プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンズランド Drachen Land
resize2468.jpg

プレイ人数 2~4人 プレイ時間 約45分 対象年齢 9歳~
ドラゴンランドで宝石やドラゴンの卵を集めていくゲームです
resize2466.jpg
これがゲームボード
resize2465.jpg
最初各火山に、書かれている数の宝石とタマゴを置きます。赤、青、緑の宝石は必ず2つセットで、白は必ず1つだけ置くようにします。それができたら円形のタイルを裏にして良く混ぜ裏のまま各火山に1枚置きます
resize2467.jpg
これが移動に使うコマです。珍しいのは各自色を決めその色のコマ全てを受け取るのではなく、各プレイヤー同じ形のコマ3つを受け取るということです。つまり全員が3色のコマ1つずつを使うという事になります
resize2461.jpg
なんとこのゲームにはダイスタワーがついています
手番ではダイスタワーを使いダイス2個を振ります
ダイス目は特殊で1つは1-2-2-2-3-3 もう1つは2-3-3-4-4-4となっています
そうしたら自分のコマを1つずつ出た目の数まで動かすことができます。 ただしダイス毎に別の自分のコマを動かさなければなりません 出た目の数以下の移動でも構わないので0マス(移動しない)でもokです
(例)ダイスを振って2,3の目が出たとすると 1つの自分のコマは0~2マスまでの移動を もう1つの自分のコマは0~3マスまで移動できます
resize2460.jpg
最初全てのコマはボード外側の方にある入り口3箇所のうち好きな所からそれぞれスタートします
上の写真では上の入り口からスタートして2歩進んだ所です
resize2459.jpg
火山のマスに止まった場合、まだタイルが表になっていなければ表にします(既になっていたらそのまま) その後に
①コマと同じ色の宝石を2つ取る
②白い宝石を1つ取る
③ドラゴンの卵とタイル1つを取る
 ※ただし一部の種類のタイルは取る事ができない(後述)
これら3つのうち1つを選び取る事ができます 取った宝石や卵は自分のついたての中にタイルは手元に他の人から見えるように置いておきます
タイルの効果について
resize2458.jpg
一番左上のタイルはダイスを振ったあと使う事によってダイス目1つを最高+3まで増やすことができます
その隣は火山で宝石などを取る時に1度に①~③のうち2つを行う事ができます
その横は火山に居るときにその火山から川が流れている場合使う事によって川を渡って別の火山まで行く事ができます
これら3種類のタイルは使った後ゲームから除外します
下段の2種類は特殊タイルで火山にて卵を取った時に取る事はできません(つまりずっとボード上に残り続けます)
左のドラゴンのタイルはそのドラゴンの色のコマがその場所にあって、手番で振ったダイスの4の目を使う事によって別の好きな火山に移動させる事ができます 移動の際はコマだけでなくタイルもその場所に移動します
resize2464.jpg
(例)この火山には青のドラゴンタイルが置いてあります。同じ色である青のコマが同じ場所にあるので手番で振った4の目を使いこのコマとタイルの両方を好きな別の火山に移動させる事ができます
指輪に関してはこのタイルのある火山に止まった場合①~③のうちの1つを得る代わりにそのコマに指輪をつける事ができます。ゲーム終了時この指輪をつけてないプレイヤーはそのコマの色の宝石を全て捨てなくてはならなくなるので指輪は重要です
resize2457.jpg
(例)緑のコマは指輪のタイルのある火山に移動して宝石や卵を取る代わりに指輪をコマにつけました。

手番を繰り返していってボード上の最後の卵が取られた瞬間にゲームが終了します。
各自自分の宝石と卵を見て(指輪のついていないコマがある場合その色の宝石全てを捨てなければなりません)
赤、青、緑、卵の4つのセット1つ毎に得点が10点入ります。白い宝石はジョーカー扱いになり赤、青、緑の宝石のうち好きな物として使う事ができます。余った宝石や卵は1つ1点になります 合計得点の一番高いプレイヤーが勝者です
resize2469.jpg
ゲーム終了時獲得した物がこんな感じだったとするとセット3つで30点 あまりの2つは1つ1点なので2点 計32点になります

感想

resize2462.jpg
私(角) 不子(砂時計) よっちゃん(丸) マロン(三角) 4人プレイ時の様子

ダイスを振って進めていくすごろく系のゲームなのですが、ダイス目はほとんどが2~4(1は1面あるだけ)と幅が少ないし出た目よりも少ない数進める事も可能なのでダイス運の要素はかなり低いです
火山で取るアイテムは白がジョーカー扱いで一番使いやすいのですが1つしか取る事ができない、赤、青、緑の場合は2つ一度に取れるので良いのですが自分の色の物しか取れないので3つのコマ全てをバランスよく動かす必要がありそれによって多くのセットを作らなくてはならない
ここいらのルールはどのコマを動かすか、火山で何を取るかなど考えさせてくれゲームを楽しくするにあたり非常に機能しているように感じます。
指輪に関しては3つのコマ全てにつけないと勝つのはかなり難しいので終盤になってまだついていないようだったら無理にでも取りに行く必要がある
resize2470.jpg
中盤の様子 タマゴの数が減ってきたので焦ってみんな指輪の場所に向かっているので込み合っています

タイルもわずかながら選択肢を増やしてくれるので面白くしてくれていると思います。ただ(終了時指輪を全部のコマにつけていれば)ある程度の点数を全員が取れるようになっており、何回遊んでも同じような展開になりやすいのがちょっと残念かなと思いました
resize2463.jpg
ゲーム終了時の様子 私 40点 不子 43点 よっちゃん 40点 マロン 51点でマロンの勝ち
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/171-6a3ce7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。