プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラスブール Strasbourg
resize3012.jpg
プレイ人数 3~5人 プレイ時間 60~90分 対象年齢 12歳~
競りをして自分の一族を市議会や街に送り込み目標の達成を目指すゲームです
resize3013.jpg
ゲームボード
resize3011.jpg
ゲームボード左下の枠に最初ランダムにラウンドボード5枚を置きます その後で2~6の数字の書かれた建物チップをランダムでラウンドボードの下の枠に1枚ずつ置きます(写真参照)
ラウンドボードは各ラウンドの流れが書いてあり各ラウンドA~Iの順に処理を行っていき 1ラウンド目は一番左のラウンドボードを2ラウンド目はその右隣のラウンドボードといいった感じで進んでいきます ラウンドボードは5枚あるので5ラウンド終了後に最後の得点計算をしてゲームが終わります
ラウンドの流れですが
resize3010.jpg
ゲームの一番最初に各プレイヤーには1~6の数字の書かれたカードが4枚ずつ(計24枚)配られます これをそれぞれがよく切り1つの山にして手元に置きます そうしたら1枚ずつ山札から捲っていき、好きな時に引くのを止めることができます(捲ったカードは他人に見えないように手札として持ちます)
※順番ではなくそれぞれのプレイヤーがこの作業を同時に行う事が奨励されています
この捲ったカードがこのラウンドで競りに使う入札カードとなります それだったら沢山のカードを捲って手札枚数を増やしたほうが有利に決まってるじゃないかと思ってしまいますが このゲーム全5ラウンドあり24枚のカードを5ラウンドで管理しなければならないのです。捲って手札としたカードはそのラウンドが終わると使用の有無に関わらず全て捨て札になってしまうので ※一部例外あり(後述)  例えば最初のラウンドで15枚手札として持ってしまうと1ラウンド目は有利ですが残りの4ラウンドを9枚でやりくりしなくてはならないのでそうとう苦しいです
カードを引くのが終わったらその引いたカードを好きなように何組かに分けます
resize3014.jpg
こんな感じに 競りで入札する場合にはこの1組を使って行い数字の合計の高い人が競り勝つ仕組みになっているので数字の合計と何組作るかを考えます 写真例なので裏向きにおいていますが
resize3015.jpg
本来はこのように他のプレイヤーに見えないように裏向きに置きます 決め終わった後はラウンド中 中の数字を確認する事はいつでもできますがカードの組を変えることはできません
全員これが出来たらそのラウンドのA~Iの順番に行っていきます A~Gのフェイズではそれぞれで競りを行う事になります 競りのルールですがスタートプレイヤーから順番に1組を表にして入札するかパスするかを選びます 入札は1順のみで、数字の大きい人がその競りでの1位という事になります 数字が同じ場合にはスタートプレイヤーに近い人から優先されます。競りによっては2位や、3位の人もアクションできるものもあるので、前の人が出した数字よりも小さい数字で入札する事は可能です そのフェイズ終了後入札に使ったカードは捨て札になるのですが 入札したのに(4位などで)なんのアクションも出来なかった人は入札に使ったカードから好きな物を1枚(だけ)選び、自分のカードの山札の一番下に戻す事ができます(戻したカードは次以降のラウンドで使えることになります) なお競りで1位になった人が次のフェイズの競りでスタートプレイヤーになります
Aフェイズ
resize3022.jpg
今現在フェイズを行っている場所にマーカーを置いておきます(写真参照)
ここでは1位と2位の人のみアクションを行う事ができます 1位の人は
resize3021.jpg
ボード中央上の市議会の貴族のマスに自分のコマを 2位の人は教会の場所に自分のコマを置きます(写真参照)
ここに置いた人はH,Iのフェイズでアクションを行う事ができます(後述)
※ほぼありえないことですが競りで全員がパスした場合はスタートプレイヤーが貴族のマスにその左隣のプレイヤーが教会のマスに置く事ができます Aの処理だけ特殊でB~Gの競りでは全員パスした場合誰も何もせずに次のフェイズに進みます
B,D,Fフェイズ
ここではその場所に書かれた商品の競りを行い3位までの人がアクションを行う事ができます ※3人プレイ時は2位まで 
resize3020.jpg
1位の人は市議会のその商品の場所に自分のコマを置く事ができます(写真例だと黒のコマ)
resize3019.jpg
そしてその商品のタイル1枚を貰う事ができます(写真だとラウンドマーカーがDの所へいってますが本来はBでこれは間違い)
resize3018.jpg
更にボード右下の街のその商品と同じ色の場所でかつまだコマの置かれていない1箇所に自分のコマを置く事ができます。ただし置くにはその場所に書かれている数字分のお金を払わなければなりません(写真参照)
2位の人はその商品のタイル1枚と街に自分のコマ1個を置く権利が得られます
3位の人はどちらか1つを行えます
C,E,Gフェイズ
このフェイズでは1位の人のみアクションを行う事ができ、手持ちの商品タイルを売る事ができます。一度に何個でも売る事ができ、タイルに書いてあるだけの数字分のお金を貰えます
resize3017.jpg
写真例だとお金を7得る事ができます
Gのフェイズだけは特殊で1位の人は売るだけではなく市議会の商品のマスに自分のコマを置く事ができます
Hフェイズ
Aのフェイズに2位(教会の場所にコマを置いたプレイヤー)の人がアクションを行う事ができ 礼拝堂コマを1つ取り街エリアイにある丸い枠の好きな場所に置く事ができます この礼拝堂コマに隣接している場所にある人コマはゲーム終了時に1つにつき+1点の得点になるので自分のコマの置いてある近くに置いたほうが良いです
resize3016.jpg
写真は青のプレイヤーが自分のコマ2つに隣接するように置いた所
Iフェイズ
Aのフェイズに1位(議会の場所にコマを置いたプレイヤー)の人がアクションを行う事ができ建物チップを取り、街エリアの空きマスに置きます 置いた場所の縦横(斜めは含まない)の隣接する場所に人コマを置いているプレイヤーは1つにつき建物チップに書いてある数字分の得点が+されるので自分のコマの置いてある場所に置いたほうが良いです
resize3029.jpg
写真は 橙のプレイヤーが自分のコマが隣接する場所に置いた所
resize3028.jpg
Iフェイズが終わったら市議会を見てそれぞれのプレイヤーは置いてある人コマの数だけ得点が入ります
そして一番人コマの多い人は特権チップという物を貰えます 同数最多の場合は該当者全員が貰えます
写真例ですと青と黒のプレイヤーに2点 緑と橙のプレイヤーは1点 青と黒のプレイヤーは特権チップを貰えます
特権チップは次のラウンド以降の競りの時に使う事が可能で、これを使うと一旦保留をする事ができ他のプレイヤーの入札やパスを見てから選ぶ事ができ有利になります 使用後は捨てます 使わずにゲーム終了時まで残しておくと1枚につき1点になります
そうしたら市議会に居る人コマをそれぞれのプレイヤーは手元に戻し(街エリアの人コマはそのまま残る)同じようにして次のラウンドに入ります
このような流れで5ラウンド行うのですが、じゃあどんな感じで人コマを置いていけばいいの?という事なのですが、ゲームの一番最初に任務カードという物が各自に5枚ずつ配られます
resize3027.jpg
これはゲーム終了時に書いてある内容を満たせば中央上に書いてある得点が貰えるというもので、失敗した場合には1枚につき-3点になります これを最初に何枚残すか見てきめます。
上の写真例ですと左上は終了時一番お金を持っていれば5点 その隣は5の建物タイルの隣に自分のコマが2つ以上置かれていれば6点 その横は外周のマスに6つ自分のコマがあれば4点 下段左は5色全部のエリアに2人以上置ければ12点 その横はどんな建物タイルでもいいので3つ以上置ければ10点 その隣は緑のエリアに3つ置ければ5点 こんな感じです 最初に選んだ目的を達成できるように競りでうまく入札をして進めていく必要があります
5ラウンド目が終了したら最後の得点計算に入ります
resize3026.jpg
上の写真は最後の得点計算のサマリー 使わなかった特権チップ1枚につき1点 達成した任務カードはその分の得点が、未達成の物は1枚につき-3点 街エリアに居るコマ1つにつき1点 礼拝堂に接しているコマ1つにつき1点 建物タイルに縦横で接しているコマはそのタイルに書かれた数字分の得点を得て 最も得点の高かったプレイヤーが勝者です

