プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
魔女とチョコレート Schoko-Hexe
resize5064.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 20分 対象年齢 5歳~
魔女に邪魔されないように材料6つを集めてチョコレートを作るゲームです
resize5061.jpg
これが集める6種類の材料カード(全40枚)
resize5063.jpg
魔女カード(全20枚) 優しそうな絵をしていますがいわゆる引いてはいけないカードです。絵柄が4種類ありますが特に違いはありません。
最初これら60枚のカードをよく混ぜ山札にします。手番では山札から1枚ずつ捲っていき、いつでも引くのを止める事ができます。
止めた場合は捲った材料カード全てを獲得する事ができます。獲得した材料カードは手元に置いておきます(これは以後バーストしても無くなることはありません)。山札から魔女カードを引いてしまった場合にはバーストとなり山札から引いた材料カード全てを捨て札にして手番が終わります。坊主捲りのシステムですね
誰かが6種類集めるか山札が全て無くなったらゲーム終了 前者なら集めた人が勝ち、後者の場合は魔女の勝ち(負け)です

感想

resize5062.jpg
私 不子 よっちゃん 3人プレイ時の様子
分かりやすい坊主捲り系のゲームですね。カードの枚数が少ないので人数が多いと手番回数が減るので2~3人ぐらいが良さそうです。同じ材料を複数枚集めてもなんの意味もないのですが、ヴァリアントで他のプレイヤーと材料を交換できるというルールがあります。もし人数が多い場合は6種類揃えるのが困難なので入れるといいと思います。
絵柄も可愛いしチョコレートを作るというテーマも子供向けでいいと思うのですが、気になったのはバースト率の高さですね
自分が物心つくかつかないかの頃(百人一首の)坊主捲りをよくやっていたのですが、楽しかったのは何枚も1回の手番で捲れる所でした。例えば7並べやババ抜きは1枚カードを出して(引いて)手番が終わってしまいます。要は連続で自分ができるって所が良かったのだと思うのですが、バースト率を比べると坊主捲りは100枚中15枚が坊主なので15% 魔女とチョコレートは60枚中20枚が魔女なので33.3%と2倍以上になります。それゆえ1枚捲って魔女で即手番終了というのもよくある事なので、こればかりだと子供はちょっとキツイかなと感じました。もちろん個人差があるので一概には言えないと思うのですが、子供と一緒に遊ぶ時には魔女カードを少し減らしてもいいかもしれませんね。
resize5060.jpg
ゲーム終了時の様子 6種類集まった!

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/341-ca30b086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)