プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル・オア・ナッシング Double or Nothing
resize2955.jpg
プレイ人数 3~6人 プレイ時間 10~20分 対象年齢 10歳~
カードをめくるか降りるかの2択で悩むバースト系のゲームです
resize2956.jpg
これがゲームで使うカードでトランプでお馴染みの4つのスートいずれかの書かれたカードが59枚 3~7のいずれかの数字が書かれたボーナスカードが7枚 計66枚あります
※スートのついたカードには4種類全てが書かれているものや1種類しか書かれていないものなどがあります
このカード全てを良く混ぜ全員に3枚ずつ配り手札とし残りは山札として場中央に置きます
※この時にボーナスカードが配られてしまった場合には配りなおして3枚全てがスートの書かれているカードになるようにします
手番では
①山札から1枚捲るもしくは手札から1枚だし(あれば)表になっているカードの右に並べる
②得点を貰いこのラウンドから抜ける

どちらかを選択します
resize2959.jpg
①の場合はこんな感じでカードが置かれていきます。ただし捲ったカードは何でも置けるわけではなく 1つでもいいので最初から最後まで続いているスートがあればOK
上の写真例ですと手番のプレイヤーが山札から捲った所ハートが2つ書かれたカードでしたがハートが最初から最後まで繋がっているのでOK これで手番終了で次の人の番になります
山札から捲らず手札から出す場合にはスートが繋がる物を出すと思うので安全ですが、このゲームではゲーム終了まで手札が補充される事はないのでいつ使うかが重要です
resize2953.jpg
山札から捲ったカードがボーナスカードだった場合には山札の左に置きます これで次の人の手番になります
・山札から捲ったカードに繋がっているスートが1つもなかった場合
resize2957.jpg
写真のような時ですね この時には手番のプレイヤーはバーストとなり1点も貰えずにこのラウンドから抜けます
今捲ったカードは捨て札になります
・2枚目(既に1枚出ている状態で)のボーナスカードが捲れてしまった場合
resize2958.jpg
この時には手番の人だけでなくまだラウンドから抜けていない他のプレイヤー全員もバースト扱いになり 場に出ているカード全てを捨て札にして次のラウンドに入ります
②得点を貰いラウンドから抜ける場合には最初から繋がっているスートの数の合計(複数のスートがある場合には該当するスート全ての合計)を出しその個数分の得点を得る事ができます もしボーナスカードが場に出ていた場合には追加でその数字分の得点が入ります そしてラウンドから抜けて次の人の手番になります
resize2953.jpg
(例)この状態で抜けた場合にはハートが4つあるので4点 4点のボーナスカードあるので追加で4点 計8点入ります
バーストしたり得点化して残っている人が1人になった場合には(強制的に)ダブル・オア・ナッシングに挑戦します 山札から2枚を引きバーストしなかった場合には得点が2倍になります
※2枚引くうち1枚は手札からでもOK 成功した場合でもボーナス得点に関しては2倍にはなりません

そして場のカード全てを捨て札にして次のラウンドに入ります
これを繰りかえしていって7枚目のボーナスカードが捲られた瞬間にゲームが終了します
一番の得点の多い人が勝者です
resize2954.jpg
ちなみにこれが得点ボード

感想

dn2.jpg
私(紫) りむをさん(赤) すづきさん(黒) いえろ~さん(黄) ぴーかんさん(緑) 5人プレイ時の様子
軽めのバーストゲームです
普通は粘るほど得点が上がっていくのですが各ラウンド序盤では複数のスートが繋がっていたのが1種類しか繋がらなくなって素点が減るなんて事もよくあります。じゃあ早く降りればいいのかというとそういうわけでもなくボーナスカードが出れば得点は上がるしみんな降りてくれてダブルオアナッシングで一気に稼ぐチャンスがくるかもしれない、しかしながらバーストのパターンが2種類あり自分の手番でなくてもバーストする可能性があり行きすぎると0点なのでいつ降りるかが悩ましい。 手札が3枚だけ最初に配られるというのもいつ使うかの考えどころありでゲームの選択肢を増やしていて良いと思います
運の要素も強いですけれども最初から最後までワクワク楽しめるゲームですね
dn1.jpg
ゲーム終了時の様子 いえろ~さんの勝ち!

評価 良良

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/213-1d727f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。