プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレスコ FRESCO
resize2654.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60~90分 対象年齢 10歳~
resize2653.jpg
ゲームボードです 中央にあるのが大聖堂のフレスコ画
resize2652.jpg
最初フレスコ画は写真のようにタイルで覆われてしまっています。これを修復していく(タイルを取る)のが目的でタイルに書いてある数字が修復した時にもらえる得点(勝利点)でその下には色のついた四角の物が描かれていますがこれはこのタイルを修復するために必要な顔料を表しています
このゲームでは顔料は6種類 赤、青、黄、橙、緑、紫とあり後者の3つは上級色で赤青黄と比べるとちょっと集めるのに苦労します。写真を見てもらうと分かりますが上級色を必要とするタイルの方が修復した時に貰える点がでかいです
resize2651.jpg
ラウンドの流れとしてはまず最初に起床時間を決めます。決める順番に関しては得点(勝利点)の少ないプレイヤーから選び起きたい時間の場所に自分の画家コマを置いていきます。他のプレイヤーと同じ場所(時間)に置く事はできません
早く起きた人ほどこのラウンドのこれ以降の行動すべてに対して先に行動する事ができます ただし早起きさせればさせるほど弟子達の機嫌が悪くなってしまいます 時間の横に書いてある数字が機嫌の下がる数値を表しています
その横に書いてある数字は塗料を買う時にかかる値段です。早起きした場合には先に買いに行くお店を選べるのですが値段が高くなります
resize2650.jpg
各自の起床時間が決まったら写真のような機嫌を表すトラックがあるので下がる場合にはそのマス数分自分の画家コマを下に、上がる場合はその数だけ上にあげます
resize2656.jpg
各プレイヤーはこのような弟子を5人持っていてこれらをこき使い色々な事をするのですが機嫌を表すトラックに置いて-1と書かれた所まで下がってしまうと1人逃げてしまいます。(写真例では黄色のプレイヤーが該当します)逆に+1の所まで行くと1人増えて6人になります 増減した場合でも±1の場所から移動すれば元の5人に戻ります
resize2642.jpg
その後に各自写真のような配られたアクションシートの実行したいアクションに自分の弟子を考え配置していきます。
1つのアクションには最大3人までの弟子を置くことができます。置いた数だけそのアクションの実行が可能です なおこの弟子を置くときには衝立で隠し他のプレイヤーに見えないように置いていきます。全員が出来たら衝立をあけて公開します
アクションは5種類あり左から市場(買い物) 大聖堂(フレスコ画の修復) アトリエ 調合 劇場となっています。
この順にアクションを行っていくのですがそれぞれのアクションでは全て早く起きた人から順番に処理していきます
市場
resize2659.jpg
写真にあるお店のうち1つ(だけ)に行く事ができます。行ったお店では置いた弟子1人につきタイル1枚を購入することができます。1枚の値段は上述の通り起きた時間で変わります。お金を払ったらそのタイルに書いてある顔料を受け取り手元に置きタイルは捨て札にします 誰かが行った店は買い物をした後まだタイルが残っていても閉店になるので他のプレイヤーは行くことができません。なので遅く起きた人は安く買うことはできますが行ける店が限られてしまいます
resize2641.jpg
(例)黄プレイヤーは5時起きをしたので一番最初に買い物に行けます。弟子を3人置いたのでタイルを3枚まで買うことができ、お金を12払い写真のタイルを買いその顔料を手に入れました
大聖堂
resize2640.jpg
弟子1人つき1枚必要な顔料を払い修復することができます。聖堂には大司教コマというのがありこれが乗っているマスを修復した場合には得点が+3点 縦横斜めで隣接している場所を修復した場合には+2点入ります なおお金を1払うことによって大司教を1マスだけ移動することができ、移動後に修復すればボーナスを得やすくなります。修復した後は大司教コマはその場所に移動します
resize2643.jpg
(例)黄プレイヤーは弟子を1人置いたので1枚修復する事が可能です。大司教コマのボーナスが欲しかったのでお金を1と必要な顔料を払い修復します。その結果7+3で計10点を得ることができました
resize2639.jpg
修復したタイルは自分の手元に裏にして置いておきます。裏にはお金が書いてあり毎ラウンド終了時にこの枚数分のお金を受け取ることができます。
resize2658.jpg
また大聖堂ではタイルではなく祭壇の修復をする事もできます。写真に書かれた顔料を支払うことで得点が入るのですが修復と違い得点は低いしタイルも貰えないので損なのですが、終盤になると修復できるタイルが無くなってくるのでこれを選ぶ機会も出てきます。
アトリエ
置いた弟子1人につきお金を3得ることができます
調合
resize2660.jpg
写真のような表に従って手元にある顔料を使い上級色を作ることができます。弟子1人につき2回まで可能
※紫は市場で買う事ができないので調合でしか手に入れることはできません
resize2657.jpg
(例)これを調合して
resize2638.jpg
作ります
劇場
置いた弟子1人につき機嫌を+2することができます

