プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ディヴィナーレ DIVINARE
resize2875.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 13歳~
resize2871.jpg
このゲームで使う4種類のカードで、カード上部に書かれているように肌色カードは6枚、青カードは8枚、緑カードは10枚、黄色カードは12枚(全36枚)あり これらを全てを混ぜてよくきり、12枚を表を見ずに除外します。残り24枚のうち各種類のカードが何枚ずつあるかを当てる推理ゲームです
まず最初に24枚のカードを全員に配りきります
resize2870.jpg
配られた手札を見た後で各自プレイ人数に応じた枚数のカードを手札から選び右隣の人に渡します
(例)4人プレイの場合は上の写真のように手札6枚のうち3枚を隣に渡します。これにより各プレイヤーは最初から9枚のカードについて知っている事になります 手札はゲーム中に出していくのですが、全員の手札が残り4枚なったら2枚を隣に、2枚になったら1枚を隣にと同じようにやっていきます
resize2872.jpg
場中央に4枚のボードを置き 各プレイヤーは自分のキャラクターを決めそのキャラクターのトークンを全てのボード中央上の場所に1つずつ置きます 4種類のボードは同じ色のカードに対応しており手番では
手札からカードを1枚出しそのカードの色と同じ場所のボードの横に置き(それぞれのカードが何枚出ているか分かるようにする為)そのボード上に乗っている自分のトークンを同じボード上の違う場所へ移動させなければなりません 移動場所は中央上の場所か数字の書いてある場所で 数字の書いてある場所へ移動する場合はこの種類のカードが何枚あるかを考えその枚数だと思う場所へ移動します。ただし既に他のプレイヤーのトークンが置いてある場所には移動する事ができません ボード中央上に行く場合には他のプレイヤーのトークンがあっても可能です。
resize2874.jpg
(例)緑のカードを出したので緑のボード上の自分のトークンを移動します。緑のカードは7枚ぐらいあるのかなと思い7の場所へ移動しました
※序盤は何枚あるかは全然分からないと思いますが、その種類のカードを出すたびに移動できる(しなければならない)ので置く場所はそんなに気にしないで大丈夫です
全員の手札が無くなったら得点計算に入ります。それぞれのボードを見てその種類のカードの出された枚数をピッタリ当てた人には3点が、隣り合っている場所に置いた人は1点が入ります それ以外の数字の場所に置いてしまった人は-1点になります。数字の場所によっては○や●の書かれた場所がありますが、○の場所で当てたか隣り合っていた場合には得点が1点追加されます。この場所で外した場合には更に-1点になります ●の場所では当てたか隣り合ってた場合には2点追加 外した場合には更に-2点になります ボード中央上にトークンが置いてあった場合には得点は入りませんが-になる事もないので当てる自信がない場合にはここに置くという選択肢もあります
これを4ラウンド繰り返して最も得点の高いプレイヤーが勝者です

感想

resize2873.jpg
私、不子、よっちゃん、マロン 4人プレイ時の様子
カードを出していく事によって徐々にカードの枚数が明らかになっていく 得点計算もシンプルだしとっつきやすい推理ゲームだと思います。カードを出した場合移動しなければいけないので動きたくない終盤などには苦しむ時も ドラフトルールで一部のカードを渡すというのも推理しやすくなるし要らない(自分で出したくない)カードを流せるしと機能していると思います。個人的に気になったのは序盤が少しだらけてしまうかな~と プレイ2~4人と全ての人数で遊びましたが、何人でも楽しめました
勝負のほうは私 10 不子 16 よっちゃん 10 マロン 6 で不子の勝ち!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/206-74b58ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)