プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ドンキホーテ Don Quixote
resize2033.jpg

プレイ人数 1~4人 プレイ時間 20~30分 対象年齢 8歳~

タイルをうまく配置して誰よりも得点を稼ぐことを目指すゲームです

resize2034.jpg
最初に各プレイヤー自分の色を決めその色の個人ボードとタイル24枚を受け取ります
ボードにはA1~H3のアルファベットと数字が書かれています
resize2036.jpg
これは座標カード(全24枚)でボードと同じでA1~H3までの数字が書かれているものが1枚ずつあります
座標カードはよく切り、山札にして 捲る人を決めその人のそばに置きます
これで準備完了です
まず各自自分のタイルの中から6の数字の書かれた城タイルと4と書かれた城タイルを用意します。
残りの22枚のタイルは裏向きにしてよく混ぜます。
座標タイルを山札から1枚捲りその場所に6の城タイルを配置します。その後もう1枚引き今度はその場所に4の城タイルを置きます。
ただし2つの城が縦、横、斜めで隣接している場所に置かれてしまった場合には1枚引きなおして隣接していない場所におくようにします
resize2035.jpg
こんな感じに(写真はF3の所に置いてしまってますが間違いでE3の所が正解です)
そうしたら各自山から9枚タイルを選び表にします。座標カードを1枚捲り、その場所に表になっているタイルのどれかを各自配置します。配置する時は上下の向きは変えても構いません。これを9回繰り返したら1回目の得点計算になります
resize2032.jpg
入った得点分得点ボード上のマーカーを進めます(得点計算に関しては後述)
次は裏になっているタイルから7枚を表にして同じようにタイルを配置していきます。7枚全てを配置したら2回目の得点計算になります
最後は残っているタイルのうち5枚を表にします。そうすると1枚だけタイルが余っているのでそれも表にします。
同じように配置していくのですが、最後に表にしたタイルは一番最後に配置しなければいけないので混ざらないように脇に避けておきます。全てが終わったら3回目の得点計算をして一番得点の高い人が勝者です

得点計算に関して
resize2029.jpg
城の得点
城から道路で繋がっている場所に騎士が規定数居る場合にはその城に書かれているだけの点数が入ります
1回目の得点計算の時は1人以上 2回目は2人以上 3回目は3人以上居ないと得点になりません
※騎士に書かれている数字は関係ありません あくまでも道路上に何人いるかです
教会の得点
教会は道路で他の教会と繋がっていると得点になります。2つ繋がっている場合には1つ1点に、3つ以上繋がっているばあいには1つ2点になります。複数のグループがあればそれぞれ計算します。1つしかない(繋がっていない)教会は0点です
風車の得点
教会と同じ得点計算になります
国防の得点
騎士の書かれたタイルが外周マスに置かれ、かつ騎士の絵が書かれている方のマスが道路で外周に繋がっている場合この騎士は書かれている数字だけ国防しているという事になります。これが
1回目の得点計算の時は国防の合計値が5以上 2回目は8以上 3回目は12以上の場合得点が5点入ります
騎士の得点
これだけは3回目の得点計算のみ行います
繋がっている道路で2人以上の騎士が居る場所で騎士に書かれている数字の合計が一番高い場所の合計得点が入ります(一番合計値が高い場所が複数あっても得点が入るのは1箇所だけです)
resize2031.jpg
1回目の得点計算の例
城の得点 6の城には騎士が1人道路で繋がってます。1回目の得点計算時は1人でいいので+6点 4の城には繋がった兵士が居ないので0点 教会の得点は2つ以上繋がった場所がないので0点 風車は3つ繋がった場所があるので2×3で6点国防の得点 国防している兵士は2人居てその兵士に書いてある数字は2人とも2です つまり国防は4なのですが1回目の得点計算では国防が4以上ある時には5点入るので+5点 騎士の得点計算は1回目はありません
つまり6+6+5で17点入ります
resize2030.jpg
3回目の得点計算の例
6の城には3人騎士が繋がっているので+6点 4の城には2人しか繋がっていないので3回目の得点計算では点になりません 教会は3つ繋がっている場所があるので2×3で+6点 風車は6つ繋がっている所があるので2×6で+12点 国防は2+2+3で7ですが3回目の得点計算では12ないと得点にはならないので0点です 騎士の得点計算は一番騎士が繋がって得点が高い所を見ると3+1+3の場所なので+7点です
つまり6+6+12+7で計31点入ります

1人プレイの場合
1人用の場合も同じようにやっていき得点を伸ばす事を目標にします
70点だせれば優秀 100点出せば神

感想

よくあるタイルを配置していくゲームなのですが この手のゲームには既においてあるタイルに接するように置かなければならないとか地形が合うように置かなければならないといったルールが多いのですが、このゲームではそれがなく個人ボードでそれぞれが置いていくというスタイルです。ここはサンスーシと似てますね。
お互いがひたすら自分のボードだけ見てタイルを置いていくので他人との交流がまったくなく 完全なソロプレイになるので人を選ぶと思います。
タイルの配置に関しては毎回決められた1箇所にしか置けないので自由度は低めかな、特に序盤繋がらない所ばかりに置く事になると最初の得点計算では全然点が入らなくてなんじゃこりゃとなりがちですが、全員置く場所は同じなのでゲーム的には問題はないですね。 中盤以降からこれを置きたい、あの場所のカードでろ!と願って全然出ない時の絶望感^^; 考えることもけっこうあり例えば城が2つあるわけですが城同士を道路で繋げて兵士も配置できれば両方の城で得点が入るのでお得になりますし3方向に道路が伸びているタイルなど使える物を中央におけるようにするなど悩ましいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/136-817acd6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)