プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
シャングリラの橋 Die Brücken von Shangrila
resize3112.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
沢山の場所に自分のタイルを置くことを目指すゲームです
resize3111.jpg
ゲームボード
resize3110.jpg
ボードには13個の村がありそれぞれの村には7種類の絵の描かれた場所があります
resize3108.jpg
最初に各プレイヤーは自分の色を決めその色のタイル7種類各6枚の計42枚を受け取り手元におきます
そうしたら各自7種類のタイル1枚ずつを取りこれを1つずつ順番にボードに配置して行きます(初期セットアップ)
置く時にはそのタイルの絵とボード上に描いてある絵が同じ場所に置かなければならず、既にタイルが置かれてしまった場所には置けません
※どこに置けばいいのか分からないと思うのでオススメの配置がルールに記載されているので1人でも初プレイの人が居る時はこの場所に置くのがよいと思います
resize3107.jpg
これが4人プレイ時のオススメセットアップの例で タイル配置が終わったら、村同士繋がっている道全てに橋を1つずつ置きます。
手番では
①タイルを1枚置く
②既に置かれている自分のタイルの上にタイルを置く
③上に置かれたタイルを隣の村に移動させる

これらのうち1つを選び行います
①タイルを置く 置く場合には誰も置いていない場所に その絵の描かれた手元にあるタイルを1枚取り置きます
resize3106.jpg
こんな感じに 注意なのは置く場合 その村に既に置かれた自分のタイルが1枚はないといけないという事です 上の写真例の場合ですと火のタイルがあるので黄色のプレイヤーはこの村にタイルを置く事ができます
②既に置かれた自分のタイルの上に置く このアクションでは自分のタイルを1~2枚置く事ができ、2枚置く場合にはそれぞれ違う村にある自分のタイルの上に置いてもok 置くタイルは下の絵と同じ物を置きます またそれぞれの場所には2枚までしか置けないので2枚既に置かれている場所の上に更に置くことはできません
resize3104.jpg
(例)青の手番です。②のアクションを行いタイルを重ねます
resize3103.jpg
2枚まで行う事ができるので2つの村に1つずつ置きました
③上に置かれた(2枚重ねて置かれたうちの上)タイルを隣の村へ移動させる 移動する時には手番のプレイヤーのタイルだけではなく他のプレイヤーのタイルも移動します
移動させるには2つ条件があり、まず移動を始める村に少なくとも1つは上に(2枚重なって)置かれた自分のタイルがある
もう一つは移動に通る道に橋がかかっている これを満たしていた場合に可能です

なお移動を始める村、移動先の村は手番のプレイヤーが選べます
移動を行う場合、移動を始める村に置いてあるタイルの総数と移動先のタイルの総数を比べます
タイルの多い方の村のほうが強いという扱いになり少ないほうは弱い村という扱いになります。
強い村から弱い村に攻めた場合 そのタイルの場所が空いていた場合にはその場所に置かれます。
その場所に他のプレイヤーのタイルが置かれていた場合、それらは(2枚重なっていても)除外されそのプレイヤーの手元に戻ります そして空いた場所に移動してきたタイルを置きます。自分のタイルがあった場合にはその上に置かれ 既に2枚重なっていたならば手元に戻ります
弱いほうから強い村に攻めた場合 他のプレイヤーのタイルが置かれていた場合移動先にあったタイルははじかれそのプレイヤーの手元に戻ります それ以外は強いほうから弱いほうに攻めた時と一緒です
移動後にその道にある橋を除去します(その道は以後使えなくなります)
resize3102.jpg
(例)黄の手番です。自分のタイルを上の村にも置きたかったので下の村から上の村に移動する事にしました
下の村の方がタイルの枚数が多いので強い村扱いになります
resize3099.jpg
上に乗っているタイル3枚が移動します。強い方から移動したので移動先の場所に別のプレイヤーの乗っていたタイルは全てそのプレイヤーの手元に戻ります。そして橋を除去します
resize3100.jpg
村に繋がっている道 全ての橋が除去されたらその村には賢者の石という物を置きます。この村には以後タイルを置くことはできなくなります
手番を繰り返していって最後の賢者の石が置かれたらゲームが終了します
各自何箇所に自分のタイルがあるかを数えて一番多くの場所にタイルを置けていたプレイヤーが勝者です 同点の場合多くの村にタイルを置いてあるプレイヤーが勝ちとなります
※タイルの枚数ではなく置いてある場所が多いほうが勝ちです

感想

resize3109.jpg
私(黄) ぴーかんさん(紫) つばささん(赤) ランプさん(青) 4人プレイ時最初の様子
他人含め情報は全て見えてますし 運の要素は皆無なので、アブストラクト(?)と言われるゲームだと思うのですが、目標は分かってもそうする為に具体的に何をやっていいかというのが最初は分かりづらいのである程度ボードゲームをやっている人でないと厳しいかなという感じます。
ポイントは③の移動だと思います。というのも自分のタイルが置いてない村に置くにはこの方法しかなく、1個でも置いてあれば他のアクションで増やす事が可能なので凄く重要です。いい感じで移動を行えるように①や②のアクションをうまく使うといった感じでしょうか。 移動に関しては強い村→弱い村 で自分が有利になるような状況以外に動かさないのでは?と思いがちですが弱い村→強い村へ移動することもあります
例えば
resize3101.jpg
黄のプレイヤーだったとします。写真の状態だと2つの村で移動しても一見美味しくなさそうに見えますが、もし上の村から下の村に移動された場合黄のタイルは全て除外されて大変な事になってしまいます(赤のプレイヤーは自分にかなりの利益があるので移動してくる可能性が高いです) なのでその前に下の村から上の村に移動してしまいます
resize3113.jpg
弱いほうからの移動なので上にある黄色の巨人(?)タイルは除外されてしまいますが橋を壊す事ができたので上から下に攻める事はできなくなるのです
収束性もよくて色々考え所満載なので、プレイ時間はそんなに長くないですが終わった時にじっくりゲームをしたなと感じられます。
resize3105.jpg
ゲーム終了時の様子 私 20点 ぴーかんさん 22点 つばささん 18点 ランプさん 19点でぴーかんさんの勝ち!

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/225-cdd644f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)