プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスルス Asrus
as3.jpg
プレイ人数 3~10人 プレイ時間 15分 対象年齢 9歳~
バッティングしないようにして得点を稼ぐゲームです
as2.jpg
ゲームで使うカード 1~15の書かれたカードがあり真ん中の数字ほど枚数が多く入っています 右下のは特殊カード
最初数字カードと特殊カードを分けてそれぞれよく切り決められた枚数ずつ(プレイ人数によって異なる)全員に配ります
数字カードの山札から1枚捲り場中央に置きます。
そうしたら全員手札から1枚選び伏せて前に置き、全員が出し終わったら同時に公開します。
as.jpg
こんな感じに(6人プレイ時の例)
そうしたら中央の数字に最も近い数字(差が最も小さい)を出したプレイヤーが得点を得ることができるのですが、差がバッティングしてしまった場合には無効化されて次に差が小さいプレイヤーが取ることができます。
※中央のカードと同じ数字を出した場合にも無効扱いです(写真例だと7のカードを出した場合は無効)
上の写真例だと7に最も近い数字は6と8ですが6が2人居るのでバッティングしてしまい取れません 次に近いのは5と9ですがこれも1人ずつ出してしまっているのでバッティング扱いになり取れません その結果次に差が近くて単独の4を出したプレイヤーが得点を得る事ができます。 獲得した人が出したカードと場のカードの差分だけ他のプレイヤーは獲得した人に支払わなければなりません 上の例だと獲得したプレイヤーに全員3ずつ支払います
as4.jpg
支払いはこのような石で行います 青が1点 緑が5点 黄が10点
そうしたら今出したカードを捨て札にしてまた同じようにやっていくのですが獲得したプレイヤーの出したカードは場中央に置かれ、次の勝負に使われます
カードを出す時に通常の数字カードの他に特殊カードを一緒に出すことも可能です。その場合そのカードの指示に従います
最初に決めた数だけゲームを行って最も得点の高いプレイヤーが勝者です

感想

ルール聞くとハゲタカのえじきに似たような感じのゲームですが、差が近い方が勝ちになっているのでいざやってみるとちょっとプレイ感が違いますね。 10人まで遊べる所が良い、6ニムトと同じで一斉に出すので待ち時間等がほぼなくて快適です
真ん中の数字は枚数が多いので被りやすいのですが、差が大きい数字で取ると凄い点数が入るのでみんな差が大きい数字を出して近い数字がまったくいないなんて事もあり盛り上がります
特殊カードに関しては獲得のルール自体が変わってしまったりするものもあるのでバトルラインなどと同じように入れるか入れないか人によって意見が分かれそうな気がします
珍しいのはゲームの終了条件が決められていない事ですね。最初に自分達で決めといてくださいとなっており新鮮でした(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/299-b941b30e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。