感想

resize3025.jpg
私(橙) りむをさん(黒) ランプさん(緑) たつやさん(青) 4人プレイ時開幕の様子
最初は何枚カードを引いていいんだか分からないし相場も分からないしとある程度競りゲームをやった事ある人でないと勧めにくいゲームだと思いますが 競りゲーをある程度やっている人でしたら一巡の競りだけだし落札した時の効果も数種類しかなく覚えやすくてけっこう遊びやすいと思います。最初に任務カードが配られてどうするかの方針が決まるのもいいですね。このラウンドではどうしてもあれ取りたいから枚数多くとろうとか色んな事が考えられて楽しいです
resize3024.jpg
中盤の様子
ルールを読むと意外とキツキツなゲームを想像してしまいますが 入札して何のアクションもできなかったらカードが山札に戻せたり、任務カードは達成できなくても1枚につき-3点になるだけだったりとけっこう優しいと思えるルールもあるのでそんな窮屈な感じはしませんね プレイ時間も1時間前後でそこまで長くなく、中だるみが無くて良い
ただ初プレイの時はどれぐらいの任務カードが達成できるのかが予想しづらいかな
resize3023.jpg
ゲーム終了時の様子
私 23点 りむをさん 32点 ランプさん 31点 たつやさん 44点 でたつやさんの勝ち!
私は任務カード3枚とって1枚も達成できず 2の建物タイルの隣にもう一つ置ければ2枚達成だったのですが勝負所で負けて置けなかった(涙) 

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/218-8ab9157b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。