プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

われら人民 Wir sind das Volk!
warera11.jpg
プレイ人数 2人 プレイ時間 150分 対象年齢 12歳~
冷戦(1945~1989)時の東ドイツ対西ドイツの対立を題材にしたゲームです。社会主義と資本主義どちらが勝利するのか!!!?
warera9.jpg
ゲームボード 東の赤い場所が東ドイツ、西の黄緑色の所が西ドイツです
warera4.jpg
史実そのままですが東ドイツ領内にあるベルリン、ここだけは特別扱いでベルリンの中で東ベルリンと西ベルリンの2つに分かれているんですね。ボード右上(写真参照)にそれが描かれています。 有名なベルリンの壁(展開によってはゲーム中にも建ちます)は東ドイツと西ドイツの国境に建てられたものではなく、東ベルリンと西ベルリンの間中心(※)に建てられた壁の名称です。
※間以外の場所にも作られていたようです
warera5.jpg
最初全ての州に3つずつ不穏マーカーというものを置きます。 各州これが4つになると大衆抗議が発生し
warera3.jpg
こんな感じで大衆抗議マーカーが置かれていきます。これが置かれた州では工場などが建設できなくなりますし(後述) ラウンド終了時に4つ以上の大衆抗議マーカーがあった場合負けになるのでこうなりそうな場合はラウンド中に不穏カウンターを減らし大衆抗議マーカー取らなければなりません
※各州不穏マーカー4つ毎に1つ置かれるので8つ置かれたら2つ目の大衆抗議マーカーが置かれます
warera10.jpg
ゲームの流れですが、このゲームは全部で4ラウンド(時代)あります。 各ラウンド毎にその時代のカード20枚をよく切り、それぞれに2枚配り、場に7枚出します。残りは山札として脇に避けておきます。更にその時代用の特殊カードというものが1枚あるのでこれを場に出します(写真参照) 手番では自分の手札のカードか場のカード1枚を選びそれを使ってアクションを行います。それが終わったら相手プレイヤーの番となりこれを繰り返していって場のカード全て(特殊カードは例外)が使われたらまた山札から7枚捲り場にだし同じようにしていきます。これがまた無くなったら各要素の処理を行いそれが終わったら次のラウンドに入ります
できるアクションの種類
4種類の使い方があり、選んだカードでどれか1種類を選び行います。題材含めトワイライトストラグルに似てますね
ちなみにカードは黄色い絵柄の物と赤い絵柄のものと黄色と赤両方が混じった物があります
warera8.jpg
こんな感じ、色が混じったカードは分かりづらいものもありますが、字が赤くなっているのでここを見ると分かります
特殊カードに関しては東のみが使用可能です
①工場の建設とインフラの配置
カード左上に書いてある数字分の値だけ自国の好きな場所に工場またはインフラを配置できます
warera15.jpg
色毎に数字が違うカードもあるのでこの場合は自国の色の方の数字を見ます
warera7.jpg
上のカードですと西が選んだ場合は工場とインフラを好きな組み合わせで3回分建設ができます。工場を置く場合には都市の上に1を上にして置きます。工場が建っている場所に隣接している青い棒の場所にはインフラを置くことが可能です。 両方の工場がインフラによって繋がった場合、両方の工場の数字が1上がります(写真参照) ※大衆抗議マーカーの置いてある州では建設できないので注意
※ゲーム中、解体しなければいけないという指示の時があるのですが、この場合は建設と逆でその数字の数だけ工場かインフラを取り除きます。
②不穏カウンターの除去
自国の好きな場所の不穏カウンターを1つ取り除くことができます。ただし相手の色のカードや色が混じったカードでこのアクションを行った場合には1解体をしなければなりません
③生活水準を上げる
自国の各州に1つずつ(最大3つまで)生活水準マーカーというものを置くことができます。置いた場合その場所にある不穏マーカーが1つ減ります。ただし置くにはその州にある工場の数字の合計が3以上なくては置けない、もし既に生活水準マーカーが置かれている州にもう1つ置く場合には6以上必要(1つ毎に3必要な数字が増える) ただ置くには数字の合計が足りなくても選んだカード左上に書いてある数字を使って置くことは可能
warera14.jpg
(例)西が写真のカードを使って生活水準マーカーを置くことにしました。写真下の州は工場の合計が6で3以上なので置くことができます。6あるので2個目も置ける状態にはなっているのですが、1回のこのアクションで同じ州に2つは置けません。
その上の州は工場の合計が2なので足りないのですがカード左上にある数字の2を使う事に3になり置くことができます
④カードイベントの実行
カードに描かれているイベントを実行できます。※ただし相手の色のカードでイベントは起こせません
warera12.jpg
東がこのカードをイベントとして使った場合、2建設をして、自国のどこかに1つ不穏マーカーを置き、社会主義者トラックを1マス分右に移動させます

各要素の処理
warera13.jpg
各ラウンド(時代)カードの処理が終わったら、写真の要素を上から順に処理していきます。例えば1番上では
warera6.jpg
このラウンドに使ったカードや大衆抗議マーカーや生活水準マーカーの数によって東から西に人が逃げていってしまいます!
逃げた数が多いと工業力が落ちるのでその数に応じて東は解体しなければなりません。
※各要素の処理の時に解体できなくなってしまった場合(解体するものが何もなくなった場合)東が負けでゲーム終了です
他にも東の金が足りなくてオンボロ工場にさせられたり、生活水準マーカーの数で比較して相手を攻撃したり、東の社会主義者が不穏マーカーを取ってくれたりと色々な処理を行います。全てが終わったらラウンド終了で大衆講義マーカーを見てどちらかに4つ以上置かれていたら置かれている方が負けとなります。両国が4つ以上置かれていた場合には東の勝ちとなります。
4つどちらも置かれていなかったら次のラウンドに入ります。4ラウンド行っても決着がつかなかった場合(東が耐え切った場合)東の勝ちとなります

感想

warera1.jpg
私(東) ゆーじ(西) 開幕時の様子
正直 東ドイツに住むなんて「冗談ではない!」って感じなのだが今の私は東担当なのだ。飴公の手先となり資本主義などといったものに毒された西の連中に社会主義の良さを教えてやらねばならん!

題材含め完全な大人向けのゲームですね。西は工業力、生活水準をあげて格差をつけ東を追い込み、東はなんとか耐えていくこんな感じになっていきます。最初はどうやっていいのかさっぱりわからないし、各要素の処理などがけっこう複雑なので何回かやってみてやっとわかってくる感じのゲームですね。私自身あまり東西ドイツの知識はないのですが、カードのイベントも史実そのままの物が多いようなので東西ドイツの歴史に詳しい人は一層楽しめそうですね。自分に利益のある効果のカードを先に使うか、逆に相手に使われたらヤバイカードを先に潰すかなどなど戦略的要素が強くやればやるほど楽しくなってきます。やりこんでくると東がうまくやりくりできるようになるので、西の方が勝つのが厳しいかなといった感じです。
warera2.jpg
抗議大衆マーカー置かれすぎでゲーム終了直前の様子(4ラウンド目) ゆーじの勝ち! 写真を見ると一か所集中攻撃されてる州があるのが分かるかと思います(笑)
今回はベルリンの壁を作らなかったのが効いたかな~武力鎮圧して人が逃げすぎたのが痛かった
壁を作ると逃げる人が減り工業力の低下を抑えられるのですが、作ると世界に対する威信などが問題になり良くないことが起こるので悩み所


評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/325-978539b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。