プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルグランデ 拡張 王と参謀
エルグランデの拡張 王と参謀です
このゲームは通常のエルグランデで使った、アクションカード、パワーカードを使わず代わりに
両方が一体化されたアクションパワーカードを使います
200.jpg
これがアクションパワーカードです。全部で31枚、5色あるので全155枚あります(写真は赤のアクションパワーカード)

201.jpg
上のカードが騎士カード、1~5まで書かれたものが各1枚ずつあります。
下は左から国王カード、参謀カード、騎士の枚数を示したサマリーカード、予備カードとなっています。

遊び方は基本ルールに従ってキングと各プレイヤーの領土を決めてから、各自秘密ディスクを使い領土を1つ選択します。 同時に公開して各自選んだ領土に騎士コマを手元から1個配置します。 もし国王の領土を選んでしまった場合は置くことはできません。

そうしたら国王カードと参謀カード及び騎士カードをボードの横に置きます。騎士カードは人数によってどれを使うか決まっておりサマリーシートを参照して選びます。
202.jpg
例を挙げると4人用の場合には1,2,4,5の騎士カードを使います(使わない騎士カードは箱に戻しておきます)

その後に各自自分の色のアクションパワーカード31枚を受け取り、この中からゲームに使用する13枚を好きに選びます。
選ばなかったカードは伏せて箱の中に戻します(これはこのゲームでは使いません)

※31枚から選ぶのは大変なのでこのゲームが始めての人が居る場合には10の倍数のカード18枚の中から13枚を選ぶ方がいいかもしれませんその他の準備はアクションカード、パワーカードを使わない所以外は一緒です。

ゲームの手順としては基本ゲームと同じように順番を決めパワーカードの代わりにアクションパワーカードを1人ずつ時計回りに出していきます。 この時他の人が出した物と同じ数字は出す事ができません。
全員が出し終わったら、一番数字の大きい人が場にある一番数字の大きい騎士カードと国王カードを受け取ります。
次に大きいカードを出した人は2番目に大きい騎士カードを取ります。 これを全員行っていきますが一番小さい人数字を出した人は一番小さい騎士カードの他に参謀カードを受け取ります。
これが終わったら数字の大きいカードを出した人から順に手番を行っていきます。
自分の手番になったらまずアクションパワーカードに書いてある騎士の数だけ騎士コマをストックから手元に移動します。その後に
①アクションパワーカードに書いてあるアクションを実行する
②騎士カードに書かれている数字の数だけ手元からボードに騎士コマを配置する
この2つを行います。 ①、②はどちらを先に行っても構いません 
ただし、国王カードを持っている人(一番数字の大きいパワーアクションカードを出した人)と参謀カードを持っている人(一番数字の小さいパワーアクションカードを出した人)は①はできず、代わりに国王カードを持っている人は国王カードに書かれているアクションを、参謀カードを持っている人は参謀カードのアクションを行います。


2~3人で遊ぶ場合の特殊ルール

3人以下で遊ぶ場合は国王カードを持っている人はアクションパワーカードに書かれているアクションもしくは国王カードに書かれているアクション、どちらを行うか選ぶ事ができます 参謀カードを持っている人も同様に選べます。
全員のアクションが終わったら各自騎士カード、王様カード、参謀カードをボード横に返しラウンドマーカーを進め前ラウンドで一番小さいパワーアクションカードを出した人から時計回りにアクションパワーカードを出していきます。
既に使ったアクションパワーカードは使う事はできません。
その他は基本ルールとまったく一緒です。

・国王カード、参謀カード、アクションパワーカードに書かれている効果(数字は左が手番を決定する数字、右が騎士をストックから手元に移動させる個数です)

