プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
クマさんグミ Gelini Catch me!
resize1970.jpg

プレイ人数 3~6人 対象年齢 6~99歳

クマの形をしたグミを沢山集める事を目的とするゲームです

resize1969.jpg
写真上がクマさんグミ 9色各1個
写真下はグミカードで9色各5枚ずつ(計45枚) あります

最初グミは場中央へ カードは全部をよく切り裏向きのまま3枚箱の中へしまいます。
残りをプレイヤー全員に5枚ずつ配り、余りは山札にして場中央に置きます。
スタートプレイヤーから手番を行っていくのですが、手番では手持ちのカード1枚を出します。
カードに書かれている色のグミが場中央にある場合には手元に持ってきます。出したカードを捨て札にして山札から1枚引き手番終了です。
カードに書かれている色のグミを他のプレイヤーが持っていた場合そのプレイヤーから奪うことが出来ます。
ただし元々持っていたプレイヤーがその色のカードを持っていた場合には1枚出す事によって防御する事が(コマを守る)できます。ブロックされた場合でも手番のプレイヤーがまだその色のカードを持っていた場合には更に奪おうとする事ができます。
どちらが出せなくなるか、出さなかった場合には最後にその色のカードを出した人がグミを貰う事ができますお互いが出したカード全ては捨て札になります そして手番終了
※カードを出し合って攻撃、防御している時はカードを出したらすぐに山札から引き手札を5枚にします
これを繰り返していき、山札のカードがなくなったら補充をせずに手札だけで続けます。誰か1人の手札がなくなったらゲームが終了になります。そのとき手元に一番多くのグミを持っていた人が勝者です。

感想

非常にシンプルなゲームです。実際のプレイの様子も何か書きたかったのですが特に書くこともなく^^;
基本相手を攻撃しても攻撃した方もブロックした方も手札を5枚まで補充できるので出し惜しみする必要をあまり感じないのでバンバン何も考えず出していってよさそうです。ただグミは最後に持っていないと意味がないので序盤取り巻くってもそこまで有利と言うわけではないですね。 ガチでやるとしたら枚数のカウンティングが必要になるのですが(最初に3枚抜くのも完全な枚数把握の防止の為でしょうし) そういったゲーマーだけで集まる時にこのゲーム出す機会があるかというとあまりないかなと思います。
ルールにひねりも何もなく感心する所もまったく見当たりませんでした。
シンプルだし絵も子供向けですが他のプレイヤーにバンバン攻撃を仕掛けるゲームなので子供でもかなり人を選ぶと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/129-c2d1651c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)