プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
葉っぱでかくれんぼ RUMPEL RIESEN
resize2712.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 15~20分 対象年齢 5歳~
巨人を起こさないように葉っぱをどかして妖精を見つけ出し助けるゲームです
resize2711.jpg
このゲームでは箱も使用します こんな感じで窪みにゲーム台を嵌め
resize2710.jpg
ボードを乗せ穴の部分に妖精チップを嵌めこみます
resize2709.jpg
1人1人色や形が微妙に違っています
resize2708.jpg
この上に葉っぱを乗せ妖精を見えなくします。そうしたら最後巨人コマを4隅に置いて準備完了
resize2707.jpg
探索カード ゲームではここに描かれている妖精を探します
resize2713.jpg
探し方は妖精の杖を使って葉っぱを動かして妖精を見つけ出します 砂時計の砂が落ち切ってしまったり(時間切れ)、葉っぱがボード外に落ちてしまったり、巨人コマが倒れてしまったりしたら失敗です
これがルールなのですが個別プレイ、協力プレイと2種類の遊び方があって 個別プレイの場合は手番時に探索カードを1枚捲り上述のように探して見つかったらそのカードを貰う、失敗ならそのカードを捨てて次の人の番に すべてのカードが無くなったら一番多くの枚数を持っている人が勝ち 協力プレイの場合は1枚捲って全員で探し出します。見つけられたらそのカードがもらえます。同じようにカードが無くなるまで繰り返して8枚以上見つけられれば勝ちです
※難しくしたい場合には巨人を1対真ん中に置いて残り3体はそれを囲むように置く事が奨励されています

感想

resize2714.jpg
私 不子 よっちゃん 3人プレイ時の様子

キッズゲームにしてはけっこう巨人コマが敏感で、ちょっと強めに葉っぱをかき分けるとすぐ倒れてしまいます。後、砂時計の時間が短めなので1~2人しか妖精を見つけられないうえに似ている妖精が多いので見つけたと勘違いしやすく年齢にもよると思いますけど小さい子供では全然カード取れなくて怒ってしまうのでは?と感じました。乱暴にやってしまうとすぐに葉っぱがボード下に落ちてしまうので 最初子供と遊ぶ場合は巨人など入れずに時間関係なく葉っぱずらして妖精を見つけるという遊び方がいいかもしれませんね 大人目線だと見た目鮮やかだし巨人コマも立派だし葉っぱが沢山あって実際に葉っぱをかき分けてる感じがするので探している時に楽しく感じられました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/191-bb0478d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)