プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
同じゲームを何度も遊ぶ
私は自分もそうだし身近にボードゲームを買っている人が居るので色々なゲームを遊ばせて貰っています
こういった環境ですと沢山のゲームがありどのゲームもやりたい為に、一つのゲームにかけられる時間が少なくなり、この結果1~2回しか遊んだ事のないゲームというのが大量に出てきてしまいます。それゆえそのゲームの評価はその1プレイで完全に決めがち よく妻に「せっかく買ったゲームなんだし何度も遊ばなきゃもったいないじゃん 1回じゃゲームの全てなんて分からないでしょ やっとルール覚えたのに も一回!」と言われるのですがまったくもってその通りだと思うわけで なので初プレイした(させてもらった)ゲームに関しては悪い所は見ずに良い所を(無くても強引に探す)見るようにしています。こうする事によって例えば風呂など別の時に、あのアクションを使えば~が一気に取れて得点稼げそう」とか色々思いうかんできてまたやりたいと思えてくるからです。後、初プレイの勝負の結果がそのまんまゲームの評価に影響してしまう事もあると思うんです。例えば5人プレイであるゲームをやっていて他の4人は接戦でいい勝負 自分だけ遅れていて「たまたま」カード運も悪くどうしようもない こういった展開になると「つまんなかったもうこのゲームはやらなくていい」と感じてしまいがち この時も時間が経った時に勝負を振り返るとこうしとけば一方的な展開にはならないんじゃないか?とか思えてまたやってもいいかなと感じる時があるかもしれません
同じゲームを何度も行った場合最初つまらなかったけどやりこんだら分かってきて凄く面白くなったという事を何度も経験しているのでやはり1回で止めるのは勿体無いと個人的には思います 逆に10回ぐらい遊んで面白さが分からなかったら私はもうこのゲームはいいかなという感じですね
ただ1回でゲームの本質がだいたい分かるもしくは十分という人も居ますし、色んなゲームをやりたいとか積みゲーが多すぎて理論上無理(他にやりたいゲームが多すぎる)、ゲームをやる時間があまりない、とか色々な考え、環境、の人が居ます
そもそも無理に良いとこなんて探す必要なんてないじゃんというのも最もな話ですし、あのつまらんゲームなんて2度と考えたくもやりたくもないという人も少なくないと思います。
あくまでもこういった考え方もあるという感じで受け取ってもらえればと思います。
ちなみに私自身がプレイ回数の多いボードゲームを挙げてみると
バトルラインがたぶん300回オーバーで一番多く サンスーシーも去年だけでおそらく200回近くやっています。コロレットやペンギンパーティーもたぶん200回越え指輪対決も150回以上 ケルトダイス、サフラニート、ぴっぐテン、ベガス辺りは100回前後、妻が重ゲー苦手なので環境上軽ゲーや2人ゲーが増えますね 後はある程度時間のかかるゲームでいうとチケットトゥライドシリーズ、ストーンエイジ、東海道辺りは100回~ 村の人生、グラスロード辺りは50回前後 
2時間ゲーでやり込みたいゲームがありますが時間や出来る人が身近に少ないのを考えると難しい。やっぱ環境って大事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/199-5d052323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)