プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車便 VELO CITY
resize2091.jpg

プレイ人数 3~7人 プレイ時間 45分 対象年齢 8歳~

自転車のレースゲームです

resize2092.jpg
ゲームボードです。右上の駐車場からスタートして左下の緑枠で囲まれたゴールを目指します
resize2097.jpg
写真左が自転車コマ 右がダイスです。 各自最初に自分の色を決めその色のダイスと3~4人用の場合はコマ5個、5~7人用の場合は4個取ります。取ったコマのうち1つは自分の手元に置き(自分がどの色を担当しているか分かるようにする為です)残りはスタート地点におきます。 水色のダイスはゲーム中使うのでボード横において置きます。
resize2098.jpg
ドリンク ゲーム中得る事ができ使うことによってさまざまな効果をもたらしてくれます。
3人用の場合は15個、4~5人の場合は20個 6人の場合は24個 7人の場合は28個 ボード横に出しておきます

手番では自分のダイスを振ってその数だけ進める(必ずその数ピッタリ進めなければいけない、ゴールのみ余っても入る事ができる)のですが 単独走行するかグループ走行をするかを申請してからダイスを振ります。
単独走行 これは自分の自転車コマ1つをその数だけ進めます。自分のどの自転車コマを動かすかはダイスを振った後に選べます。
グループ走行 これを申請する場合には自分の自転車コマと他のプレイヤーの自転車コマが同じマスに居る場所を1つ選んでからダイスを振ります。振る時には自分のダイスとそのマスに居る他のプレイヤーのダイス全てを一度に振ります。その後振ったダイスのうち1つを選びます。
自分のダイスを選んだ場合には自分の自転車コマをその数だけ進めます。ただし単独走行と違って申請したマスに居るコマしか動かすことができません
他人のダイスを選んだ場合には自分の自転車コマと選んだダイスの色の自転車コマをその数だけ進めます。

resize2100.jpg
(例)黄の手番です。赤、緑、黄の自転車コマのあるマスでグループ走行する事を宣言して赤、緑、黄のダイスを振りました。他のプレイヤーの自転車コマを進めたくないので自分(黄)のダイスを選びたいのですが出た目は2 マンホールマス(後述)に入ってしまいます。ですので緑の4のダイスを選びました。
resize2099.jpg
緑と黄の自転車コマを4マス進めます。ドリンクのマス(後述)に止まったので黄のプレイヤーはドリンクを1本貰うことができます

ドリンク ドリンクマスに止まった場合ドリンクを1本貰うことができます。ただし貰えるのは手番のプレイヤーのみ、上の例ですとグループ走行で手番でない緑のプレイヤーもドリンクマスに進んでいますが貰えるのは黄のプレイヤーだけです。
ドリンクを貰う場合には場にあるストックから取ります。もしストックにドリンクが無い場合には一番本数を多く持っているプレイヤーから奪えます。
ドリンクは4つの使い方があります ()内は使うタイミング

エナジーブースト(自分の手番時 単独走行かグループ走行を選択してから)
スプリント(自分の手番時単独走行を宣言してから グループ走行時は使用不可)
ドラフト走行(自分の手番もしくは他人の手番時に自分の自転車コマの居るマスで他のプレイヤーが自転車コマを移動した時)
マンホール回避(自分の手番もしくは他人の手番時に自分の自転車コマがマンホールマスに移動した時)

エナジーブースト これを行う場合にはドリンク1本をストックに返します。自分のダイスと一緒に水色のダイスを振ります。出た目のうちどちらかを選んでその目分移動することができます
スプリント これを行う場合にはドリンクを2本ストックに返します。自分のダイスと一緒に水色のダイスを振ります。
2つのダイスの合計値だけ進める事ができます。片一方だけを選んでその目だけ進む事も可能です。
ドリフト走行 自分のコマの居るマスで他のコマが移動した場合、ドリンクを1つストックに返す事によって一緒に移動する事ができます。 これは複数のプレイヤーが一度に行う場合もあるので手番のプレイヤーから時計回りの順番に行うかどうかを申請していきます。
マンホール回避 マンホールマスに止まってしまった場合ドリンク一本をストックに返す事によって後退するのを回避できます


