プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
サンタクルーズ Santa Cruz
resize2480.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45分 対象年齢 8歳~
サンタクルーズの島で建設したり資源を集めたりして得点を稼ぐゲームです
resize2485.jpg
ゲームボードです。 見にくいですが島には赤、黄、青の枠が書いてあるので、最初タイルを色ごとにわけてよく混ぜその場所に裏向きに配置していきます。そして青のタイルだけを全て表向きにします
resize2482.jpg
最初各プレイヤーは写真のような3種類(灯台 教会 家)の建物を受け取ります
resize2484.jpg
ゲームではこんな感じでタイルの上に置いていきます。それぞれのタイルには3種類の建物のどれかが書いてあるのでその建物を置きます そうする事によってタイルに書かれている数字分の得点(勝利点)を得る事ができます
建物を置いたらそこに道や川で隣接しているタイルを全て表向きにします
resize2483.jpg
タイルによっては資材やチップの書かれた物もありここに置いた場合は資材の場合はその資材を得た事になります(上の写真例だと木を得た事に) チップの場合は場から1枚貰うことができ、これには1~3点のいずれかが書かれておりゲーム終了時その分の得点が入ります
※建物が置いてある場所には他のプレイヤーが建てる事はできないのですが(早い者勝ち)、手番が最後のプレイヤーのみ1ラウンドに1度だけ既に置かれている場所にも置く事ができます
resize2481.jpg
じゃあどうやって建物を置いていくの?という話なのですが最初プレイヤーにはこのような4種類の建設カード7枚が配られます 7枚のカード内訳はプレイヤー毎にそれぞれ違っており最初順番にどのセットにするか選びます
写真左上は道カード これを出すことによって既に自分が建物を置いている場所から道で繋がっている隣のタイルに建物を置く事ができます
その隣は川カード これを出すと既に自分が建物を置いてある川においてその川上にある場所ならどこでも建物を置く事ができます
下段左は船カード これを出すと海岸沿いのタイル(青いタイル)に置く事ができます
下段右はダブルカード これを使う事によって上の3種類のうちどれかのカードとして2回連続建物を建てることができます
注意なのは2回とも同じ種類のカードとしてしか使えないという事です。 船カード→道カードのようなのは×
resize2487.jpg
これは得点カード このカードも最初各プレイヤーに配られます(枚数はプレイ人数により異なる)
これを出すことによってその条件を満たしていた場合に得点が入ったり減ったりします。これに関しては手番のプレイヤー以外も影響します(重要)
上の写真だと左上はひつじと魚を持っていれば7点、片一方しか持っていなければ3点 その横は青いタイルに置いてある建物1つ毎に3点 下段左は3種類の建物が1つ以上建ててあれば6点 右下は赤いタイルに置いてある建物1つ毎に-2点という事を表しています。
手番では手札から建設カードか得点カード1枚を選び手元に出しその行動を行います(パスはできません)
これを繰りかえしていって全員の手札が無くなったら1ラウンド目終了です
そうしたらボード上に置かれた建物全てをそれぞれ自分の手元に戻します。捲られたタイルは表向きのままで取ったチップも手元に置いておきます。そして今現在一番得点の低いプレイヤーから誰か(自分含む)1人を選び、その人の手元にあるカード全て(1ウンド目で使ったカード)を取り手札とします。これを全員が行った後 得点カードを山札から1枚ずつ配り、その後全員1枚ずつ裏向きのまま捨てます。
そして同じように行っていきます。 やる事は1ラウンド目と同じですが、ボード上のタイルのほとんどは表向きで見えていますし、各プレイヤーの手札もほとんど(建物カード1枚以外)分かっているのでプレイ感はだいぶ変わります
2ラウンド目が終わったら手元のチップの含め全て計算して合計得点の一番高い人が勝者です

感想

resize2486.jpg
私(黄) ゆーじ(青) 雷(赤)の3人プレイ時の様子

やってみるとすぐ分かる事なのですがファミリーなど比較的ボードゲーム慣れしていない人でも楽しめるゲームだと思います 得点カードに関しては自分だけ得点を得るのは難しいし、例え達成したとしてもその手番は建物を置けないので他の人の出した得点カードで点が取れなくてみたいな感じで、得点にあまり差がでなくて最後まで誰が勝つか分からない楽しい展開になる事が多いです。必ず全ての手札を使わなければいけないのでいつ得点カードを使うかが悩み所
2ラウンド目になるとほとんど全ての情報が分かっているので考える事なども変わり別ゲーのような感覚になります
2人用でもゲームの良さが十分に出て良いゲームですが、建物の取り合い(といってもキツキツという感じではない)があったりする3~4人で遊ぶとよりいっそう楽しめると思います

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/173-8c6afcac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)