プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
エルサレム Jerusalem
resize3258.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 90分 対象年齢 12歳~
resize3257.jpg
ゲームボード  6つのエリアがあり、塔(ボード上段中央)以外のエリアは3つの場所に分かれています。
resize3255.jpg
これら16箇所の場所に各プレイヤー自分の色のコマを配置していきます。各ラウンド毎にそれぞれの場所で一番多くコマを多く置いていた人がその場所の特権を得る事ができるといった陣取りゲームです
resize3251.jpg
特権に関しては各場所の右下に書いてあります。人のマークはコマが お金のマークはお金が 塔のマークは名声点(勝利点のようなもの 後述)が貰えます
全部で5ラウンドあるのですが各ラウンドの流れとしては
①役職カード決め
②コマの配置
③特権
④イベント
⑤塔の建設

といった感じになっています
resize3253.jpg
①役職カード決め
上の写真のカードの中から1枚を選び競りにかけます。各自お金で入札をして1人以外全員がパスをしたらそのカードを受け取る事ができます。そうしたらまだ落札していない残りのプレイヤーだけで残りのカードの中から1枚選び同じように競りを行いこれを繰り返します。最終的には全員が1枚ずつ役職カードを受け取る事になります
役職カードには1~4の数字が書いてあり②~⑤のアクションに関しては全てこの数字の少ない人から手番を行っていきます。また役職カード下には人が書いてありその数だけコマを受け取る事ができます。数字の低い人のが受け取れるコマは多いし、手番順も早いので有利に見えますが後だしできるので後手番の方が良い場合もあります また各役職カードには特殊能力がありカード上にはそれが書いてあります
resize3252.jpg
全員の競りが終わったら写真上のようなアクションカードというのを人数の数だけ引き1番の人から1枚ずつ選んでいきます。これはゲーム中使う事によってお金やコマを受け取る事ができます(使い捨て)
②コマの配置
1番の人から手持ちの自分のコマをボード上の好きな場所に好きなだけ配置する事ができます。別に手持ちコマ全部を置く必要はなく好きな数だけ残して手番を終わらせることも可能です。
resize3260.jpg
各プレイヤーは手元に資産家コマ(写真参照)というのを1つ持っていて、これは1箇所に3つ以上のコマを置く時に一緒に置く事が可能です。これを置かれるとこの場所では他のプレイヤーはコマを置く事ができなくなります
resize3261.jpg
(例)緑のプレイヤーはコマ3つと資源家コマを置きました。この場所では緑が4つでコマを置いた数が一番多くかつ他のプレイヤーは置く事ができないので確実にこの場所の特権を得る事ができます 資産家コマは次のラウンドの最初に手元に戻ります(他のコマに関しては残り続けます)
1の役職カードを受け取ったプレイヤーは特殊能力で大きいエリアに置く場合には2つのコマと一緒に資産家コマを置く事が、小さい場所に置く場合には1つのコマと一緒に資産家コマを置く事が可能になります
また手番中にお金を払う事によってコマを買う事が可能です。お金3払うごとに1つコマを得られます
2の役職カードを持っている人はお金1で1つのコマを3で2つのコマを得る事ができます。3つめ以降は通常と同じです
なお3の役職カードの効果はボード上に置かれた自分のコマ2つまでを別の場所に移動させるかお金を1もらうかのどちらかで4の役職カードの効果はお金を1貰うです
全員の手番が終わったら③に移ります
③特権
それぞれの場所を見ていき誰が一番多くコマを持っているかを見てその人が特権を得ていくのですが一番最初は塔の場所を見ます
resize3249.jpg
この場所の特権はお金1とこのエリアの自分のコマ1つを好きなエリアに移動できるです。1つだけですし一見たいした事のない特権に見えますが一番最後に(後だしで)移動できるのでけっこう重要になったりします
※全ての場所でそうなのですが 一番多くコマを置いたプレイヤーが複数居た場合には数字の小さい役職カードを持っているプレイヤーが特権を得る事ができます(重要)
resize3250.jpg
その後に下段3つのエリアを見ます。それぞれのエリアは3つの場所に分かれているので3つの場所の合計のコマの数を出し、一番多くコマを置いているプレイヤーはそのエリア下段中央に書かれている効果を得る事ができます
写真例ですと3つの場所のコマの合計を足すと赤が7個で一番コマを置いているのでこのエリアの特権 お金を2払う事によって1名声点 最大4回まで可能のアクションを行う事ができます
これが終わったら残りの15個の場所全てを見て行き特権を得ていきます
④イベント
resize3259.jpg
これは2~4ラウンド目のみ発生します。このラウンドの一番最初にイベントカードというものが1枚捲られるのでこのカードがこのタイミングで発動します。イベントカードの内容はこのエリアのコマが全て無くなるとかかなりキツイものなのですがそのラウンドの最初に捲られて④のフェイズに発症するのでコマの配置などである程度で対策はできます
⑤塔の建設
resize3256.jpg
得た名声点で塔を建てていきます。各階建てるのに必要な名声点は階層+1 ただし各階最初(他のプレイヤーより先に)に建てるプレイヤーは更に+1かかります
resize3254.jpg
(例)赤のプレイヤーは1の役職カードを取ったので一番最初に建設を行います 1段目は2必要ですが一番最初なので3支払います。後残り4名声点が残っていたのでちょうどで2階を建てる事もできました
※塔の建設は名声点が足りている場合は必ず建てなくてはなりません(強制)
これが終わったら次のラウンドに入り同じように繰り返して行きます。5ラウンド目が終わったらゲーム終了で最も高い塔を建てたプレイヤーが勝者です。同じだった場合には残ってる名声点の多いほうが勝ちになります

感想

resize3262.jpg
4人プレイ時の様子
かなり本格的な陣取りゲームです。
最初の競りからかなり熱いです。1の役職カードは貰えるコマは多いし特権は同数でも勝ちになるし(これが一番でかい)特殊能力は強いしといい事づくしに見えますが最初にコマの配置が入るので後手番のプレイヤーに調整されやすいし何より痛いのが塔の建設、だいたいが各階一番最初に建てることに事になってしまので名声点が減りまくります。なのでどのカードを取るかが考えどころですね
コマの配置は16箇所もあるので凄い大変な気もしますが特権はコマ金名声点のいずれかなのでそこまで複雑な感じはしないですね ここがちょっと物足りない感じでした。 イベントカードは効果が派手で全員に影響するのでなかなか面白い
しっかりと作られた陣取りゲームですね プレイ人数は4人が一番良いと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/236-5d75ae73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)