マンホール マンホールのマスに止まってしまった場合にはその手前の空いている(他の自転車コマの無い)マンホールマスまで戻らなくてはなりません。もし空いているマンホールマスが無い場合にはスタート地点でまで戻ります。ただし戻った場合ドリンクを1本 スタート地点まで戻った場合にはドリンク2本を貰う事ができます。ドリンクマスと違いグループ走行などでマンホールマスに移動した場合手番プレイヤー以外も後退しなくてはいけません(処理は手番プレイヤーから時計回りに行います) ドリンクを1本ストックに戻す事によって後退を回避する事も可能です

ゴールに到達した場合には一番前の空いている緑のマスに自転車コマを置きます。
注意なのはゴールには自分のダイスでしか入る事ができないということです。つまりグループ走行で他人のダイスを使ったり、スプリント、ドラフト走行などでゴールはできません

1人のプレイヤーが3つのコマをゴールさせたもしくはゴールに8つの自転車コマがゴールした場合にはゲームが終了します。 前者の場合は3つのコマをゴールさせた方が勝ち 後者の場合はゴールさせたコマが一番多い人が勝ちで同数の場合には後からゴールしたコマのある方のプレイヤーが勝者です
resize2096.jpg
(例)ゴールに8つの自転車コマが入ったのでゲームが終了しました。数が多いのは赤と青の2つ 赤よりも青の方が後ろにコマがあるので青の勝ちとなります。

感想

resize2093.jpg
私(黄)、不子(緑)、よっちゃん(赤) 3人プレイの様子 3人だと人数がちょっと少ないかな

手番では単独かグループのどちらかを選ぶのですが単独の魅力は振った後に自分の動かすコマを選べる所、この目ならこっちのコマを動かせばドリンク貰える等序盤はこちらの移動がほとんど グループの場合魅力なのは複数のダイスを1度に振れる事で単独の場合1個しか振れないので1や2の目が出てしまうと距離が進めないのだが複数振る事によってその確率を減らす事ができる。他のプレイヤーを進めてしまう事もあるがそれでも選ぶ場面はけっこうあります。グループの欠点は動かすコマが固定されてしまうという所です

序盤はドリンクのマスだらけなので毎手番ドリンクが手に入る。そうするとストックが無くなってくるので取られると思いスプリントやドリフトなどで消費していくのですが、中盤から後半にかけてはドリンクのマスは無くなりマンホールだらけになっていきます。マンホールが沢山あれば後退するマス数も少ないしドリンクも貰えるのですが人数が多いとほとんどのマスが埋まるので一気に後退する可能性もあるので1本は残しておかないと不安になります 中盤から終盤にかけては他人と同じマスに居るのが重要です。グループ走行で進めてもらったりドリフトなどで手番以外に進められるので 単独でやろうとすると不利^^;
resize2088.jpg
中盤の様子 不子がリードしてる感じ

ドリフト走行はかなり重要なのですが、これが人数多いと毎回のように発生して1人、1人処理をしていかないといけないのでちょっとテンポが悪いかなと感じます。それゆえ最高人数の7人などになると手番が来るまでかなりの時間に
ただ手番以外でもやれる事があるという意味では待つだけにはならずそこは良いのかも
終了条件は2つありますが プレイ人数3~4人はコマ3つを 6~7人の場合は8個コマが入ったら と終了条件が人数によってほぼ固定化されてしまっています。 5~6人の時だと2つ目の自分のコマをゴールさせるタイミングが重要で早くさせすぎると負けるし遅すぎるとゲームが終了して負けるしとなかなか面白い展開になります
resize2089.jpg
ゲーム終了直前の様子 不子が1以外ならゴールだったのに1を出す。私の勝ちの目も出てきて6が出れば逆転!しかし現実は甘くなく よっちゃんがあがって勝利
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/140-96347166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。