プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
チケットトゥライド 拡張 オランダ
ora1.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 13歳~

チケットトゥライド拡張セットのオランダです。
中身ですが
ora2.jpg
目的地カード全44枚 写真一番左がカードの裏側で、今回は短距離長距離といったカードの区別はありませんが、20点未満の目的地カードは左上の点数の書いてあるチューリップの色が赤、20~30点未満のカードは青、それ以上はオレンジとなっています。カードの上部には目的地の地名が書いてあります。前作アフリカでもかなり目的地カードの点数が高くなっていましたが、今回は更に高めに設定されています(通行料の支払い、通行料トークンボーナスなどの要素が追加された為のバランス調整だと思います)
ほとんどの目的地カード(44枚中35枚)にはカードの下にも目的地カードに書かれている地名とは異なった隣り合った地名2つが書いてありますが、これは2人用の時の特殊ルール(後述)でのみ使います。

ora3.jpg
写真左が通行料トークン、?の書かれている面が裏側で表は1,2,4と書かれたトークン3種類あり1のトークンが55枚、2のトークンが33枚、4のトークンが12枚、計100枚のトークンが入っています。
ボーナスと書かれたカードが5枚 一番右下の-5と書かれたカードは借金カードで全部で10枚あります。

ora0.jpg
これがゲームボード
非常にカラフルになっています。
ほぼ全ての路線が複線になっていてそれぞれの路線の横に1~4の数字が書かれています。
ora4.jpg
これはこの路線を引くのにかかる通行料をあらわしています(後述)
中身はこれで全部です。

ルール

まず各自使う電車の色を決め、決めた色の電車を40個ずつ(※スイスや、北欧など少人数用マップ以外は最初45個持ちだった為、間違えやすいです注意)受け取りその色の得点マーカーを受け取ります。 そうしたら通行料トークンを各自4を2枚、2を6枚、1を10枚の計18枚(30円分)受け取ります。ボーナスカードと借金カードはボード横に並べて置いて置きます。
そうしたら各自に目的地カードを5枚ずつ配りますが、どのプレイヤーも最低3枚は保持しなければなりません。
返した目的地カードは全て捨て札になりこのゲームではもう使わないので箱の中に戻します。
ゲーム途中に目的地カードを引く場合には4枚取り最低1枚は保持しなければなりません。
その後に適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。
決まった後、最初の手番の人が少し有利になってしまう為、一番最初の人は得点マーカーを0の所へ、2番目の人は1の所へ、3番目の人は2の所へといった感じで各自置いていきます。 それが終わったら電車カードを各自に4枚ずつ配りゲームを開始します。

今までのチケットトゥライドでは複線は4人以上でないと使う事ができませんでしたが、拡張セットオランダでは人数関係なく(2人でも)複線を使う事ができます。
今回は列車を置く時にその路線に必要な列車カードだけでなく、そこに書かれた数字の通行料を払わなければなりません。 一番最初に路線を引いた人は必要な通行料を銀行(場)に払います。 既に引かれている路線に列車を置く場合には最初に引いた人に通行料を払う必要があります。

例を挙げると
ora5.jpg
紫のプレイヤーはオレンジの電車カード3枚を使ってオレンジ3マスの路線に電車を置きます。 路線の横には③の数字が書かれているので通行料トークンを使い3銀行に払います。
次に白のプレイヤーが黄色の電車カード3枚を使って黄色3マスの路線に電車を置きます。 その路線は既に紫が置いているので通行料トークンを使い3紫のプレイヤーに払います。
ora6.jpg
もし路線を引くのに通行料が足りなかった場合には、路線を引く事はできますが借金カードを1枚受け取らなければなりません。 借金カードは最後ゲームが終わった後に1枚につき-5点になり通行料トークンボーナスも受け取る事ができなくなります。
例を挙げると
通行料4の路線を引きたいのですが通行料トークンを2しか持っていません。 引く場合には必要な電車カードを出して借金カードを1枚受け取ります(※2持っている為、一部支払う事ができますが支払う必要はありません)

ゲームが終了したら目的地カードの得点計算をする前に、通行料トークンボーナスの計算をします。
それぞれゲーム終了時に残っている通行料トークンの数字の合計を計算して数字の多い人からボーナスカードを受け取りそれに書かれた点が入ります。
ただし、借金カードを1枚でも持っていたプレイヤーは通行料をいくら持っていても最下位(0点)になります。
入るボーナスはプレイ人数によって違っていて


2人 1位 +35点 2位 0点
3人 1位 +55点 2位 +35点 3位 0点
4人 1位 +55点 2位 +35点 3位 +20点 4位 0点
5人 1位 +55点 2位 +35点 3位 +20点 4位 10点 5位 0点


となっています。 同点の場合にはその順位のボーナス点をお互いが取ります。
その後に借金カードを持っている人は1枚につき得点を-5点し 最後目的地の計算をして一番得点の高い人が勝利です。
(今回は最多距離ボーナスや最多目的地ボーナスはありません)


・2人プレイ用 特殊ルール

2人プレイで通行料トークンを使用したい場合には中立プレイヤーを使った遊び方をする事が奨励されています。
この中立プレイヤーは、各ターンの中立プレイヤーフェイズに各プレイヤーが交互に担当します。

