プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフェルノ
resize2023.jpg




プレイ人数 3~7人 対象年齢 8歳~

出来るだけカードを引き取らないようにするゲームです 特に赤いカードには注意!

resize2024.jpg
中身はこのような5色のカードに1~5の数字が書かれています。各カード4枚ずつの計100枚
赤のカードだけは悪魔(?)の絵が書かれています
最初全てのカードをよくきり全プレイヤーに12枚ずつ配ります。残りは場中央に山札にして置いておきます。
適当な方法でスタートプレイヤーを決めその人から手番を行っていきます。
最初の人は手札からカードを1枚出します。 2番目以降の手番の人は最初の人が出したカードと同じ色か同じ数字のカードなら1枚出す事ができます。出した場合には次の人に手番が移ります
※日本でも良く知られているウノと出し方が似ていますが、ウノと違い常に一番最初に出したカードと同じ色か同じ数字でなくては出せません
出せないもしくは出したくない場合は場に出ているカード全てを引き取らなくてはなりません。ただし引き取るカードが2枚以下だった場合には山札から引き取るカードが3枚になるまで捲り取らなくてはなりません。
引き取ったカードは手元において置きます(手札として使うことはできません)
その後引き取った人が手札から1枚だし同じように続けていきます
これを繰り返して行き誰か1人が最後の1枚を場に出した時にこのラウンド終了のフラグが立ち、誰かが引き取ったらゲームが終了します。 その時に手札が残っている人はその手札を山札に戻します。
そうしたら全員引き取ったカードを見ます。1枚につき-1点になります。
ただし赤のカードはカードに書いてある数字がそのまま-になります。
人数分のラウンドを行い-の一番少ないプレイヤーが勝者です。


感想

ウノとルールが似ていて分かりやすく人数も7人まで遊べるのがいいですね。
ゲーム中場にカードが沢山溜まってきて 早く誰か取ってくれ~と祈る事も多いです^^;
このゲームわざとカードを引き取る時がありまして
最初の方は手札がみんな多いのでほとんどの場合出す事ができます。その時に1~2枚しか手札で出せるものがなかった場合、このまま手札からカードを出しても自分が一番最初に出せるものが尽きて凄い枚数を自分が引き取る事になるだろうと思うときには取ってしまうのもありです。ここは考え所ですね。
最低でも3枚以上取らなくてはいけないというルールもみんな1~2枚の最低限の-で逃げて出したいカードを出すという展開を防ぐ意味であるのだと思います。
ただボードゲーム慣れしてる人の集まりならともかく普段遊んでない人とパーティーゲームとしてやった時には被害を少なくする為にわざと取るという考えには全体的にあまりならなくて、出せるだけ出そうという考えで遊ぶ人が多いと思うのでこうなった場合 一番最初に引き取った人(ほとんどの場合枚数がずば抜けて多い)がそのラウンド圧倒的な-でラスが決まってしまうんですね。
これでも盛り上がるといえば盛り上がるのですがただ作業的に出せるものを出すだけになるのはちと残念です。
うちだとあまり活躍の場がないゲームです。
ただ遊びやすいのが良い
私の持っているのは旧版なのですが最近新版が発売されたようですので手に入りやすいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/134-789c22fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。