プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスタウファー Die Staufer
resize3453.jpg
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 人数×20分 対象年齢 12歳~
各エリアの役職に就いて影響力を拡大することを目指すゲームです
resize3452.jpg
中央のボードの周りに6つのエリアボードを置きます。置き方はランダムなので毎回順番が変わります
resize3451.jpg
このゲーム1ラウンドにそれぞれのプレイヤーは3回ずつ手番を行うのですが 中央のボードではその順番を表しています。手番が先のほうが有利なので1ラウンド目は上の写真のように1回全員が手番を行った後は逆順×2になっています。2ラウンド目以降の手番順は前のラウンドで選んだアクションによって変わります(後述)
resize3454.jpg
各エリアには四角で囲まれたマスが何箇所かあり、ゲーム中このマスに自分のコマを置いていきます。この領土で決算が起きた時には一番多くのコマをマスに置いている人がボード左上に書いてある一番大きい数字の得点を、2番目に多い人は次に多い得点をといった感じで貰えます。また右上に書いてある特権も貰えます(写真例だと1番の人はコマ2つ、2番の人はコマ1つ)
resize3447.jpg
こんな感じで置かれていきます。置いたマスの下に宝箱があった場合にはそれを得る事ができます(後述)
コマには公使と貴族 2種類があり貴族は1つで2つ分扱いです。貴族の書いてあるマスもありここには貴族しか置く事はできません。決算時 同じ数だった場合には左の方に置いているプレイヤーが上と見なされます。 写真例だと青と緑が2つずつ(緑のコマは貴族なので2つ分)で同じですが青の方が左に置いているので青がこのエリアで決算が起きた時には1位になります
resize3446.jpg
決算は各ラウンドが終る毎に発生するのですが毎ラウンド全ての場所で起こるわけではなく1~2箇所でのみ行われます。
それが表示されているのが上の写真の表で 上から1ラウンド目、2ラウンド目といった感じで各ラウンドの決算場所が表示されています ※このゲームは全5ラウンドです
決算は地名の書かれている場所とその横の条件を満たした場所で発生します。上の写真例の1ラウンド目終了時だとStrusbourgと王(紫のコマ)の居るエリアが該当します。 ※該当の2箇所が同じ場所になる事もありその場合は決算が1箇所だけになります
ゲーム中はなるべく決算時の得点(勝利点)を得られるように行動していく必要があります

手番に出来ることですが
①補充
②配置

どちらかを行います
resize3444.jpg
補充を選んだ場合には自分の手番コマを中央ボードの左の一番上のマスに移動させます。既に他のコマがあった場合にはその下に置いていきます
resize3445.jpg
このような補充ボードがあるのでこの中に描かれている物の中から1つを選びそのコマをストックから受け取り手元に置きます
その枠の下に宝箱があった場合にはそれも受け取れます
resize3450.jpg
配置を選んだ場合には自分の手番コマを中央ボード右の一番下のマスに移動させます既にコマが置かれている場合にはその上のマスに置きます 下のほうのマスには公使コマの絵が書かれていますがここに置いた人は1つ受け取る事ができます
このアクションではボード上のいずれかのエリアのマス1つにコマを置くわけですが置くには何個かのコマを使用する必要があります。一番少ない数で置けるのは王様(コマ)の居るエリアです
resize3443.jpg
このエリアに置く場合にはそのマスの横に書かれた数のコマ数が必要です。その場合置きたいマスに書かれている数分のコマを手元から取りそのマスに1つ置きます。後の残りのコマを時計回りに1つずつ次のエリア上に置いていきます
resize3449.jpg
(例)青は配置アクションで王の居るエリアの4のマスにコマを置きました 後3つのコマを時計回りに1つずつ置いていきます
王以外のエリアにコマを配置したい場合には王の居るエリアから時計回りに置きたいエリアまでコマを1つずつ置いていきます。
そしてその場所からまたそのマスに書かれているだけのコマ数を置かなければなりません。なのでかなりの数のコマを必要とします。
resize3442.jpg
(例)赤はMilanoに配置したかったので王の居るエリアから時計回りに1つずつコマを置いていきます(計2個)そして3のマスに置くので3つのコマを更に使用します ※写真は1つ多くコマを置いてしまっています。これは間違い
全員の手番が全て終ったらそのラウンドが終了して決算が行われます。点数を入れた後決算の行われたエリアのマスに配置してあったコマは全てストックに戻ります ※マスに配置していないコマはそのまま残ります
そして決算の行われたエリアと補充ボードの各場所に宝箱タイルを配置します。そしてタイルに書いてある数字の数だけ王コマが時計回りにエリアを移動するのですが移動をしたエリアにあるコマはそのプレイヤーの手元に戻ります(ストックではなく手元です)。ただしマスに配置してあるコマだけはそのまま残ります ※マスに置いてあるコマでストックに戻るのは決算の起きたエリアのみ

resize3440.jpg
resize3439.jpg
(例)2マス移動してこのようになりました
次のラウンドの手番順ですが
resize3438.jpg
前のラウンドで補充を行った順に並べます。その後で配置のアクションを上から順に並べて
resize3437.jpg
こんな感じに
5ラウンド目が行われたら決算を行ってゲーム終了するわけですが
resize3441.jpg
このような3種類の目的カードがそれぞれ1枚ずつ最初全員に配られます。ゲーム終了時にこの条件を満たしていると得点になります。地域のカードではその地域で1位を取っていれば12点、2位なら6点 マスのカードはその条件にあったマスに何個のコマを置いているかで得点が入ります エリアのカードでは対応したエリアのマス(重要)に自分のコマがあれば得点を得られます
宝箱の効果
resize3436.jpg
ゲーム中宝箱を得ていくわけですが様々な効果の物があります。橙の物は即時効果の物で得点やコマが貰えたりします。効果を得た後捨て札になります。水色の物は好きな時に使う事ができる物で移動や配置コストを減らす物など色々な種類の物があります。使用後捨て札になります。紫の物は1枚だけでは効果はないのですが2枚集めることによって永続効果のあるカードと変える事ができます
resize3435.jpg
永続なので序盤に取れるとかなり便利です
茶は何個取った個数でゲーム終了時に得点が入ります
ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが勝者です 同点の場合は手元にあるコマの数が多いほうが勝ちです

感想

resize3455.jpg
5人プレイ時の様子
手番ではコマの補充か配置をするかの2択 ゲームを通して15回しかアクションが出来ないのでこれもやりたいあれもやりたいと思ってもなかなか出来ない。といってもキツキツなゲームという感じではなく宝箱の効果をうまく使ったりして配置して行き決算には絡めるようにしたい  決算場所や宝箱など最初から見えているので目的をたてやすくてその上で考える事もあるので楽しい!
中盤~終盤にかけては目的カードの事を考え動くと良いのかな~と思います。 やる事も分かりやすくてプレイ時間もそんなにかからないので、1度やるとまたやりたいなと凄く感じられるゲームですね。最後の得点計算も他の人はどれくらい取ったんだろう?といった感じでワクワクします ボードの配置や永続効果のカードなども毎回変えられるのも良いですね。
resize3448.jpg
100点を超えることもあるゲームですが唯一残念な所は得点ボードで25点で一周してしまうので得点を入れる時若干面倒です。中央ボードと大きさ一緒にしたんだと思うのですが^^;

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/253-8e0d2109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。