プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリとキリギリス The Grasshopper & the Ant
resize3811.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
絵本シリーズ第4弾 今回はアリとキリギリスです ※1,2,3弾は←こちら
秋と冬 2つの遊び方があるのですがシンプルな秋の方を書いていきたいと思います
resize3810.jpg
4種類の円カード(各12枚 全48枚 中には虫の書いてあるカードも存在します)をよく切って山札にして上から捲っていき写真のように4×4の形に並べます。残りは山札として脇においておきます。
蟻役とキリギリス役の人を決めます。 そうしたら蟻役の人は場にある12枚の円カードに1匹ずつ縦横で連続して繋がるように蟻コマ6個を置いていきます。 ※なるべく取りたい円カードの上にのせるようにします
resize3809.jpg
こんな感じに
resize3807.jpg
置き終ったら蟻役の人は自分が蟻を置いた円カードの種類で取りたいもの1種類を選び 手持ちの黒チップを使って秘密裏に選びます。
resize3808.jpg
そうしたらキリギリス役の人は蟻が選んだであろう種類の円カードにキリギリスコマを置きます ※写真例では蟻コマが茶色にカード3枚にのせていて一番多く取れるのでこれを選ぶだろうと思ったのでキリギリスが茶色に置いた所です 
これが終わったら蟻役の人はチップを表にします。 もし蟻の選んだチップの種類とキリギリスの選んだ種類が違った場合には蟻がその種類のカードを得た事になります 例えばもし上の状況で蟻が橙のカードを選んでいた場合はキリギリスの予想と違うので2枚橙のカードを手に入れた事になります
resize3806.jpg
入れた枚数分だけゲームボードにあるその種類の自分の色のコマ(キューブ)を右に進めます ゲーム終了時コマの居る場所に書いてある数字分の得点が入ります。上の例だと後2枚橙を手に入れればピンクのプレイヤーは橙で最高点である10点をゲーム終了時得られるという事ですね。
もし蟻がキリギリスに当てられてしまった場合にはその種類のカード全てをキリギリスが獲得することになります
獲得したカードはゲームボードでその分だけ自分のコマを進めた後捨て札にします。ただし虫の描かれたカードだけはゲーム終了時に得点になるので手元に伏せておいておきます
そうしたら空いた場所に山札から円カードを補充して次のラウンドに入るのですが、もし前のラウンドで蟻が円カードを獲得していた場合には蟻のプレイヤーは左隣に移ります。蟻のプレイヤーが獲得できなかった場合には同じプレイヤーが蟻役をやります
キリギリス役はどちらの場合でも左隣に移ります。
これを続けていって誰かが得点ボードで2種類が最後のマス(10点)に到達した もしくは山札が無くなって補充できなくなった いずれかの状態になったらゲームが終了します。 得点ボードを見てそれぞれの列で自分のキューブが置いてある場所の得点が入ります。それに自分が獲得した虫を種類毎に分けて 1匹ものは1点 2匹のものは3点 3匹は6点 4匹は10点になります
それらの合計を出し最も得点の高い人が勝者です  同点の場合その中で虫を沢山持っている人が勝ちです

感想

resize3814.jpg
私(紫) 不子(白) よっちゃん(桃) 秋ルール3人プレイ開幕時の様子 
アリ対キリギリスの読み合いゲームで、沢山置いた種類には当然キリギリスが置いてくる可能性が高いが裏をかいて少ないのに来る可能性がある。 面白いのはキリギリスはブロックするだけではなく当てれば貰えるという所で、それゆえ蟻が沢山置いた種類を選ぶというのは相手に大チャンスを与えてしまう可能性がある。
ただ蟻役のプレイヤーは獲得するまでやれるというのが優しいルールです
後大事なのは虫で、各種類4匹ずつ居るのですが同じものを集めるとけっこう点になるので、誰が何を取ったかを少しでも覚えておければ相手が狙ってくる種類が読みやすくなります。蟻役の時集めてる種類の虫の所にどうしても置きたくなる(笑) 得点ボード見てここまで進んでるからあれを最高段階にするから選びそうとか予想ができルールが簡単なわりに考える要素があって面白い。
resize3813.jpg
中盤の様子
気になった事としては蟻役とキリギリス役以外の人は見ているだけになるので秋ルールだと4人用はあまりオススメできませんね ベストは2人 多くても3人かな。 ※冬ルールでは他のプレイヤーも赤蟻として行動するので全員が常に参加できます
resize3812.jpg
ゲーム終了時はこんな感じに
resize3805.jpg
冬ルールでは得点ボードは使わず代わりにカードを使用します。必要な材料を集めてカードを取り4点獲得するのが目的になります

書くにあたってアリとキリギリスをwikiで調べてみましたが2つの教訓があるんですね。1つしか知らなかったので勉強になりました

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/297-ba53959b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。