プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
適正人数
ボードゲームにはプレイ人数がそれぞれ決められています
2~6人と書いてあればこの人数の幅なら遊ぶ事ができるという意味ですが、その幅の中でもこの人数でやった方がよりいっそう面白い、もしくはこの人数でやってもそのゲームの良さがあまり出ない といったものが沢山あると思います 例えば魔法にかかったみたいオアシスは最低プレイ人数である3人ではあまりオススメできるゲームではないと思います
それゆえ買う前やゲームをプレイする前に一番遊ぶのに良い人数を調べておくのがいいんじゃないかなと思います、調べる場所としてはgeekやそのゲームの紹介のされているブログなどが最適です 個人的に思うのはゲームの評価自体は人によってかなり分かれると思うのですが「このゲームで遊ぶのは○人が一番いい!」というベストプレイ人数に関してはゲームの評価ほど人によって分かれない気がするので、調べやすいです 初プレイ時の評価って凄く大事で「あまり面白くなかったからもうやらなくていいや」となり2度とやらないなんて事になりがちなので、適正人数でやれば凄い面白いゲームに変化する可能性もあるので、出来れば最初は一番面白さを発揮する人数でやりたい所です もちろん人数だけでなくメンツ(誰と遊ぶか)やその時のたまたまのゲーム展開でも評価は変わってしまうわけですが、そのゲームの良さを最大限に吐き出させるのに条件として一番揃えやすいのはプレイ人数の数ではないかなと思っています
私の場合地元の仲間と遊ぶ時には事前に人数が決まっているのでその数がベスト人数であろうというゲームと 急用や急に来れるようになった人が居る場合ように参加人数±1がベストのものは必ず1つは持っていくようにしています。オープン会ですと沢山の方が参加しますし、何個かの卓に分かれると思うのであまりベスト人数を気にしてゲームを持っていく事もないかなとは思いますが、事前に持っていくゲームのベスト人数を調べておいて「この卓5人だからこれちょうどいいかな~」みたいな感じで出すと良いかもしれません 後中には幅の中だったら人数に影響されず何人でも面白いという素晴らしいゲームも数多く存在するので、1つぐらいカバンに忍ばせておくと便利そうですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/300-802f4ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)