プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
トラッパー Trapper
resize5238.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 10~99歳
ベストプレイ人数 2人 オススメ 2~3人 ※Boardgame geekより
獲物を捕まえカヌーに乗せて運びそれを売ってお金を稼ぐゲームです
resize5236.jpg
これがこのゲームで集めていくタイルで大きく分けて3種類あります。左上は動物タイルで全部で6種類いて、各タイルには1種類のどれかが1匹書かれていて数字は1~4までのものがあります。基本数字の高いものほど高く売れます。その横は薬草ときのこです。下段はカヌータイルでカヌーの上にはどれか1種類の動物が1~3匹書かれています。このカヌータイルを取ってそのカヌータイルに書かれている数の動物タイルを集めることによって売却しお金を得られます。各カヌー売る時にはおまけできのこと薬草を1つずつ入れる事もできます
resize5234.jpg
例えばこの場合だとクマが3匹のカヌータイルがあるので売るにはクマが3匹必要なわけですが揃ったので売ることができます。きのこや薬草も1つずつなので一緒に売れます。売った場合には書かれている数字の合計×2のお金が貰えます。この写真例の場合(3+4+4+2+1)×2で28お金をもらえます。また額によってはボーナスタイルも貰えます(後述)
※タイルに関して、先にカヌータイルを取らなければならないわけではなく、先に動物タイルを取って手元に置いておいても大丈夫です。売れる条件を満たしたときに売るだけであって、順番などは関係なくとったタイルは何枚でも手元に置いておくことが可能です。ただし売れずに単独で残したままゲーム終了すると-になります(後述)
resize5237.jpg
売り方を説明した所でゲームの流れを、まず最初に64枚のタイルをよく混ぜ裏向きにして8×8の形にして、そのうちの真ん中の4枚を裏のままゲームから除外してそこに4色の猟師コマを置きます。そして4隅に外枠を置いて、猟師コマに縦横で隣接しているタイルを表向きにします。 表向きになったタイルには向きがあってそれを揃えるようにします。
resize5233.jpg
4隅にある外枠のうちどれか1つには蝶の絵が描かれています。すべてのタイルにも蝶の絵が描かれているのでこの向きが合うように置きます。例えば写真の例だと蝶のタイルが左上の外枠にあるので
resize5242.jpg
表向きになったタイルの蝶の位置が左上になるよう上のように向きを変えます。
※ゲーム中、猟師コマが移動した場合には縦横で隣接するタイルは全て表にしていくのですが、この場合も向きを揃えます
resize5235.jpg
4色の猟師の描かれたカードがあり、最初これを良く切って全員に6枚ずつ配ります。手番ではカードを1枚出してその色の猟師コマを縦横に隣接するタイルの場所に移動させてそのタイルを得ます
resize5241.jpg
ただし隣接しているタイルならどれも取れるというわけではなく、各タイル1辺だけ水面になっているところがあり、ここは通る事はできません。上の写真例だと紫のカードを出したので紫の猟師コマを隣接するタイルのマスに移動させて取ることができるのですが、右のタイルは水面の辺の為、取ることができません。なので上に移動してタイルを取ることになります。
移動をして1枚タイルを取ったら終わりではなくカードがあれば更に猟師を移動させることが可能です。ただし1回の手番で動かせる猟師コマの色は1つだけです
resize5243.jpg
上の写真例だと上に移動してタイルを取った後、更に紫のカードを出してタイルを取ることができます。これだけ聞くと1回の手番で1色の猟師しか動かせないって事はつまり1色のカードしか出せないんでしょ?と思ってしまいますが、他の色のカードでもその色のカード2枚を捨てることによって好きな色にすることができるので、これを使うとかなりの枚数のタイルを1回の手番で取れます。※ただし手札は凄い枚数消費します
移動を終えたら山札からカードを2枚引き、手番終了です。 ※もし手番で動かしたい猟師が居ない場合はパスする事も可能です。その場合は山札からカードを2枚引き終了です
resize5240.jpg
後半になるとよくある事ですが、移動する場所がない猟師コマがでてきてしまう時があります。例えば上の例だと左右は水面でうごく事ができませんし、上にはタイルないし下は一番下の段なのでありません。こういった状況でその猟師をカードを出して動かす場合には表向きの好きなタイルの場所にワープする事ができるので欲しいタイルを取るチャンスです。
手番を続けていってもう欲しいタイルがない場合にはゲームから抜けることができます。これによって全員が抜けるかすべてのタイルが取られたらゲーム終了です。売れずに手元に残ってしまったタイルは一部分でもいいからカヌーに乗せられる場合には(例えば犬2匹乗せるタイルに1匹だけ乗せられた場合)その数字の合計分のお金が貰えます。単独で残ってしまったタイルですが、カヌーは描かれている動物の数だけ、他のタイルは描かれている数字の数だけお金が-になります。この合計にボーナスタイルのお金を足し最もお金を持っているプレイヤーが勝者です

ボーナスタイル
resize5239.jpg
2種類あり、カヌーボーナスタイルと動物ボーナスタイルがあります。カヌーの方は売った時に貰ったお金の金額がボーナスタイルに書かれている額以上だった場合にはその中から好きな物1つを得られます。例えば売った額が24だったとすると24以下のタイル1枚から好きなものを得られます。これは何かというとゲーム終了時このタイルの一番大きな数字を持っていたプレイヤーに12、2番目に大きい数字は8次は5,3,2といった感じでお金が貰えます。下のタイルも同様で売ったタイルは1つの山にしてまとめて置くのですが、その山の中で何種類の動物タイルを捨てたかでその数字分のタイルが貰えます。これもゲーム終了時数字の大きいタイルを持っている人から順にお金が貰えます。

感想

hhhg.jpg
私 ゆーじ 2人プレイ開幕時の様子
高く売るためにどの猟師をどこに移動させてなんのタイルを取るかのゲームなので、タイルが捲られる時に何がでるかなとワクワクしますね。ただカヌーがなければ動物は金にならないわけで、そのカヌータイルの枚数がそんなに多いわけではないので取れないと苦しい。といってもカードさえあれば誰でもどの猟師を動かせるので(その色が無くても他の色2枚で代用できる為かなり易しい)どうしようもないといった場面にはあまりならないですね。使うタイル枚数がプレイ人数で変わるわけではないので、多人数(特に4人)だと取れるタイルが少なすぎて揃えるのも限られてしまうしボーナスチップの受け取るタイミングなど悩む選択肢が無くなってしまい、運の要素が強くなりますね。あと犬と狼(?)の絵が似てて間違えやすいので注意です。そこ以外はかなり遊びやすいゲームだと思います
hhhf.jpg
終了時の様子 129対129で同点
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/367-98f66ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)