まず最初に中立プレイヤーの電車の色を1つ選び、その色の列車コマ40個をボード横に置きます。
最初の5ターンは中立プレイヤーフェイズはありません。
6ターン目以降は2人目のプレイヤーのターン終了後に毎ターン中立プレイヤーのフェイズを行います。
中立プレイヤーフェイズの時は目的地カードの山の一番上のカードを1枚めくります。
そのカードの下側に都市名が書いてなかった場合にはそのカードを捨て札にして中立プレイヤーフェイズは終わりです。
そのカードの下側に隣り合った都市名が2つ書いてあった場合にはその区間を中立プレイヤーの列車コマを使って置きます。 どちらの色の路線に置くかは担当のプレイヤーが決められます。 既に1路線どちらかのプレイヤーが引いていた場合はそのプレイヤーはその路線にかかる通行料を銀行から受け取れます。
中立プレイヤーフェイズが終わったら引いた目的地カードは捨て札にします。
※例外として アムステルダム-ロッテルダムとアムステルダム-アントワープのルートがカード下側に記載されている行き先カードが2枚ずつあります。 先に中立プレイヤーがこのルートを繋いでいて、中立プレイヤーが同じルートの2枚目を引いた場合には、2枚目のカードには何も記載されていないものとして扱います。
中立プレイヤーの列車コマが置くのに足りなくなった場合にはその時点で中立プレイヤーの番は終了となり、以後中立プレイヤーのフェイズはありません。目的地カードの山札がなくなった場合も同様です。

実際のプレイ記

不子と2人プレイ、2人用の特殊プレイにて
電車コマを置く時にもう1つやることが増えた。 通行料を払うという行為だ。
これ自体は対して時間もかからないしそんなに変わった感じはしない。
ただ6ターン目移行の中立プレイヤーフェイズで電車を置く時が非常にテンポが悪くなる。
というのも目的地カードの下に書かれた地名2つって全然目的地カードの絵に書かれてる図とは関係ない場所なんです
オランダの地名はアムステルダムとか超メジャーな所しか2人とも知らないので、当然場所など分かるわけも無く 毎ターン探す羽目に 2つの都市は隣り合ってるので1つ見つかればすぐ分かるのですが それでも時間がずいぶんかかりました。

中盤以降は通行料トークンが減ってきて足りるかなあと少し不安に、中立プレイヤーが私の引いた路線に引いて欲しいんだけど全然違う所に一人繋いでいる。
逆に不子は列車コマが足りなくて苦しんでいるようだった。 先に残り2個にされてしまったものの最後のターンで何とか繋いで目的地4枚全部達成。 通行料トークンは残り5 不子は8 通行料ボーナス35点は持ってかれた
最後ピンクの列車カード2枚がどうしても集められなくて通行料4不子に払ったのが原因だなあ
ただ不子の方は列車が足りなかったみたいで、31点の目的地と18点の目的地2枚- 結果 私 135点 不子 125点 で私の勝ち
ora7.jpg
ゲーム終了時の様子 私が黄色で不子が緑 赤が中立プレイヤー

2人用でもできるように特殊ルールを作ったという感じで、多人数で遊んだ方が通行料の取り合いなど明らかにルールがいかされると思うので、評価などは多人数で遊んでから書こうと思います。

プレイ記②(4人プレイ)

私(黄)、樫尾さん(緑)、ゆーじ(白)、らーさん(青)の4人プレイ
いけそうだったので5枚中4枚の目的地カードを取る
ora101.jpg
目的地の関係上の為か左側中央がいきなり込みまくる。
ora102.jpg
自分は急所を何とか引ききる物の全て2番目に引いてる関係上通行料が全て他人に行ってしまう。 それでも引けないよりはマシだ!と最初は思っていたのだが
これまでのシリーズのイメージ的に複線の所はそこまで焦って引く事はなかった。 しかしながら今回の場合その考えで行くとお金を得る事ができず借金が見えてきてしまう可能性まで出てくる。
どんどん金がなくなってきてつきかけてきた頃ゆーじが私の先に引いた路線に引いてくれ4円貰う!
しかしながららーさんの手の進みが速く知らぬ間に列車の残り個数が2個になり最終ターンに
目的地2枚は見捨てざるをえなかったが最後ギリギリで残り2枚は繋がったと思ったのだが
ora103.jpg
場所を勘違いしていたようで何と4枚全部未達成!!kfhjddあjdw:pdkdんl!
目的地の点数が-101
残ったお金は らーさん 19円 ゆーじ 14円 樫尾さん 7円 私 5円 とお金も最下位でボーナスも0点
結果-59と信じられないぐらいの酷さ(涙)
ora104.jpg

最終結果は らーさん 149点 ゆーじ 146点 樫尾さん 108点 私 -59点w でらーさんの勝利!

評価

お金という概念が出たのもあり、残りのお金などに応じて引き方などを考える必要があり新たな面白さが加わったという感じかな。 しかしながら実際の所は迂回するほどの時間がなく今までどおり引く事になってしまうというのが多い。 もっと慣れてくればお金をうまく使えるのかなとは思ったのですが そこまでルールが生かされているとは感じませんでした。 プレイ人数に関してはルール上複線が人数に関係なく使えるわけですが4人、5人だと非常に熱く1手差で引かれたりと盛り上がりますね。
このシリーズは全て安定した面白さがあると毎回やるたびに思います。

評価 良
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。先日はお世話になりました。

先月遊んだ記録をようやくガーデンゲームズブログにも書きましたのでそちらも良かったら見てね。

http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-416.html

今回のオランダマップは歴史的大敗でしたね。これは珍しいですよ!

私もチケットトゥライドは勝てませんね。
[2014/03/27 18:56] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

ブログ拝見しました!
このゲームで-なんて普通はありえないですからね
とにかく酷かったです(笑)
[2014/03/28 18:57] URL | #Wolgi.Xc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/24-bd307f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)