プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コニーアイランド Coney Island
resize3383.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 10歳~
遊園地を作っていくゲームです
resize3380.jpg
ゲームボード 中央に4枚のタイルがありますがこれは建設用地でゲーム中このタイルは徐々に増えていき、この上にアトラクションタイルが置かれます
resize3385.jpg
これは個人ボード それぞれが受け取り手元に置き、興行師タイル9枚を列車の上野決められた場所に配置します(写真参照)
手番では
①収入
②アクション

といった順番で行います。それが終わったら次の人の手番になります
①収入 個人ボードの車が書かれている所を見て、そこに描かれている物を受け取る事ができます。ゲーム開始時の状態(上の写真参照)ですと1得点(勝利点) お金1 赤か白の資材をランダムで1つ 貰えます
ゲームが進んでくると興行師タイルがゲームボードの方に置かれていくので収入が増えていきます
resize3386.jpg
(例)このような状態で手番を迎えたとすると収入では得点2 お金2 ランダムで資材を1つ 白か赤の資材を好きな組み合わせで2つ得る事ができます ※資材の場所には?と書かれたものとそうでないものがありますが?はランダムでどちらかの資材を(袋から取ります)、そうでないものは好きな方の資材を受け取れるという意味です
個人ボード左の看板に書いてありますが、お金と資材はそれぞれ5つまでしか持つ事ができないのでこの収入で超えてしまった場合にはそれより多い分は捨てなければなりません
②アクションでは
resize3384.jpg
個人ボード下部に描かれている3種類のアクションをそれぞれ1回まで行う事ができます また副次アクションも行えます(後述)
一番左のアクションは建設用地タイルの配置で、タイルの山から1枚引き ゲームボードに配置します。
配置する場合には既に置かれたタイルに隣接する場所に置かなければならず、またその場所の左上に描かれた分のお金を払わなければなりません。置く場所によっては資材や得点などがもらえる場所もあります(マスに書いてあります)
resize3378.jpg
(例)このマスに置くにはお金が2必要です。置いた場合には2得点を得る事ができます
真ん中のアクションでは自分の個人ボードにある興行師タイル1枚を取りゲームボード上の建設用地タイルの上に移動させる事ができます ただし移動には車に描かれている分の資材を払わなければなりません
resize3382.jpg
(例)真ん中の車からタイルを移動させる場合には赤と白の資材が1つずつ、一番下の車から移動させるには赤1つ白の資材2つが必要です
resize3379.jpg
移動したタイルはこんな感じでボードに置かれていきます。他のタイルがある場所や草地には置く事ができません
一番右のアクションではアトラクションタイルを置く事ができます
resize3377.jpg
こんな感じで4つの大きさのアトラクションタイルがあるのでこのうち1枚を購入してゲームボード上に置く事ができます
購入する場合にはそのタイルの左上に描かれている資材を払わなければならず、ボード上に置く場所もそのスペース全てに興行師タイルが置かれてなくてはなりません タイルには1とか2+といった数字が書かれていますが、これは何かというと1というのは1人のプレイヤー(自分でなくても良い)だけの興行師タイルの上でないと乗せられない、2+だったら2人以上の興行師タイルの上でないと乗せられないといった事を表しています。置いた場合にはそのアトラクションタイルの右下に描いてある得点を手番プレイヤーが得る事ができます。また置かれた下にあった興行師タイルですが、そのタイルに描かれている数字分の得点をそのタイルのプレイヤーが得る事ができます。その後そのタイルはそれぞれのプレイヤーの個人ボード上に戻ります
resize3381.jpg
(例)このアトラクションタイルを買う場合には赤と白の資材をそれぞれ2個支払う必要があります
resize3376.jpg
3マス分なので興行師タイルが3つ並んでいる所ならおけます。このタイルは1+で1人以上のプレイヤーの興行師タイルが置かれている場所ならokなのでここで問題なし
resize3375.jpg
こんな感じに、手番プレイヤーはタイルに描かれていた6得点を得る事ができ、下の興行師タイルに描かれていた得点も入るので紫と黄のプレイヤーは3点ずつ得点が入ります。興行師タイルはそれぞれのプレイヤーの手元に戻ります
副次アクション
resize3374.jpg
このような5枚の人物タイルがあり、お金を2支払う事によって場から取り手元に置く事ができ、手元にあるタイルは毎手番1回だけ使う事が可能です。 購入の際には他のプレイヤーの手元にあるタイルを購入する事も可能です(お金は場に払います)
効果は写真左上から
出稼ぎ労働者 お金を1払うとランダムで資材を1つ得る事ができます
警官       1得点払うとランダムで資材を1つ得る事ができます
プロモーター  お金1を払って得点2を得る事ができます
ジャーナリスト 資材を1つ払って新聞を1枚得る事ができます
※新聞には1~3点 いずれかの得点が書いてありゲーム終了時この分の得点が加算されます また手番中新聞を捨てる事によって1回の手番で同じアクションを2回行う事ができるようになります
パトロン     1つ資材の色を変えられます

手番を繰り返していって、誰かの得点が60を超えるか アトラクションタイル4種類のうち3種類がゲームボード上に置かれたか 新聞タイルが無くなったら最終ラウンドになりゲームが終了します。 終了時ゲームボード上に残ってしまった興行師タイル1枚につき-2点 更に新聞の得点を足して最も得点の高いプレイヤーが勝者です 同点の場合は資材とお金の合計が多い方が勝ちになります

感想

resize3388.jpg
私(橙) ゆーじ(水) らーさん(黄) 雷さん(紫) 4人プレイ時開幕の様子
手番で行うアクションですが 全てにおいてお金か資材が必要なので無い場合には何もできずに終わってしまいます。序盤は収入が少ないのでアクションがなかなかできずかなりキツキツな展開になります。何よりも最優先するべきなのは興行師タイルをゲームボードに配置することで そうすれば毎手番の収入が増えてくるので選択肢が広がります。特に資材を増やしたい所!
中盤辺りになってくると少し余裕がでてくるので、興行師タイルを置く以外にも副次アクションを行ったりできるようになります
副次は手元に持ってくるのにも金が要るし 効果も貰えるのではなく交換なのでそんなに使え無そうな感じがしますが、うまく使う事によってかなり有利にゲームを進める事ができます 今回もゆーじが警官とプロモーターをフル活用して毎手番お金を1払って資材1つと1得点を得ていました。
終盤になってくるとこれまた展開が変わります。今までは興行師タイルをゲームボード上に置いていったのですが、逆に回収しなければいけなくなります。というのもゲーム終了時残ってしまうと-2点なのでかなり痛い! なのでゲーム終了のタイミングに注意しながらアトラクションをうまく建てて得点を得ながら回収いく必要があります。後ジャーナリストの取り合いも終盤にはよく発生します。新聞はこのゲーム唯一の非公開情報の得点なのでゲーム終了時これで決まったりする事もあります
序盤、中盤、終盤と展開が変わっていくので全然飽きなくて面白いです ただ序盤コケルと巻き返すのがかなり厳しいので初めての人が居る時には丁寧に教えてあげるべきなのかなと思いました
resize3387.jpg
ゲーム終了時の様子 私 35 ゆーじ 49 らーさん 37 雷さん 49 資材の差で雷さんの勝ち!

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/248-1b76f0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。