プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
マッシリア Massilia
resize4337.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 60~120分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
うまく商売をして評判(勝利点)を良くするのだ!
resize4336.jpg
ゲームボード
resize4335.jpg
最初それぞれのプレイヤーは隅のどこかに自分の露店を1つ建てて3種類の商品を1つずつ置きます。3色の客と執政官(白)コマは十字の形になるように配置します。4色のダイスをそれぞれが振り、ボード中央に共通のダイスとして置きます。この時にお金を2支払うごとに1個、自分だけが使えるダイスとして手元に残すことが可能です
resize4334.jpg
これは商品で、買う際にはその横に描かれているだけのお金を1つにつき必要とします。
resize4333.jpg
衝立 ゲーム中持っているお金などはこれで隠します。内側には手番にできることなどが書かれています。
手番では手元か場のダイスを1つ取ってそのアクションをするかパスをしてそのラウンドから抜けるかどちらかを行います。この時にペナルティートークンを1つ取ることによってダイスの目を±1 もしくは違う色のダイスとして使用 もしくは2つの同じ色のダイスを取りその目の合計値として使う事もできます。
※一度に複数のペナルティートークンを取って複数の効果を得る事も可能
ペナルティートークンは取った数に応じてゲーム終了時得点(勝利点)が-になります
アクションの効果
黒ダイス 目の数のお金を支払う事によってその数字分の得点を得る事ができます
※黒ダイスだけではなく全てのダイスがそうなのですが、このゲームでは選んだダイス目の数分きっちりアクションを行わなければならないので例えば目が5の黒ダイスを選ぶ場合にはお金が5なければいけないという事です
肌ダイス 目の数だけ1種類の商品を買えます。1つ当たりの値段はその店の横にタイルに書いてある額で、買った商品は自分の露店の上に置きます。※ただし各店には6個までしか商品は置けません
灰ダイス 目の数だけ自分の露店の上から任意の商品を捨てる事によってカードを1枚貰えます。カードは使う事によって+の効果を得られます
resize4338.jpg
カードは場札ないし山札から取ります
茶ダイス ボード上に居る客か執政官を1人選び、時計か反時計回りに目の数だけ移動させます。客を動かした場合、移動先に露店があった場合には客と同じ色の商品を全て買い取ってくれます。買い取った場合には数に応じたお金と得点が貰えます。執政官を移動して、その場所に何もなかった場合にはお金を5支払う事によって新たな露店を作る事ができます。ゲーム終了時露店の数に応じて得点が入るので沢山作ることは重要です。執政官が既に露店のあるマスに止まった場合にはその露店のプレイヤーはその露店に置いてある商品の数だけお金を払わなければなりません。もし払えない(払いたくない)場合には1つにつき商品を1つ捨てなければなりません。商品の置いてない露店に執政官が止まった場合にはその露店はぶっ壊されます

手番でパスをした場合にはラウンドから抜けるわけですが、先に抜けた人ほどお金が貰えます。といっても3とかしょぼい額で次のラウンドの手番順は先に抜けた人ほど後になります。
7ラウンド行ったらゲーム終了で最も得点の高いプレイヤーが勝者です

感想

resize4339.jpg
私(黄) ゆーじ(青) リポ(緑) 3人プレイ時の様子
ダイスを取ってそのアクションをするというここはよくあるタイプのゲームだと思うのですが、お金が必要なアクションが多いにも関わらず、お金を得る方法がほとんどないというのが一番の特徴ですね。お金を貰う方法は商品を売るかラウンドから抜けるかのどちらかしかありません。売るにはまず商品を買わなければならないわけですが、ラウンドによっては売った時に貰えるお金が1つにつき1の時もあるわけで、種類によっては買った値段のが高いなんて事もあります。ただ売ることによって勝利点も貰えるのでやはりこれをしなければならない。ラウンドを抜けた時のお金もそんなに貰えるわけではないので、お金にかなり厳しいゲームという事になりますね。後強力なのが執政官で、これによって他人の露店を攻撃することが可能です。やられるとただでさえないお金が減りますし、商品がない状態でこられると潰されるというきつさ。執政官の移動のアクションはする側はお金を払わなくていいので金がなくてやる事がないとこれを選ぶ事も多いです。このゲームで遊ぶときは攻撃すると報復されるので紳士協定のような感じでお互い行わないか、攻撃しまくりで潰しあいになるかのどちらかになる気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/353-7883cdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)