プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピタルラッシュ HOSPITAL RUSH
resize2236.jpg

プレイ人数 3~5人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 10歳~

医者のポジションに1人空きが生じました。インターンの連中は卑怯な手を使ってでもその席を取ろうとします。
誰がこの地位を得る事ができるでしょうか?

resize2235.jpg
これがゲームボード ワーカープレイスメントのゲームでボードの人の絵の書かれている所にワーカー(それぞれ最初に2個ずつ受け取る)を置いてアクションを行っていきます。これを手番順に2回繰り返して1ラウンドが終了します。 
ボード上部にある温度計は得点(勝利点)を表しています。
resize2229.jpg
ワーカーを置く場所は人が1人書いてある所と複数人書かれている所がありますが、1人の所は置けるワーカーは1つだけ(早い者勝ち)複数の所は何個でも置けることを表しています。
アクションに関して
蛇の書かれている所はボード上に置かれている薬を書かれているだけ取る事ができます。お金を1払う事によって追加で1個得られます
注射器の書かれている所はボード上に書かれているだけの薬か絆創膏を使い入院患者を治療する事ができます。
更にお金を1払うごとに追加で一つ薬か絆創膏を使うことができます。
絆創膏を使う場合はストックから取れますが薬を使う場合手持ちの薬を使わなければなりません。
治療する患者が自分の担当だと分かるようにその患者カードの上にマーカーと投与した薬ないし絆創膏を置きます
resize2234.jpg
(例)黄の手番です 注射器の所にワーカーを置きました。2つ絆創膏か薬を置けるのですがお金を1払いもう一つ置けるようにします。そして絆創膏2つと手持ちの橙薬1つを使い患者に投与します

患者には直すのに必要な物が書いてありこれを全部与えることにより退院する事ができます。その場合患者カードに書かれているだけの得点(勝利点)を得る事ができます。
ラウンドが終わるごとに患者は右に1つスライドし一番右の患者は強制退院させられてしまいます。ですのでそれまでに自分の担当患者は治さないと得点が得られないのです。
resize2233.jpg
写真左は夜勤でお金を得る事ができます。最初に置いた人はお金とだけではなくスタートプレイヤーマーカーを得る事ができ、次のラウンドのスタートプレイヤーを決めることができます
その下は学習 各プレイヤーは最初に自分のプレイヤーを選びボードを受け取るのですが
resize2230.jpg
この左にある新たな技術を1つお金を3払う事によって習得できます
その下は最終試験 お金を2払う事によって習得した新たな技術の数だけ得点を得られます。 このアクションは各プレイヤー1回しかできません

赤いワーカーを置く場所がありますがこれは不正アクションで普通の場所よりも効果が強いのです。ただしここに置いた場合密告されるとペナルティーを食らいます ちなみにゲームボード以外に各プレイヤーの個人ボードにも不正アクションを行う場所が2箇所ずつありここはそのプレイヤーのみワーカーを置く事ができます

写真右上が密告アクションでここにワーカーが置かれた場合そのプレイヤーはまずお金1を受け取ります
そして、不正数(赤い場所に置かれたワーカーの数)だけのお金を得られます、更に不正しているプレイヤーはコマ1つにつきお金1を銀行に払うか1得点を失わなければなりません。
写真右下は他のプレイヤー2人からお金や薬を奪ったり お金で得点を買える不正アクションです

これを繰り返していって誰かが10点を超えたらそのラウンドが最終ラウンドになります。
得点の最も高い人が勝者です。同点の場合持っているお金と薬の数が多いほうが勝ちです。それも同点なら引き分けです。

感想

resize2232.jpg
私(黄) らーさん(白) ゆーじ(青) 3人プレイ時の様子
よくあるワーカープレイスメントのゲームです。 不正アクションがちょっと特殊ですかね
自分だけが選べる不正(しかも全員効果が違う)もある ちなみに写真は私がらーさんに密告された所(笑)
スタートプレイヤーは夜勤アクションによって取るのですが、変わっているのは誰をスタートプレイヤーにするか選べる所。
先に置けるほうが有利なので普通のゲームですと自分がスタートプレイヤーは歓迎なのですがこのゲームわざと手番を最後になるようにスタートプレイヤーを決める時があります。これはなぜかというと最後の手番だったら安全に不正を行う事ができるからです。
10点で終わりだしそんな時間がかからないゲームなのかなと最初は思ったのですがいざやってみると意外と時間かかりました。 ゲーム内容は特に特徴もなく不正もそこまでずば抜けたのもなくけっこう気軽に使ってしまっていました。効率よく使えるようになると面白くなってくるのかもしれませんね。 軽めのワーカープレイスメントというとこちらよりはラングフィンガーの方が私は好きかな~
resize2231.jpg
終了時の様子 らーさんがキッチリ10点を取り勝利!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/153-92c00e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。