赤のプレイヤーの3つですが同じ数で被ってしまっているのでこの2人はお金を貰う事ができません。次に多いのは青の2つで他に同じ数置いている人が居ないので一番大きい50000ドルのカードを得る事ができます。緑のプレイヤーは30000ドルのカードを貰えます。10000ドルのカードは受け取るプレイヤーが居ないので山札の一番下に戻します。

これで1ラウンド終了です。同じように準備して次のラウンドに入ります。4ラウンド行い最もお金の多いプレイヤーが勝者です。

ヴァリアントルール(2~4人プレイ時)
通常使うダイスの他に担当するプレイヤーの居ない色のダイス8個を用意します(これは中立のダイスで白いダイスを使う事が奨励されています)
2人用の時はそのダイスを4つずつ、3,4人用の時は2つずつ各自持ちます。 3人用の時は2つ余るので誰かが振り、出た目のカジノタイルの上に置きます。 
手番では自分の色のダイスと一緒に手持ちの中立ダイスを振ります。通常と同じようにどれか1つの目全てをカジノタイルに置いていくのですが、決算時中立のダイスも仮想のプレイヤーの物として扱いますので、中立ダイスと同じ数で被ってしまった人はドルカードを貰えません。それゆえこの中立ダイスをうまく配置することによって他のプレイヤーの邪魔をする事が可能になります。

実際のプレイ&感想

私(黄)、不子(緑)、よっちゃん(赤)の3人プレイ ヴァリアントルール使用
※別に売られているベガス拡張に入っている黄色のダイスと100000ドルカードを入れてプレイしていますがゲームのルールは特に変わっていません
最初ルールを聞いた感じだと一気に3個とか沢山のダイスを高いドルカードの所に置くのがいいのかな?と思うのですが実際にやってみるとそうでもないというのが分かります。基本相手が置いてから選ぶ後出しの方が有利なので一気にダイスを置いてしまうと後半厳しくなりがち、それゆえ振って1~2個しかでない目を置いていくという展開が多い。
ヴァリアントルールの中立ダイスは入れた方が面白いと思います、初プレイだとちょっと分かりづらいかもしれませんが2回目以降なら大丈夫でしょう
resize1932.jpg
勝負の方は初っ端いきなりよっちゃんと1のカジノで争いが起こる。不子が便乗して中立ダイスを置いてくるしやっかいだ。
1箇所だけに集中してると良くないのである程度はバラしてカジノに置きたいのだがあまりにバラしすぎると1個も取れないなんて事にもなるしそもそもダイス目が出ないと置けないしとなかなか熱い。
序盤手持ちのダイス6個(中立ダイス1個含む)振ったらなんと全部5の目が出た。必ずどれか1つの目を置かなくてはいけないので全部のダイスを5に置かなければならない。他の人がまだ沢山ダイス持っているのにこのラウンドは見ているだけになってしまった。こいつは厳しい ラウンド終了時の写真が上 不子もあまり取れなかったようだがよっちゃんが走ってしまっている。次のラウンドで止めねば
2ラウンド目はみんな均等に取る。止められなかった。
resize1933.jpg
そして3ラウンド目終了時が上の写真 徹底して中立などを使いブロックしてよっちゃんに1枚も取らせなかった(笑)
これで均等になってきたが私がやや金が少ない 最終ラウンドは複数のカジノで金を取らねばなるまい
最終ラウンドはみんな被り捲ってほとんど誰も取れない状態に最後僅差で不子がよっちゃんを捲り勝利!
ルールは単純だけどバッティングルールが非常に機能しておりとても楽しいゲームです。
終盤手持ちダイスが減ってきてあの目が出てくれ~と願い、まったく関係ない目が出た時の周りの盛り上がりなどもあるし途中でダレたりもしないですね。
我が家では今最も稼働率の高いダイスゲームです。プレイ人数3~4人で中立ダイス入れるのが一番いいかなと思います。

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/124-a4e49cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)