プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ウルビオン 拡張 ちからの書 大広場とメタス
ウルビオンには基本セットと一緒に、ちからの書と大広場とメタスという拡張セットが2つ入っています。

ちからの書

基本セットで使うカードの他に8枚のちからの書というカードを使用します。
urb12.jpg
一番左上がカードの裏です。
ゲームの準備としてまず最初にこの8枚のカードを裏にしてよく切り2枚は表も見ずに箱にしまいます。
その後、好きな枚数だけちからの書カードを取り取らなかったちからの書カードは箱にしまいます。
箱に戻したカードはこのゲームでは使いません。
取ったちからの書カードは表向きにして 自分の手札(夢カード)の横に置いておきます。
その後、めくったちからカード1枚につき2枚の夢カードをめくり+のカードと-のカードをすべて捨て札にします。
混沌カードが出た場合には山札に混ぜてよくシャッフルします。
後は基本ゲームと同じように準備をして始めます。

ゲーム中に自分の手札のカード(夢カード)を1枚捨てた場合には
(1)交換
(2)均衡の確立
と2種類のどちらかの行動をする事ができると基本ルールではなっていましたが、この拡張ですともう1つの選択肢として
(3)持っているちからの書カード1枚を使う
という選択肢が増えます。

ちからのカードを使った場合そのカードに書かれている効果が出ます
効果について

・飛ぶインキュバイの書(写真上段左から2番目)
街カードの横に置かれたいずれか1枚の-カードを別の街に移動させる事ができます。 ただし+側には移動させられませんし、既に街カードの右側(-側)に3枚置かれている場所には置く事はできません。 混沌カードは移動させる事はできません。

・飛ぶソニアの書(写真上段左から3番目)
街カードの横に置かれたいずれか1枚の+カードを別の街に移動させる事ができます。 ただし-側には移動させられませんし、既に街カードの左側(+側)に3枚置かれて居る場所には置く事はできません。 混沌カードは移動させる事はできません。

・みえざるインキュバイの書(写真上段右)
既に街カードの横に置いてある-カード1枚を捨て札にする事ができます。 混沌カードを捨てることはできません。

・みえざるソニアの書(写真左下)
既に街カードの横に置いてある+カード1枚を捨て札にする事ができます。 混沌カードを捨てることはできません。

・アゴラフィリアの書(写真下段左から2番目)
なにも置かれていない街カード(+と-側どちらにも1枚もカードが置かれていない街カード)を取得する事ができます。

・愉悦たる均衡の書(写真下段左から3番目)
基本ルールの均衡の確立と同じ処理をします。ただし街カード4枚を同時に獲得した場合にはボーナスで更に+1枚街カードが取得できますが、このちからの書の効果により更にもう一枚(つまり2枚追加で)獲得する事ができます。

・よげんの書(写真下段右)
このちからの書だけ2枚あります(他のちからの書は各1枚ずつ)
夢カードの山から2枚めくり、好きな順番で山の上に戻せます。
もしプレイヤーが2枚のよげんの書を持っていた場合その効果は累積をします。
つまり4枚の夢カードをめくり好きな順番に並べ替える事ができます。

ちからの書カードは使ってもなくなりません。1枚の捨て札に対し1枚のカードを1回しか使う事ができませんが、また夢カードを捨てる事によってまた使う事ができます。

2人用ゲームの場合、どちらのプレイヤーもちからの書の能力を使用できます。
使用できるカードは勢力カードによって左右されません。

またこのルールでも物足りない人用のルールとして めくったちからの書カード1枚につき、2枚ではなく3~5枚の夢カードを捨て札にする。という遊び方もできます。


・大広場とメタス

基本セットに追加するカードですが
urb13.jpg
大広場カードです。全部で4枚あり裏側(写真左)は街カードと一緒で、同じ街カードとして元々の12枚に混ぜてゲーム中は使用します。 すなわちこの拡張ルールだと勝利するためには通常の街カード12枚に加えこの4枚の大広場カードも獲得しなければなりません。 大広場カードには属性アイコンが4種類全部ついており、どの夢カードも横に置く事ができます。

urb14.jpg
これはメタスカードといい夢カードとみなします。メタスカードは全部で8枚あり、街の横に置く場合+のカードとして置くか-のカードとして置くか好きに選ぶ事ができます。ただし通常のルールに従い+カードとして置く時は街カードの右側に-カードとして置く時は街カードの左側に置くようにします。
特殊な場合として最初の準備で街カードの横に2枚置く時に1枚がメタスカードだった場合はもう一枚と同じ側に置かなければなりません。 メタスカードが2枚出てしまった場合も両方を同じ側に置かないといけません。

2人用の場合はプレイヤーはメタスカードをそれぞれの勢力側にしか置く事ができません。
それ以外は通常のゲーム通りに行います。

感想

この拡張は料理で例えるならば砂糖や塩などの香辛料を多めにかけた感じで実際に食べてみると「味がちょっと変わったかな?」と感じるか(基本ルールと比べ)微妙なぐらいの違い(追加)しかない気がします。
とはいえ少し雰囲気が変わるのも間違いないし、基本ルールを数遊んだ後は是非とも入れて遊んで欲しい所。
拡張が最初から入っているのも実に親切だと思います。
どちらかといったらちからの書の方が毎回違うカードが出るので楽しめるかな
評価は変わらず
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/19-9255fcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)