プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
クークック Zum Kuhkuck
resize2564.jpg
プレイ人数 2人 プレイ時間 15分 対象年齢 8歳~
感電しないようにカードを集めるゲームです
resize2563.jpg
このような6種類のカードがあります 右下が問題となる感電カードで(全59枚中)5枚あります
最初これらのカードを全部よく切って裏向きで場中央に置きます
手番ではカードを1枚取って手札に加える これだけです。そうしたら相手の手番になります
ただし感電カードを引いてしまった場合は手札全てを捨てなければなりません
こんな感じで手番を繰り返して行くわけですが手札が5枚以上ある場合には手番時にカードを引く以外に手札全てを得点化するといった選択肢が増えます。得点化した時に入る点数ですが
resize2562.jpg
この表の通りになります。10枚を得点化なら15点 16枚なら34点といった感じです
更に得点化したカードの中から1色を選びその色のカード1枚につき2点追加されます
resize2561.jpg
(例)このような手札を得点化したとすると8枚なので9点が入ります さらに1色選ぶので青にしました 3枚あるので2×3で6点計15点が入ります 得点用紙のその色の場所に合計得点を書き手札を捨て札にします
resize2560.jpg
こんな感じに
ゲームを続けていって山札の残りが2枚になった場合には捨て札全てを混ぜよく切りまた山札とします
どちらかのプレイヤーが5色全てで得点計算をしたらゲームが終了します。
得点用紙を見てお互いのプレイヤーが得点化した色に関しては、その得点が大きい方が10点のボーナスを受け取ることができます。 その場合その色の白丸の部分に10と書きます
resize2559.jpg
ゲーム終了時の得点例
合計得点の高い人が勝者です

感想

resize2565.jpg
ゆーじと対戦時の様子
坊主捲り系のゲームで運の要素がかなり強いです ルール説明の際 感電カードが5枚あるというのはちゃんと伝えておきたい所 これにより「山札の枚数少ないのにまだ全然出てなくて4枚残っているから危険度が高い」とか「5枚全部出たから山札が無くなるまで安全に引ける」などそういった事が分かるからです
10点のボーナスがかなりでかいので 先に得点化したくはないのですが溜めすぎると電気で全部パアになるので序盤はいつするかが悩み所 中盤以降は相手よりも得点を取りボーナスを狙うといった感じになるのでいつ得点化するかの目安が立ちやすく良い感じです 5枚とか少ない枚数で得点化する事はめったになく、最後早くゲームを終了させて勝ちを確定させる時ぐらいでしょうか
resize2566.jpg
私 85点 ゆーじ 91点でゆーじの勝ち
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/180-b9aa1d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)