プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
魚河岸物語 Fangfrisch
resize5026.jpg
プレイ人数 3~5人 プレイ時間 20~30分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメプレイ人数 3~5人 ※boardgame geekより
魚市場で魚を売り買いしお金を稼ぐゲームです
resize5023.jpg
こんな感じの7種類の魚(カード)が居て、各カードには同じ種類の魚が1~3匹書かれています。
これらのカードを良く切って山札にしておきます
ゲームで何をするのかというと手番のプレイヤーは
競売人の人は山札から1枚ずつ捲り場中央に表にして並べていきます。他のプレイヤーはそれを見ていき、場に出たカード全てを欲しいと思ったら場中央にあるベルを鳴らします。これによって今回の魚全てを落札した事になり、お金を10払って手に入れることができます。
resize5027.jpg
↑こんな感じでおかれていきます。要は早い者勝ちなのですが、落札額は決まっているので少ない枚数で押してしまうとかなり損をしてしまいます。
※競売人自体は落札をすることはできません(3人プレイ時のみ可能) 誰かが落札したら競売人の人は捲ったカードの枚数分のお金を銀行から貰えます
resize5025.jpg
取った魚ですが、各自個人ボードがあるので
resize5020.jpg
そこに乗せます。乗せる箱(場所)は3か所(そのうち1つは氷箱)あるのですが、各場所毎に同じ種類の魚しか置けないので4種類以上の魚を取ってしまった場合にはどれかの種類を横のゴミ箱に移動させなければなりません。ゴミ箱に置いたカードは裏向きにしておきます。ゲーム終了時ゴミ箱に置かれたカードは描いてある魚の数だけお金が-になります ※カード枚数でない事に注意
※タコだけは特殊でジョーカー扱いなので他の好きな魚として使う事ができます

resize5021.jpg
カードの中には上のような2種類の特殊カードがあります。これらのカードを落札した場合にはそれぞれの効果を得ることができ、その後これらのカードは捨て札になります。
写真左は魚泥棒で他のプレイヤー1人の個人ボードにある魚を1枚奪うことができます。ただし奪えるのは箱に入っている一番上のカードだけです。写真右は缶詰で自分のゴミ箱にあるカードを見て2枚まで除外することができます
①売却 自分の個人ボードにある魚を売ることができます ※間違いやすいですが売れるのは手番のプレイヤーだけです
resize5024.jpg
売る場合その種類の魚を何匹うったかで銀行から貰える額が違います。※上の左の表参照右はゲーム終了時に売った値段です 複数の種類の魚を売ることも可能ですが、部分的に売ることはできずその魚はすべて売らなければなりません。 例えばカニ8匹とサメ3匹売った場合には20+3でお金を23受け取ることができます。
誰かが魚を売った場合、それ以外のプレイヤーは売った種類の魚が自分の箱にも入っていた場合には、それが腐ってしまいます。この場合その箱にある一番上のカードをゴミ箱に移動させなければなりません。ただし氷箱に入っている魚だけは特殊で腐らないので移動しなくても大丈夫です。
resize5022.jpg
この2枚のカードですが左の黄色のカードはゲームの最初山札の下から15枚目の上に入れます。②の競売人フェイズ中に捲れたらこのカードを脇に避けて通常通り続けていくのですが、以後は落札した人が即座にその場で売却できるようになります。要はゲームが終わりに近づいたので手番が来る前に売れず(ゲーム終了時に売ると安くなってしまうので 後述)終わってしまうのを落札すれば回避することができるという事になります。写真右の赤いカードは最初山札の一番下の5枚と混ぜて良く切ります。競売人フェイズでこれが捲れた瞬間にゲームが終了します。各自箱に残った魚は通常の売却の半分の値段で売れます。最後にゴミ箱に入っている魚の数だけお金を-して最も沢山お金を持っているプレイヤーが勝者です。

感想

resize5029.jpg
私 ゆーじ リポ らーさん 4人プレイ時の様子
競りゲーというと普通はいくらで落札するかをプレイヤー通しで競うのですが、このゲームは落札額が最初から決まっています。
どれだけ溜めて落札するかのゲームなので、何のカードが捲れて自分が欲しいか、これ以上は取られるから今いかないと!など早い者勝ちのリアルタイム系なので瞬時の判断が求められます。それゆえスピード感があって面白いですね。
ただ競りはじっくり考えてやりたいというの人にはあまり適していないかと思います。魚は数集めた方が売った時の1匹辺りの値段が高いのでなるべくゴミ箱に行かないように同じ種類の魚を沢山集めたい所です
resize5028.jpg
ゲーム終了時の様子 私 91 ゆーじ 87 リポ 84 らーさん 67 プレイ時間は20分ほど

評価 良
スポンサーサイト

コメント

これはとても良いゲームで、大好きです!あとで遊びましょう!
[2015/12/16 12:55] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

魚河岸
サクサクできる競りゲーって意外と少ないからいいですよねー
やりましょ
[2015/12/17 18:43] URL | #0ZNr4uLg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/334-5e517391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)