プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアシェイア LUA CHEIA
lua1.jpg

プレイ人数 2人 プレイ時間 20~30分 対象年齢 8歳~

月の綺麗な夜に2人の魔法使いはどちらの技が凄いかを競う。
こういった設定でのカードを使った2人対戦専用のカードゲームです

中身ですが
lua2.jpg
これはゲーム中に使うカードです。
赤色のカード1~5が各1枚 黄色のカード1~4が各1枚 緑色のカード1~3が各1枚 青色のカード1~2が各1枚 水色のカード1が1枚 全部で15枚あります。

lua3.jpg
上段左(2枚)はカード一覧表でカードの数字及び色の一覧が書かれています。
上段右は得点ボード
下段はおまけのカード(3枚)でそれぞれ模様が違い、水色のカードを好きな模様と入れ替える事が可能になります。

lua4.jpg
写真の上にあるのがプレイヤーコマ 右上にあるのがスタートプレイヤーマーカー(メダル)です
下にあるのが盾チップで赤、青9個ずつあります。

ルール

まずカード15枚をよくきり裏向きのまま各自に6枚ずつ配ります。この時、配られた6枚のうち同じ色のカードが4枚以上あった場合には、自己申告をして最初から配りなおします(重要)残りの3枚はこのラウンドでは使わないので裏のまま脇に避けておきます。 そうしたら各自赤、青どちらかを選び(2人とも同じ色は選べません)その色のプレイヤーコマと盾チップを受け取ります。その後で各自カード一覧表と盾チップを自分の手元に置き、下の写真のように得点ボード(カード)のそれぞれ自分側の一番手前のマスにコマを置きます。
lua5.jpg
最後に適当な方法でスタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーはメダルを受け取ります。
これで準備は完了です。
lua6.jpg
準備完了図です。

手番ではスタートプレイヤー(親)からカードを1枚出しその後、後手が1枚出します。
その時のお互いのカードの色と数字を見て
お互い出したカードの色が同じだった場合は大きい方の数字から低い方の数字を引き、その数字の数だけ低い数字を出したほうがダメージを食らいます。食らったダメージが分かるようにその数だけ自分のシールドを脇に避けます。
例をあげると親が赤の2のカードを出し、後手が赤の4のカードを出しました。
色が同じで後手の数字の方が強いので親は4-2で2ダメージを受けシールドを2つ脇に避けます。
2人の出したカードの色が違っていた場合は後手が先手の出したカードの数字の数だけダメージを受けます。
例を挙げると親が黄色の3のカードを出し、後手が赤の5のカードを出しました。
色が違うので後手は親の出したカードの数字の数だけダメージを食らうのでシールドを3つ脇に避けます。

ダメージの計算が終わったら今ダメージを与えた方が先手になりまた1枚ずつカードを出していきます。これを繰り返していき、どちらかのシールドが0になるか、6枚のカード全部をお互い出し終わるまで続けます。

・どちらかのシールドが0になった場合(ノックアウト)
この場合はノックアウトさせた方が得点コマを相手側に3マス進めることができます。
・お互い6枚のカードを出し終えたがどちらもシールドがまだ残っている場合
この場合はシールドが多く残っている(勝った)方が得点コマを相手側に1マス進めることができます。
同じ数のシールドが残っていた場合にはスタートプレイヤーではない方が1マス相手側に進めることができます。

この得点計算が終わったら、それぞれシールドを全部自分の手元に戻し前のラウンドとスタートプレイヤーを変え(メダルを相手に渡します)これを繰り返して行い、自分の得点コマが一番最後のマス(満月のマス)にいってからもう一回得点を得た方がこのゲームの勝者です。

必ず最後のマス(満月マス)で1回止まります。 満月の1歩前のマスに居る時にノックアウトしても必ず満月マスで止まる必要があります。

プレイ記

不子と対戦
lua7.jpg
こちらがスタートプレイヤーでこの手札 初プレイなので何から出していくのが正解なのかなと考えるが
大きく考えて2通りかなと 後手は同じ色でかつ高い数字を出さないといけないので明らかに先手が有利なので、絶対勝てる数字(各色の最大の数字)から出して行きシールドの数で勝つ(1ポイント取る方法)
もう1つは最初に弱いのを処理して、終盤カードの枚数が減り選択肢が減った時に赤の5などを出し大ダメージを与え一気にノックアウト勝ち(3ポイント)を狙う、このどちらかかな~と

さっさとノックアウトで決めてやろうと後者の戦術を選び黄色の2から出していくがこれが失敗だった事にすぐ気がつく。
このゲーム手札が少ないのもあり先手の有利っぷりが半端ない、確定でこの回を取れる時は絶対に先手はそのカードを出さなければいけないといっても過言でない。 強いカードばかり最初に出して弱いカードの処理はどうするのかという事だが終盤になると相手もカードの枚数が少ないので同じ色がなく1の数字でも勝ててしまったりする時もあるし、勿論捲くられてしまう時もあるのだが最善の策を取っての結果なので気にしなくてもいい。
1ラウンド目は最初のミスがひびき 赤、黄、青の猛攻撃されていきなりノックアウト・・・
2ラウンド目も一方的に攻められ一度も親が取れずノックアウトを避けるのが精一杯
3ラウンド目はスタートプレイヤーなので攻めまくるがノックアウトまでは持ってけなかった。
その後いい所なしで結局1ポイントしか取れずに敗北
lua8.jpg
最終結果(この時はルール、最初にコマを置く場所を勘違いしていた為写真はカードの向き及びコマの位置がずれてしまっています) 完敗なり

感想

これ以上取る所はないというぐらいシンプルな2人用カードゲーム
ただプレイ記の通り強いカードから出して行くというのが基本戦術なので戦略といった部分が不足していてボードゲーム慣れしている人には物足りないかなと
しかしながら絵柄も綺麗だし、ルールも簡単に理解でき楽しい所もすぐに分かる。
ゲームを全くやらない人と2人で遊ぶ時には非常に重宝されるゲームだと思う。
順番に1枚ずつカードを出し、一番強い人カードを出した人が全部取る こういったカードゲームのルールをトリックテイキングというらしいのだけど これの入門編としても最適なゲームかな(このゲームの場合カードを取るわけではないので厳密には定義から外れちゃうかも)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/33-51031784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。