プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラーノ島 Murano
resize3083.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60~75分 対象年齢 10歳~
島で色々なアクションをして最も多くの得点(勝利点)を稼ぐ事を目的とするゲームです
resize3079.jpg
ゲームボード ムラーノ島が描かれており島は何個かに分かれています こちらは4人用のマップで裏側は2~3人用マップで島が1つ少なくなっています
resize3072.jpg
手番に行う事ですが 島の周りには8隻の船があるのでそのうちの1隻を反時計回りに好きなだけ動かして止まった場所のアクションを行います。 ただし船は他の船の居るマスに入る事はできず当然追い越すこともできません
必ず手番では船を動かさなければならないので、元々船のある場所のアクションは出来ないのかというとそういったわけではなく1回の手番で複数の船を動かすことも可能で、その場合には最後に動かした船の止まった場所のアクションを行います。ただし複数の船を動かす場合にはお金を払わなければならず2隻目は1の支払い、3隻目は更に2の支払いと一隻移動させる毎に支払う金額が増えていきます

resize3082.jpg
例えば写真で真ん中の船が止まっている場所のアクションがしたかったとすると、この場所の船を移動させたいのでまずは前にある船を移動させます
resize3081.jpg
前が空いたので船を前に進めます。2隻目を動かしたのでお金を1支払います
resize3075.jpg
行いたいアクションの場所が空いたのでその場所に船を移動させて(3隻めなのでさらに追加でお金を2払います)アクションを行います。
※なお手番でやりたい事がない、もしくは何もできない場合には船を一隻移動させてその場所のアクションを行わずお金を1貰うという事も可能です
アクションの種類
resize3087.jpg
写真右はショップの購入です。他にもガラス工房(緑)、宮殿(黄)、特殊な建物(赤)を購入する場所があります。
ショップを買う場合にはお金を2払ってショップタイルの一番上を取り手元に置きます。タイルの裏には赤か黒か青の旗のいずれかが書いてあり、これがその店の種類です。購入するまでは何色の店なのか分からないのですが、お金を4払う事によってショップタイルをすべて見て好きな色のもの1枚を買うことも可能です
写真左は買った建物を地域に建てるアクションをする場所で、1~3枚のタイルを配置する事ができます
建てる時には手元にある建物タイルか場にある街道タイルを建てる事ができます(街道は特にお金を払ったりする事なく取れる)。建物は街道タイルの置かれた隣にしか置けないので最初は街道タイルを置くことになります。街道タイルには裏に人が描いてある物もあり取ってから確認できます
resize3084.jpg
こんな感じで置かれていきます 石畳のマスには街道、黒い■の枠には建物しか置けません。また建物によっては置いた時に得点(勝利点)を貰う事ができ、ショップやガラス工房を建てた場合には自分の所有物と分かるようにその上に自分の色のキューブを置きます
resize3078.jpg
ここではガラス工房でガラスを作る事が可能です。ただし作る場合にはボード上に自分のガラス工房がなくてはならなくて、建っている数だけ作る事が可能なのですが、1個作るごとに得点が-2点になります(煙や熱が出て苦情がくるという事らしい) 作った場合には3色のガラス(写真参照)の入ってる袋から作った数だけ引きます。そうしたらそのうち1色(だけ)を1~3個まで売る事ができ数に応じたお金を貰う事ができます。残りは手元に置いておきます(次以降のこのアクションで売る事も可能)
※このゲームでは得点が0未満になる事は許されていないので製造する事によって-になってしまう場合には作れません
resize3077.jpg
ここでは島1つを選び その島にある自分の店を見て(各色1軒ずつまで)その色の客の数だけお金を得る事ができます
resize3073.jpg
人物カードを1枚買う事ができます。3枚引いて1枚を選び手元に裏にして置いておきます
1枚目はお金1ですが2回目は2 3回目は3と1回毎にお金が1増えていきます
resize3071.jpg
このカードにはいずれかの島で(島が指定されているカードもある)ゲーム終了時にその条件を満たしているとその点数が入るという物で、このゲームで一番の得点の収入源となります(重要)resize3070.jpg
ただしその島でゲーム終了時人物カードを達成したと申告するにはその島に自分のコマを置いておかなければなりません。そのコマを置くのがこのアクションで、手持ちのコマ1つ(最初は5個持ち)を好きな島の写真の枠に置く事ができます 自分の色の枠ならお金2 他の色の枠ならお金5が必要です。 1つのコマでは1枚の人物カードの達成にしか使う事ができないので、1つの島で2枚以上の人物カードを達成したければ複数のコマを置く必要があります。なお1つの島には4つまでしかコマを置く場所がないので、4つ置かれてしまったらその島にはもうコマを置く事ができなくなります
resize3080.jpg
他にもお金を2貰う場所やコマを解雇してお金を貰ったりお金を払って雇用する場所もあります
手番を繰り返していって、建物タイル4種類と街道タイルのうち2種類が全て無くなったら他のプレイヤーが1回ずつ手番を行ってゲームが終了します
各自1枚ずつ人物カードを公開して適用した島に置いてある自分のコマを1個ずつ取り除いていきます(その島に自分のコマが無かった場合にはその人物カードの得点を得る事ができません) もし島に使わないコマが残ってしまった場合には1個につき1点になります。 一番得点の高いプレイヤーが勝者です 同点の場合はお金を沢山持っていた方が勝ちです

感想

resize3085.jpg
私(橙) ゆーじ(白) リポ(茶) 3人プレイ スタート時の様子
色々なアクションがありますが序盤は自分のショップやガラス工房、特殊な建物を作っていく流れになります
特殊な建物を建てると永続効果のあるカードを得る事ができるので序盤に取ったほうが良いし とにかくお金がキツキツになりやすいので今後の金策の為にショップやガラス工房は建てなければならない。 ある程度建てられれば勝利点を犠牲にしつつガラスを作って大金を得るか店の客でお金を得る事ができるので多少お金が楽になってくる。
同じようなアクションをしたい事が多く船が渋滞して苦しむ事があり 取りあいが熱い
resize3086.jpg
中盤の様子
中盤以降は島が発展してくるので人物カードを取っていき達成できそうな物を選び、達成できるような建物を作っていくといった感じになり 当然発展した島にはコマが置かれやすいので早いものがちな部分もでてきて盛り上がります
ただ人物カードはゲーム終了まで他人に非公開なのでお互い目標が分からないままやっていくのでここがひっかかる人も居そうな感じがしますね。 人物カードは1枚の得点が大きいし達成できなくてもペナルティーはないので後半は余裕があったら引いて達成できるように頑張る感じになりますね。最後の得点計算もワクワクでとても満足できるゲームです
resize3074.jpg
ゲーム終了時の様子 私 56点 ゆーじ 55点 リポ 55点

感想 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/223-7cc92ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。