プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
デッドマンズ ドロー Dead Man's Draw
resize3702.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 10~15分 対象年齢 13歳~
海賊となって財宝を沢山集めるカードゲームです
resize3701.jpg
カードには10種類あります。それぞれの種類には2~7の数字の書かれたものが1枚ずつ(人魚のみ4~9) 計60枚
各数字の2(人魚は4)を最初取り除きこれらを捨て札として脇に山札にして置いておきます。残りのカード50枚をよくきり山札にして場中央に置きます
手番ではカードの山札から1枚ずつ引いていきます。引くのはいつでも止められますが もし止める前に既に引いた種類のカードを引いてしまったらバーストとなり捲ったカード全てが捨て札になり手番が終了します。
resize3704.jpg
↑このようになったらバースト
バーストする前にカードを引くのを止めた場合には捲ったカード全てを獲得する事ができます
resize3703.jpg
獲得したカードは種類毎に分けて手元に置いておきます。この時同じ種類の物を複数枚持っている場合には数字の大きい物が上にくるようにします 獲得したら手番が終了します
これを繰り返していって山札が無くなったらゲーム終了で、各自手元にある各種類の一番大きい数字の合計をだし最も点の高いプレイヤーが勝者となります。同点の場合は枚数の多いほうが勝ちです

と、これだけだと 坊主めくりとほとんど変わらないじゃないと感じますが、このゲームの特徴としてカードの種類毎に手番で山札から捲って場に置いた時に特殊能力が発動します。これは強制で 同じ種類の2枚目を置いてバーストした時を除いて必ず起こります 各種類の効果ですが
 これが場に置かれた場合、この手番で更に捲っていってバーストした場合でも錨より前に捲ったカードは獲得する事ができる
※錨カードの前なので錨カード自体は獲得できない
鉤爪 自分の手元にある(既に獲得済みの)カード1枚を場に出さなければならない。出す場合はその種類の一番上のカード(一番大きな数字)を出す必要があり もしバーストする種類の物しか持っていなかったらバースト 置いたカードの能力は発動する
大砲 他のプレイヤーの手元にあるカード1枚を捨て札にする
宝箱、鍵 これらは2つ場に置かれてはじめて効果を発揮する この2種類が場にでた状態でカードの獲得に入った場合 通常の獲得したカードに加え 取った枚数分捨て札の山から引き それも獲得できる
地図 捨て札の山をよく切り3枚引く その中から1枚を選び場に置く
水晶球 山札の次のカードを見る事ができ、それから次に引くか止めるかを選択する事ができる
 他のプレイヤーの手元にあるカード1枚を取り場に出す ただし選ぶカードは自分の手元に置いていない種類のみ
クラーケン このカードを捲ってしまった場合 2枚更に場に置かなくてはならない(2枚置くまで獲得を選べない)
人魚 特に効果はないが 他の種類と違い数字が4~9なのが特徴
resize3700.jpg
またゲームの最初に各プレイヤーには上のような特性カードというものがランダムに2枚ずつ配られます(全17枚)
これらのうちどちらかをそれぞれが選ぶわけですが 各カード毎に特性があります
上の写真例だと左上から 鉤爪を引いたときに1枚ではなく2枚手札から出す 剣を引いて他のプレイヤーの手元にあるものから選ぶ時に自分が持っている種類でも選べる クラーケンを引いた時に自動的に手札に入る 
写真下段左から 水晶球を引いた時に1枚ではなく3枚見れる 大砲を引いた時に1枚ではなく1種類全てを捨て札にできる 地図を引いた時に3枚ではなく捨て札全てから選べる などなど
どれもプレイヤーを+にしてくれる特性を持っています

感想

resize3706.jpg
私 不子 2人プレイ時の様子
坊主めくり系で軽く遊べるゲームという事で買ったのですが ルールを見た時は種類毎に特殊能力があるので、特殊能力系を不子は苦手なのでとっつきにくいかと思ったのですが1回やるだけで覚えたようで楽しんでいました。 1回がすぐ終わるのでまたすぐできるのも良いですね。 いつまで引くかを考えるゲームですが、「でかい数字が出たから獲得したい! 早めに止めよう」とか状況やでたカードの種類によっても押し引きが変わるので考え所もありますね。特性もそこまで影響するようには感じませんでしたが毎回少しでも変わるというのは 何度も遊ぶという点に関して優れていると思います
プレイ人数が2~4人になっていますが人数で使うカードの枚数が変わるわけではないので4人だとちょっとカード枚数が少なすぎるかな
逆転も多くて最後まで楽しめるゲームなのですが逆を言えば運の要素も高いのでそこは人によって評価が変わるかと思います
resize3705.jpg
ゲーム終了時の様子 私 48 不子 48 同点でしたが取った枚数が1枚多かったので私の勝ち

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/281-7f139d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)