プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラムの法則 Pi mal Pflaumen
pi8.jpg
プレイ人数 3~5人 プレイ時間 30~40分 対象年齢 8歳~
pi7.jpg
メインとなるフルーツカード 1~25の数字の書かれたものが1枚ずつ これが3セットあるので計75枚
カードには果物が書かれており各セット9種類の果物が3枚ずつ(プラムのみ1枚)入っています。
最初セット毎に良く切り1つのセットを全て配り切ります。 ※プレイ人数によっては一部のカードを抜きます
配られたカードは全て手札として持ちます。残りのセット2つは脇に置いておきます
pi2.jpg
セットとは別にプラムカード、πカード(各18枚) 犬カード(1枚)もあるのでこれらも脇に置いておきます
手番ではスタートプレイヤーから順番に1枚ずつ手札から場に出していきます。
全員が出したら数字の大きい人から順番に場にあるカードを1枚選び取っていきますpi6.jpg
例えばこんな感じに出したとすると23を出したプレイヤーが最初に好きなものを選び1枚取れて(自分の出したカードでも可)次に17,10,9のプレイヤーといった順番に取っていきます。
一番小さい数字を出したプレイヤーは場のカードの他にプラムカードを1枚貰うことができます。
取ったカードは全て手元に置いておきます。
これを繰り返していき、手札が全て無くなったら、別のセットを取り(セットの使う順番は決まっています)配り切り同じようにやっていきます(手元にあるカードはそのままです) これを3回行ったらゲーム終了で得点の最も高いプレイヤーが勝者です
ではどのようにしてゲーム中得点を稼いでいくのという事ですが
pi1.jpg
カードによっては中央上に記号が書いてあるものがあります。これはこのカードを獲得した時に効果を得ることができ(※手札から出した時ではなく獲得した時なので注意) 写真左上のπの書かれているカードはπカードを3枚貰うことができます。これは以後手番でカードを出すときに一緒に好きな枚数出すことができ、その場合1枚につき3.14数字が+されます。右上は誰か1人の手元にあるカード1枚を奪う事ができます。写真左下は犬カードを貰うことができ、犬カードを持っているプレイヤーからは奪う事ができなくなります。右下が得点カードでこれが手元にある場合その条件を満たしたフルーツカードがあった場合に得点にする事ができます
pi3.jpg
例えば手元にこのようなカードが3枚あったとすると、一番左のカードは3種類のフルーツが手元に1枚ずつあれば6点になるよといった事を意味しているのでこの3枚を使って得点かできます。その場合、得点の書かれているカードを裏側にして手元に置き、残りの使ったカード捨て札にします(プラムカードは場のストックに戻す) 裏にしたカードは奪われることはなく、ゲーム終了時の得点になります。
pi5.jpg
難しいカードほど得点が高く、後半のセットには高めのが多いです

感想

pi9.jpg
4人プレイ時の様子
人の出したカードを見てから選べる分後出しが有利ですね。一番低いカードにはプラムというおまけがついてくるので、わざと一番低い数字になるように出すことも多いです。あとは得点のカードを取らなければどうしようもないので、でかい数字でとりたいことも多くそれぞれ使い道がありますね。難しいカードほど得点が高いので手元のカードを後半に溜めたい所ですが、奪われる可能性もあるので考えどころ、犬が居れば守ってくれるのですが1枚しかないので別の人が犬の書かれたフルーツカードを出した場合そこへ移動してしまうのです。πの3.14ですが小数点以下にもちゃんと意味があって、例えば3人プレイで、12のカード+π1枚と15のカード、9のカードにπ2枚出したとすると全員15で誰が最初に取れるの?と思いがちですが小数点があるので15.14 15 15.28となり9のカードにπ2枚出した人が最初に取れるという事になります。 カード後ろの幼虫がちょっと怖いけどフルーツの絵が綺麗で良いですね。プレイ時間もそんなかからないのでちょっと時間がある時に出すカードゲームとしていいかもしれません
pi4.jpg
ゲーム終了時の様子 トップは45点で私は41点でした
スポンサーサイト

コメント
手札の枚数?
こんにちは。
プラムの法則はカードデザインが素敵でいいですね。
購入して和訳ルールを読んで大体の流れはわかったんですが,
手札の枚数は何枚なのか自信がありません。教えてください。

例えば3人プレイの場合,「19と25のカードを取り除く」 ので,残りは23枚。
これを 「同じ枚数」 配るということは,7枚ずつ配って余った2枚をゲームから
取り除くという解釈で合っていますか?
[2015/12/05 11:44] URL | いのっぴー #mOcTy/e6 [ 編集 ]

手札の枚数
こんばんは。
おそらく和訳ルールの間違いで3人用の場合19と25のカードを抜くのではなく19から25のカード全てを取り除くのが正解だと思います。4人用の場合は25のカードのみを取り除き、5人用の場合は全て使うので、3~4人の時は手札6枚ずつ、5人の時は5枚ずつになります。
[2015/12/05 21:53] URL | #0ZNr4uLg [ 編集 ]

ありがとうございます
なるほど。
すべて辻褄が合いますね。
ありがとうございました。
[2015/12/05 23:38] URL | いのっぴー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/328-bccf99cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。