国王カード 国王を任意の領土に移動させる事ができる
参謀カード 他人の騎士1つ、もしくは1つの領土の自分の騎士を任意の数任意の領土に移動させる

アクションパワーカード
10 6 参謀カードとなる(参謀カードアクションを実行する)
15 0 騎士カードに書かれた騎士数の代わりに、5個までの騎士コマを手元からボードに置ける(置く場所は基本ルールに従う)
20 5 騎士カードに書かれた数だけ騎士コマをボードにおける。キングに隣接している領土でなくても可能
25 1 次の決算時自分は秘密ディスクを使わず、他全員が公開して塔から各領土に移動した後、自分が好きな領土に移動させる事ができる。
30 5 自分以外の全員は手元の騎士を全てストックに戻す。自分の番の時に発動する
35 4 他プレイヤー全員の大公を塔の中に入れる。入れられた大公は次の決算時に秘密ディスクで選択された領土に移動する
40 4 このラウンドのアクション1つを阻止する。自分のターンが来る前でも使用できる
50 4 自分以外のプレイヤー全員は騎士コマ3つをボード上、もしくは手元どちらかからストックに戻す。左隣プレイヤーから順に行う
60 4 最高得点が6および7の領土全てで得点計算を行う
63 3 2つの領土の境界にこのカードを置き護衛として騎士コマを1つ配置する。自分のターン前に任意の騎士数を移動させる事ができる。通常決算ではこのカードは1点として数える。設置後他人がこのカードを使った場合には設置場所に関係なくこのカードは取り除かれる。
66 4 このカードを総騎士数6個以下の任意の領土に表向きに置く、その領土は騎士コマは6個までしか置けなくなる
70 3 自分以外のプレイヤー全員は騎士を1つずつボードからストックに戻す。キングの居る領土からは戻せない
75 3 騎士1個をストックからこのカードの上に置く 得点計算の機会が訪れた時いつでも、その直前にこの騎士を任意の領土に移動させる事ができる
80 3 自分の大公と騎士3つまでを任意の1領土に移動できる。塔や国王の領土からや国王の領土へは移動できない
90 3 移動得点ボードを置くか移動させる。既に置かれている得点ボードの上に重ね置きはできない
93 3 移動得点ボードを裏にしてキングに隣接する領土に置く。 他の人が同じカードを出すか次の通常決算までこの領土はいかなる変更も許されなくなる。 通常決算後に移動得点ボードをゲームボード脇に戻す
95 3 自分のターンに秘密ディスクで領土1つを選択する。このラウンド中はその領土は国王の領土と同じ扱いになる
100 3 最高得点が4の領土全て計算する。塔は含まない
110 2 塔の決算を行う。その後コマは塔へ戻す
120 2 最高得点が5の領土を全て計算する。塔は含まない
125 3 66と75で置かれたカードを取り除く
130 2 領土カードを1枚選び自分の前に伏せておく。次の通常決算でその領土の得点は2倍になる
135 2 自分がちょうど騎士コマを2個配置している領土1つを得点計算する
140 1 全員が騎士コマを2つずつ塔へ入れる。他の人はボードから入れ、自分は手元から入れても構わない
145 0 任意の領土1つ選び決算する、その後その領土内にある騎士コマ全てをそれぞれのプレイヤーのストックに戻す、キングの領土や塔は選ぶ事はできない
150 1 任意の領土1つを選び決算する、キングの領土や塔は選ぶ事はできない
155 1 任意の領土3つを選ぶ、それから他のプレイヤー1人を指名して3つのうちどの領土を決算するか選択させその領土の得点計算をする
160 0 キングを隣接する領土に移動させる
170 0 決算すべき領土について主張する。その後全員は秘密ディスクで領土を1つ選ぶ。2人以上のプレイヤーが選んだ領土のみ決算される
180 0 国王カードになる(国王カードアクションを実行する)
ジョーカー 他プレイヤーが全てのカードを選択後自分の手札よりカードを選ぶ