全てのアクションを実行したらそのラウンド終了で同じように次のラウンドに入っていきます
これを繰り返していってラウンド開始時にまだ修復していないタイルの枚数が6枚以下になったら最終ラウンドになります
resize2645.jpg
最終ラウンドも同じように行っていくのですが唯一違うのはアクションシートの裏側を使うという事です。裏側では劇場の代わりに大聖堂に2回(最高で弟子6人)行くことが可能になります。
最終ラウンドが終わったら最後持っているお金2につき得点が1入ります 合計得点の一番高いプレイヤーが勝者です

このゲームでは拡張セットが3つほど入っています。これらを加えて遊ぶことも可能です
拡張1
resize2655.jpg
このようなカードが毎ラウンド2枚並べられます。これはアトリエのアクションを行った時にお金を3得る代わりにこのカード1枚を取ることが可能です。ただし同じラウンドで1人のプレイヤーが2枚取るのは不可
カードには永続効果(∞)の物と即座に効果が発動して捨て札になる物と2つの種類があります 写真例ですと左はこれ以降劇場にいった時に弟子1人につき3機嫌が上がるようになります 右は得点4と紫の顔料1つを得ることができます。
またこのカードの山札が尽きたらまだ修復タイルが7枚以上残っていても最終ラウンドに入ります
拡張2
resize2649.jpg
調合のアクションを行った時に写真のタイルを取ることが可能です。ただし取るにはタイル上部に書かれた色の修復タイル(タイル裏側に書かれている色)3枚が必要でこれを使います
resize2648.jpg
こんな感じで修復タイルの裏に書かれた橙の物が3枚あるのでこれを使用して取ることができます
取った場合即座にそのタイルに書かれている得点を得ることができます。そうしたら今タイルを手に入れるのに使ったタイル3枚を重ねてその上に手に入れたタイルを裏向きにして重ねます
resize2646.jpg
こんな感じに この重なった物は毎ターンの収入1貰える事になります。要は収入が3→1に減ってしまいますが得点を得たという事ですね。
この追加タイルは同じ種類の物が何枚もありますが後から取るほど点数が減ってしまいます(写真参照)
拡張3
顔料が2色(桃と茶)追加され それに伴い大聖堂の修復タイルが7枚 桃か茶の顔料を必要とする物に置き換わります
resize2644.jpg
上級色を使った調合でのみ作ることが可能で これらを使ったタイルを修復した場合高い得点を得ることができます

感想

resize2663.jpg
私(青) 不子(緑) よっちゃん(赤) マロン(黄) 4人プレイ時の様子
一見複雑そうに見えますが得点源はタイルの修復がほとんどなのでそれをする為に買い物して顔料を揃えると考えれば難しくなく 1時間前後のゲームとしてはかなり入りやすいかなと思います。 弟子の機嫌を気にしたり調合の組み合わせなど戦略的に考えることもありとても楽しゲームですね。ただ起床時間については序盤は早く起きることにあまりメリットがないのがちょっと気になってしまう というのも市場で良い顔料タイル(緑、橙や3つあるもの)が1つの店に固まる時はいいのですが出るタイルは枚数が少なくほぼ固定なのでだいたいがある程度ばらけてしまうんですね。なので起きるのが2~3番目でもよいタイルが1枚ぐらいは買えることが多くそれゆえそこまで早く起きる必要があるのかなと 修復も枚数あるので先こされてもあまり気にならない ただ終盤は修復タイルの枚数が減ってきて取り合いになるので5時起きとかも普通にでてきます
拡張に関しては少しながら先に起きる利点が増えるので入れた方が良さそうな感じですね。特に複雑になる感じでもないのでゲーマー同士なら初プレイでも入れちゃって大丈夫そう 考えることも少し増えて良
中級(?)としてはとっつきやすくみんなで楽しめるのでゲーム会では常に置いておきたい、そう感じるゲームです
resize2661.jpg
ゲーム終了時の様子 私 71点 よっちゃん 64点 マロン 55点 不子 54点

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/187-90277f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。