プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
わかった! 
resize2783.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 5分 対象年齢 10歳~
resize2786.jpg
これはお題カードという物で4色の丸が描かれています。裏には数字が書いてありこれはこのカードを獲得した時に貰える点数です。点数の高いお題カードほど難しくなっています
これらをよくきり山札にして1枚を場中央に表にします
resize2782.jpg
各プレイヤーにはこのような4枚の透明カードが配られるのでこの4枚をうまく重ねてお題カードと同じになる事を目指します
resize2784.jpg
解けるとこんな感じ
解けたらそのプレイヤーがそのカードを取り書かれているだけの得点を得る事ができます。これを繰り返して誰かが9点以上を取ったらゲーム終了でそのプレイヤーが勝者です

感想

resize2785.jpg
私、不子 2人プレイ時の様子
ルール説明が1分で終わるのですぐに開始する事が出来るのですが、いざやってみると全然解けない タイトルに反してわかんねぇよと言ってしまいたくなる(笑)
時間をかけてじっくりやれば解けはするのですが、数うちゃ当たるというやり方しかできずコツというかそういった要素が私達にはさっぱり分かりませんでした
不子いわく「いろんなパターンを1つずつあてていって解くゲームじゃないの?」という事だったのですが、じっくりよりささっとやりたいタイプなので私には正直あまり合わないかな~と感じました ある程度やって出来ないと「次の問題行こう」と思ってしまう^^; ルールに時間制限とかあったら良かったと思うのですが
こういったパズルが得意な方だとすぐに解けてしまう物なのかそれとも不子が言うようにじっくり時間かけて解いていくものなのか気になります geekだとプレイ時間が5分になっているので前者なのかな?
うまく解けた時には面白いと感じるので、好きな人には何度もやりたくなるゲームなのではないでしょうか。
今現在もオン・ザ・ドットというタイトルで売られているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/197-2c992ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)