プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
K2 拡張 ブロードピーク K2 Broad Peak 山頂へのレース
resize3670.jpg
プレイ人数 1~5人 プレイ時間 60分 対象年齢 10歳~
K2の拡張です この拡張では山頂へのレースとブロードピーク縦走 2つのマップがあるのですが、ルールが少し違うので別々に書きます。今回は山頂へのレースの方を
resize3668.jpg
ゲームボード
土台となるルールはK2とほとんど一緒ですが一部変わっています
resize3672.jpg
各自が所持するカードデッキにおいて上の3枚が使われなくなりました。これら3枚は最初に除外して、残り15枚のカードを使ってゲームを行います K2では全18ラウンドでしたが今回は15ラウンドでゲームが終了します。
resize3671.jpg
またテントも無くなりました。代わりに雪洞(上の写真のトークン)を掘ることができます。雪洞を作るには7000m未満の場所なら1移動力 それ以上なら2移動力消費する必要があります。作った場合そこに入る事ができラウンド終了時に体力が1回復します。1ラウンド経ったら雪洞トークンを裏返します。もう1ラウンド立つと雪洞は消えます 1つの雪洞には1人の登山家しか入れませんが、他のプレイヤーが作った物でも空いていれば入る事は可能です
※テントを建てる場合にはそのマスの移動力が必要でしたが、今回使う雪洞作りに必要な移動力は自分の居る高さによって変わり、間違えやすいので注意

感想

resize3673.jpg
私(黄) リポ(紫) いかりや(緑) 3人プレイ時開幕の様子 天候タイルは冬使用
ルール見るとほとんど変わらねーじゃんと感じてしまいますが実際プレイすると全然違いますね。とにかく厳しい K2の冬山天候冬よりも遥かにきつい というのもデッキで体力(順応度)回復の2と3が無いので回復がほとんどできないという事です 3回デッキは回すわけなので計15回復が減ってしまい デッキに残っているのは回復1が2枚だけ 通常のK2ですと頂上付近が混みがち、同点の場合は先に頂上にいった方が勝ちなどのルールから最初1人の登山家を集中させて登って行く事が多かったのですが今回これをやると確実に死にます なので体力の回復する低地で雪洞を掘り体力6(ラウンドの最初に維持できる最高の体力値)まで上げてから天候を見つつ雪洞を掘って少しづつ進んで行くというスタイルになります リアルでガチの登山をした事ないのであれなんですが、登山が命がけなのがこのゲームやるとよくわかりますね。
resize3667.jpg
終盤の様子 このままでは勝てないという事でリポがいちかばちかで頂上に突っ込む、これは終わったと思われたが、1回復のカード2枚がデッキから引けた事とたまたま他人の掘った雪洞が空いていた事もあって体力1で奇跡の下山! こちらは助からないだろうと思っていたので、ゲーム終了直前に一気に登って勝とうとしていた(下山は不可能状態でもゲーム終了時に生きていれば平気なので)のを変更 強引に登り始める
resize3666.jpg
最終ラウンド
resize3669.jpg
耐え切れず2人とも亡くなってしまった^^; 無念
私 2 リポ 16 いかりや 14 でリポの勝利!
厳しいK2で遊びたいならとてもオススメな拡張です 凄く面白い

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/276-8b2ba7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)