プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
カップケーキの女王
cap1.jpg
プレイ人数 2~5人  プレイ時間 5~20分  対象年齢 7歳~

6種類あるカップケーキの中から投票をして一番人気のあるカップケーキ(女王)を決めます。
自分の沢山持っているケーキを女王にする事を目的とするゲームです。
魔獣の王というゲームのリメイクのようです。

中身ですが
cap2.jpg

縦長の投票ボードが一枚、丸い形をしたカップケーキカードが6種類あり全66枚
カップケーキの種類は写真の上から チェリー、チョコ、レッド、ブルーベリー、バニラ、グリーンとなっており
枚数の内訳は投票ボードの右下にそれぞれ書いてある通り チェリー10枚、チョコ10枚、レッド11枚、ブルーベリー11枚、バニラ12枚、グリーン12枚となっています。

ルール

まず投票ボードをテーブルの真ん中に置きます。 全てのカードを裏側にしてよく切って裏側のまま全員に5枚ずつ配り、それが終わったら場に5枚カードを表向きにして出し、残りは裏向きのまま山にしてその横に置いておきます。

一番年の若い人がスタートプレイヤーになり、その人から始めていきます。
手番のプレイヤーはまず場に出ている5枚のカードのどれか1種類を選んでそのカードをすべて取り手札に加えます。
そして手札から1種類のカードを選び(場から取った種類のカードでなくてもOKです) 2~6枚までの間の好きな数だけ表にして出します。 そしてその中のうち1~3枚までの好きな数を投票ボードのカードと同じカップケーキの横に表向きに投票します(並べます)。 残り(1~3枚)を裏向きにして自分の前に積んでおきます、これはゲームが終わるまで表にしてはいけません。
そうしたら場のカードが5枚になるまで山札から引き、次の人の番になります。
もし投票ボードでどれか1種類のカップケーキにカードが6枚並んだらその瞬間にゲームが終了します。

※投票ボードと自分の前に積む枚数はそれぞれ決められた範囲内(1~3枚)でしたら何枚置いても構いませんがどちらも最低1枚は置かなくてはなりません。ゲームが終了したら点数計算に入ります。
まず投票ボードを見て 6枚カードが投票されたケーキが今回の女王です。
各自、自分の前に積んであるカードを全部表にして そこにある女王になった種類のカップケーキのカード1枚につき2点入ります(最後に残った手札は含みません)
次に2番目に投票多かったケーキ、3番目に多かったケーキを同じように見て それぞれに1枚につき1点入ります。
投票数が同じ数だった場合には投票ボードに描かれている位置が上の方のケーキが上位となります。
計算をして一番点数の多いプレイヤーの勝ちです。


※もし投票ボードのどれかに6個置かれる前に山札がなくなってしまった場合には、その時点でゲームが終了します。
この場合には1位、2位、3位を調べてそれぞれ同じように点を入れていくのですが女王が不在なので1位から3位まですべてが1枚につき1点として計算します。

実際のプレイ記

不子と対戦

序盤、手札はチェリーが2枚、場にも2枚とこれはチェリーを女王にするべきだろ!と迷わず決まる
cap3.jpg
しかし6枚置くというのが大変な事に気がつく、なぜならチェリーは10枚しかないのにそのうちの半数以上の6枚をおかなければならないからだ、しかも自分の前にも積まなければ点数にならないので更なる枚数を要する、不子はブルーベリーで攻めてくるので早く終わらせたいがチェリーが場に出てくれないと厳しい。
幸いな事にチェリーを山札から場に出てきたので3枚積めた上で6枚投票して女王にできた。
終了時の様子
cap4.jpg
1位がチェリー、2位が紫のブルーベリー、3位は同数だけどボードの上が優先なのでレッド
私はチェリーを3つ積めたので2×3で6点、ブルーベリーは2枚なので2点、レッドは1枚なので1点

不子はチェリーが1枚なので2点、ブルーベリーが3枚なので3点、レッドが2枚なので2点
合計を出すと私が9点で不子が7点なので私の勝ち!

感想

これは面白い! 何回かやると慣れてきて5分~10分ほどで終わるのに考えどころもあり楽しく遊べる。
同じカップケーキのカードが3枚あった場合、積まなければ絶対に点にならないので投票ボードに1枚、積む方に2枚置きたくなるが、この選択肢をした場合そのケーキが3位にも入らず何枚積んでも0点になる事も多く、投票ボードの方に多く置くべき状況が増える。 その為高得点を狙うのが非常に難しくなっている。 人数に関係なく楽しめるのもよくて機会があったら是非遊んで欲しいゲームです。
欠点としてはコンポーネント(中身)があまりにもショボイ事 あまり自分はコンポーネントは気にしないのですが、カードは薄い紙ですし、ボードは厚紙 カードは遊んでると普通に「ぐちゃっ」とか曲がってしまいそうで気を使います。
後はプレイ可能年齢が7歳~となっていますが、確かにルールはそこまで複雑ではないので頑張って教えれば7歳の子でも分かるかなとは思いますが、上に書いた勝つ為にどうすればいいのかってのがまだ分からないと思うんですよね、なのでやってもあまり面白くないかなと思うのでもう少し上の年齢設定でいいのかなと
この2つの要素で-10点

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/16-dddb77e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)