プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ウサギとカメ The Hare & the Tortoise
resize2146.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 20分 対象年齢 7歳~

有名な話 ウサギとカメの続編です
競争にまけたウサギは納得できなかったのでカメに「もう一度勝負させろ!」といいました カメは「うむ いいだろう」と了承
そのやり取りを見ていたオオカミ、キツネ、ヒツジは「今度は俺達も入れてくれ」と乱入してきました。
5匹のうち誰が勝つかをかけるレースゲームです

resize2152.jpg
出場選手の5匹
resize2151.jpg
タイル11枚を並べて(コースは自由に作れます)スタート地点に5匹のコマを置きます。ゴールにはゴールゲートを置きます
resize2145.jpg
それぞれの動物のカードがあります。これを1枚ずつ取りよく混ぜ各プレイヤーに1枚ずつ(2人用の場合は2枚ずつ)配ります。この配られたカードがこのレースでかける動物になります。他人に見せないように手元に裏にして置いておきます
余ったカードは表を見ずに箱に戻します
残りのカード(ウサギ18枚 カメ 17枚 オオカミ 16枚 キツネ,ヒツジ 15枚 計81枚)をよく切り全員に7枚ずつ配ります
配られたカードの中から1枚かけたい動物を選んで同じように手元に裏にして置きます。 つまり2匹に1口ずつもしくは1匹に2口かける事になるわけです(2人用の場合のみ合計3口) 残りの6枚は手札にします
手番では手持ちのカードの中から1種類の動物1~4枚を場に出します。そうしたら山札から手札が6枚になるまで補充して手番が移ります。これを繰り返していくわけですが、場に1種類の動物が4枚でたもしくは場に8枚のカードがでた場合レースフェイズになり出たカード枚数に応じて各動物が移動します
※場にカードを出す際に1種類の動物が5枚以上になるように出したり、9枚以上になるような出し方はできません


レースフェイズ
resize2144.jpg
ウサギ 場に出た枚数が1~4枚の場合2歩進むことができます。 ただし4枚出た時にトップ(同率も含む)だった場合には寝てしまい進む事ができません。 スタート地点に居る時は例外で居眠りをしないので動けます
カメ 場に出た枚数が0~3枚の場合1歩 4枚の場合2歩移動します 5匹の中で唯一0枚(場にカードが出ていなくても)でも移動できます
オオカミ 場に出た枚数が1~2枚の場合は1歩 3枚の場合は2歩 4枚の場合は3歩移動できます。
またオオカミのカードの中には3枚遠吠えのマークのついたカードが入っています。このカードが場に出された場合には他の動物はおびえてしまい次のレースフェイズではオオカミ以外は動けなくなります
キツネ 場に出たカードの枚数だけ進めます
ヒツジ 場に出たカードの枚数+1だけ進めます ただしヒツジは綺麗な水があると飲みたくて仕方が無いので小川のあるマスに行った場合には強制的に止まります
※移動の処理はウサギ→カメ→オオカミ→キツネ→ヒツジ の順に行います
resize2150.jpg
(例)場にこのようにカードが出ました。1種類(ウサギ)のカードが4枚出たのでレースフェイズに入ります
ウサギは4枚で現在1位なので動くことができません。カメは0枚なので1歩前進 オオカミは1枚なので1歩前進 キツネは0枚で動けません ヒツジは2枚なので3歩動けるのですが1歩先に小川があるのでそこで移動が終わってしまいます
resize2143.jpg
移動後はこんな感じに

レースフェイズの移動が終わった後は場に出ているカード全てを捨て札にして同じように続けていきます。
3匹の動物がゴールしたらゲーム終了です
resize2149.jpg
それぞれのプレイヤーはかけた動物のカードを表にします。1位にかけた人は1口5点 2位は3点 3位は2点 得点を得る事ができます 一番得点の高いプレイヤーが勝者です 同点の場合は順位の高い動物にかけた方が勝ちです

感想

resize2153.jpg
私 リポ ゆーじの3人プレイ かけたのはウサギとキツネ しょっぱなキツネをみんな1枚ずつ、最初は何にかけたか分からないように様子見か? キツネが進むのは都合が良い
ルールは簡単でありながらそれぞれの個性がありバランスが取れていると思います。だいたいレースはいい勝負になるんですよ。 ウサギの寝ちゃうとか カメは基本1歩だけど(遠吠え以外では)絶対に動けるとか原作の設定をうまく入れているのもいい。レース自体がそんなに長くないので中盤以降は隠すよりもあからさまに自分のかけている動物を進めようとした方がいいかもしれません。 考えどころも十分にありオオカミの遠吠えカードが出た隙にかけていない動物のカードを出せるだけだして処理したり、小川がすぐ先にありヒツジが止まるようなら一気にだして処理したりとか ウサギを4枚にさせて動かせない色々な事ができます 2人でも楽しめますし軽くて良いレースゲーですね。
resize2154.jpg
中盤の様子 ヒツジが突っ走っている どうにかしたいが ウサギはトップとは差が開いているのでしばらくは1枚でもだせば2マスはほぼ進めるので早そうだ
resize2155.jpg
終わる直前の様子 ウサギがこの後あがり3位 私とリポが5点だったのだが1位にかけていた方が優先なのでリポの勝ち!

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/145-5cffb874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)