プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ドレトルダイス Take it or Leave it
resize2745.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分前後 対象年齢 8歳~
指定されたカードの条件を達成できるようにダイスを取っていくゲームです
resize2743.jpg
各ラウンドの最初にスタートプレイヤーの人が写真のような白黒赤のダイスを振ります(何個振るかはプレイ人数によって異なる 写真は4人プレイ時の例) ちなみにこのダイストレイもこのゲームにはついてきます 沢山のダイスを振るゲームだけあってトレイが大きく使いやすく非常に良い!
振った後 スタートプレイヤーから順番に手番を行っていくわけですが 手番では
・ダイストレイから1つダイスを取り目を変えずに手元に置く
・パスする

どちらかを選びます。選んだら次の人の番へと手番が回っていくわけですが、一度パスをしてしまった人はもうこのラウンドでは手番が回ってきません 全員がパスしたらドレトルフェイズが終了します
じゃあ手番ではどんなダイスを取ればいいの?という事なのですが
最初各プレイヤーには
resize2742.jpg
写真のようなミッションカードという物が4枚ずつ配られます。これを他の人に見せないように持ち このカードを達成できるようなダイスを取るようにします
カードの絵には達成するのに必要なダイスが、4隅には達成した時に貰える得点(勝利点)が書かれています。
例えば写真上段真ん中は 目は何でもいいから黒ダイス1つと白ダイス2つを取れ その右は黒2と白3 後白黒どちらでもいいので4が1つ必要といった意味です 下段左は白黒混ざっていいので目の合計が16ちょうどになるように
下段右は白のダイス3の目の合計が7未満になるように などといった事を表しています。
ドレトルフェイズが終わったら獲得したダイスで達成できるミッションカードを公開してダイスを割り当てるわけですが、1つのダイスを複数のカードに割り当てることはできません。赤いダイスは白黒どちらとしてでも使う事ができますが、使う場合1つにつき-1点になります。また獲得したダイスで使用できなかったものに関しては1つにつき-1点で赤ダイスだった場合には1つにつき-2点となります。-の数が分かるようにその数だけチップを受け取ります 獲得したカードは重ねて手元の脇に置いておきます 達成できなかったミッションカードは1枚だけを捨て札にし残りはそのまま手札として残します
resize2740.jpg
(例) 8個のダイスを獲得してドレトルフェイズが終了しました 割り当てることにより2枚のカード(4+3で7点)を獲得することができました。 2個のダイスは使う事ができなかったので-2点 赤いダイスを1つ使ったので-1点 計-3点なのでチップを3枚受け取ります。
アクションカード
resize2741.jpg
ゲームの最初に各プレイヤーはミッションカード4枚だけでなく写真のようなアクションカードも1枚配られます
これは手番の時に使う事ができ(使い捨て) それによりトレイに入っているダイスの目を変えたり振り直したりする事ができます

全員の得点計算が終わったらそれぞれにミッションカードが4枚 アクションカードが1枚になるようにカードを配りスタートプレイヤーが隣に移りまた同じように繰り返します。これをプレイ人数毎に決められただけのラウンド行い 最後獲得したミッションカードの合計値から取ってしまったチップの数を引き1番得点の高い人が勝者です

感想

resize2744.jpg
私 不子 よっちゃん 3人プレイの様子
まず開けて立派なダイストレイにビックリです。プラスチックで出来ていて、振った時にちょっと大きめの音が出ますが出来がよく他のゲームでも使えるのは間違いないのでとても嬉しい
ゲーム自体は非常にシンプルです。取るダイスに関しては複数のミッションカードで必要なダイス色、目で(1枚にしか使えないのだが他に取るダイスのフォローが効きやすいので) かつ同じ数字の物がないような物を取るのが理想だが、揃えようと思っていたものが次の手番で残っているかの保証もないのでなかなかうまくいかない。アクションカードは使ってしまえば次のラウンドでまた補充されるので使用した方が明らかに得です。
目がどうしようもないと早めにパスせざるを得なくなるのですがそうすると他の人が大量にダイスを取りまくり高得点を取られる可能性も出てくるので 目は関係なく白ダイス1つと黒ダイス2なら何でもいいみたいな得点の低いミッションカードも重要です
全体的に運の要素が強いゲームという印象ですが1人、1人が毎回手番でダイスを振るわけではないのでプレイ人数が増えてもプレイ時間が伸びたりもほとんどなく快適に遊べるゲームです
上の写真の勝負の方は 不子 62点 私 55点 よっちゃん 41点で不子の勝ち
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/194-b6310a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)