プレイ記

私(黄)、ゆーじ(青)、リポ(茶)、樫尾さん(赤)の4人プレイ
※エルグランデ10周年版に入っている拡張 王と参謀ではアクションパワーカードが31枚ずつ入っていますが、拡張単体の王と参謀では10の倍数である18枚ずつが入っているようです。 今回は拡張単体の王と参謀を使用

最初にカード18枚から13枚を選ぶわけだけれども、最初はどれを選べばいいのかと誰もが考えます。
しかし選んだ13枚のうち9枚までしか使えない、すなわち半分は要らないわけだ。 数字の低いカードはストックから手元に持ってこれる数が多く絶対必要だし、当然先手を取ったり国王をカードを取るにはでかい数字も必要、すなわち両極端の数字をある程度手札に残せば後は自分でなんとなく良さそうなのを選べばよい 人のアクションパワーカードの残し方や出し方により変わるのでアバウトでいいと思います。
こう考えるとそんな悩まないかなという気がしました。

いざゲームが始まると明らかに通常のエルグランデと比べ戦略面が重視されているのがすぐに分かります。しょっぱなからエンジン全開展開で面白い
resize1195.jpg
序盤の図
手元のストックが足りないと増やしたいのでどうしても低い数字を出したくなってくるのだが、10と20を先に出されると非常に怖い。 なぜなら通常版でも超協力だった 本人以外の全員の手元にある騎士全てをストックに戻すというカードが30にあるのです。 これをやられて序盤に4個手元に居た騎士が置けなくなってしまった。 なかなか厳しい状況に。
しかし決算ラウンドではうまくおけたのもあり持ち直す。最初の決算の後の状態だと全員点数が団子状態でますます盛り上がってきた。
中盤に突入
resize1197.jpg
5点の領土を全部決算やこっそり選んだ領土の得点を決算時2倍カードの特殊効果をみんなうまくつかっている。
1人が走り出しかけると叩かれてしまうのも面白い。
終盤になってくると参謀が脅威を奮い始める。1箇所の自分の騎士全てを移動させられるのはでかい。
8ターン目には樫尾さんが、9ターン目ではリポがうまく使った
そして最後の決算に
結果
resize1196.jpg
私 103点 ゆーじ 111点 リポ 115点 樫尾さん 100点 でリポの勝利!

感想

面白すぎます。 いろいろ考えることが多くて通常のエルグランデと比べてかなり運の要素が減った気がします。
戦略的要素を重視する人には非常にオススメできると思います。
ただし通常のエルグランデを何回もやった事があってかつ4~5人で遊ぶという条件での話です。
それぞれ違う効果のあるカードを選んだりどう騎士を配置するかなど複雑なので基本を分かってないと戸惑いますし、3人までだと王と参謀のアクションか自分の出したカードどちらを行うか選べてしまうので ルールがあまり活かされていない気がします。 3人でエルグランデをやるなら通常版か拡張 異端審問官がいいかな

評価 良良良
スポンサーサイト

コメント

先日は王と参謀で遊べて楽しかったです!4人という人数も良かったですね。全員エルグランデが分かっているというのもすごいですね。

今度は異端審問官と植民地ですか?!
[2014/05/21 18:42] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

王と参謀
先日はどうもお邪魔しました。
拡張、思っていた以上に楽しかったですよ
異端審問間もいいですね~ また4~5人で集まった時にやってみますか
[2014/05/23 21:30] URL | #Wolgi.Xc [ 編集 ]

異端審問官と植民地
異端審問官と植民地は2~5のどの人数でも問題なくいけると思います。ただ、どのプレイヤーもエルグランデに慣れている方が良い、という意味では異端審問官と植民地も、王と参謀同様ですね。
[2014/05/24 14:57] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

Re: 異端審問官と植民地
確かに、異端審問間は人数関係なく楽しいですよね。
この前は時間の関係もあって出来ませんでしたが今度また遊びましょう!
[2014/05/28 21:31] URL | #Wolgi.Xc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/27-0f2d81e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。