プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
にんじんドロボー Knabberbande
resize3510.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
にんじんを集めるゲームです
resize3507.jpg
それぞれ最初に自分の色を決め、その色のうさぎカード7枚(カードの構成は全員同じ)と8-20と書かれたにんじんカード1枚を受け取ります
resize3508.jpg
更に通常のにんじんカードをよくきり全員に同じ枚数になるように配ります
ゲームではまず親が手風だから1枚にんじんカードを選び場中央に出します もし8-20のにんじんカードを出した場合にはその間でどの数字として使うかを宣言します
そうしたら各自手札からうさぎカードを1枚選び伏せて手元にだし全員が出し終えたら同時に公開します。全員の出したカードの数字を合計して場に出ているにんじんカードと同じかそれより大きかった場合には一番大きいうさぎカードを出した人がにんじんカードを貰う事ができます。合計が低かった場合には一番数字の小さい人が貰う事ができます。もし該当者が複数居た場合にはその次に該当する人が取れます。
※3,7と書かれたうさぎカードは3-7のいずれかの数字として使う事ができます。ただし同時に複数の人がこのカードを出した場合には5として扱われます
resize3509.jpg
(例)このような感じになったとすると合計は16以下なので一番小さいうさぎカードを出した人がとることができます。1が2人居てかぶってしまったので次に小さい人が取るのですが3,7カードを出した人が3扱いにすれば次に低い数字になるので取る事ができます

使ったうさぎカードは捨て札にして手元に、取ったにんじんカードも手元に置いておきます。そうしたら親が隣にずれて同じように繰り返していきます。手札のうさぎカードが残り1枚になったら使ったうさぎカード全てを手札に戻しまた使う事ができるようになります。
手札にある全てのにんじんカードを場に出し終わったらそのラウンドが終了します。各自取ったにんじんカードに書いてあるにんじんの本数を数えて(※書いてある数字ではなくカードに書かれているにんじんの絵の本数なので注意) メモしておきます
これを3ラウンド行って最も取ったにんじんの本数の多い人が勝ちとなります

感想

よくあるバッティング系のゲームなのですが小さい数字のにんじんには小さい数字のカード、大きいのには大きいカードというのが基本なので初プレイでも凄く分かりやすいです。ただ数字がかぶると無効になるのでそこが読み合い
絵柄も可愛く足し算が出来れば楽しめるので 小学生ぐらいの子と遊ぶのが適しているのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/260-e2e00a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)