プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ムガル Mogul
resize4405.jpg
プレイ人数 3~6人 プレイ時間 45分 対象年齢 10歳~
鉄道株を題材にした競りゲームです ※新版についてはこちら
resize4410.jpg
ゲームボード といっても得点トラック以外の用途はありません
resize4406.jpg
5色(社)のカード(株券) それぞれの株式カードには数字が書かれており、これはその色のカードが全部で何枚あるかを表しています。橙のカードにはSと書いてある物がありますが、それぞれのプレイヤーは最初から1枚ずつこの色のカードを持っているのですがそれを表しています。それぞれのプレイヤーはゲーム中持っている(獲得した)カードは手元に表にして置いておきます。
またカードの外枠には別の色が描かれています これについては後述(重要)
resize4411.jpg
競りに使うチップ 金属製で重いです。各自最初に6枚ずつ配られます。持っているチップは手に握りしめゲーム中他の人に枚数が分からないようにします。
カードは良く切り山札にして場中央に置きます。
ゲームの流れとしては山札のカード1枚を表にします。このカードの競りを行うわけですが、その前に今捲られた色のカードを持っているプレイヤーはその枚数分だけ得点(勝利点)を得られます
resize4409.jpg
例えば4人プレイで写真のように白いカードが捲れた場合、手前のプレイヤーは1枚あるので1点、右側のプレイヤーは2枚あるので2点得られます。
競りは手番順に行っていくのですが、手持ちのチップを1枚場に出す、もしくは場にあるチップ全てを取り降りるどちらかを選択します。これを続けていき1人を除き全員が降りたら、最後に残った人はカードを獲得するか、そのカードの外枠の色の自分が持っているカードを売るか2択から選びます。この特権は最後まで残った人だけではなく、一番最後に降りた人も行う事ができ、その場合には最後に残った人が選ばなかった方の特権を得る事ができます。要は毎回2人が特権を得られるという事になります。カードを取る場合には自分の手元に置きます。そして次の競り(山札からから1枚捲る)のスタートプレイヤーになります
カードを売る場合(任意)には、その外枠の色のカードを全員の手元を合わせて何枚あるか数えます。その枚数が1枚売った時に得られる得点になり、売ったカードはゲームから除外します。
例えば上の写真例だと競りをしているカードの外枠は橙色になっています。なので売る選択を選んだプレイヤーは手持ちの橙のカードを売ることができるのですが、全員の手元にある橙のカードを数えると5枚あるので1枚5点になります。なのでもし手前のプレイヤーが売った場合2枚売れるので10点になります。売られてしまうとその色のカードを売った時の価値がいっきに下がります。
上の場合2枚売られて場に3枚しかなくなってしまったのでこの状態で次に売る場合には1枚3点になってしまうわけですね。
ただ持っているとその色のカードが山札から出るたびに得点になりますし、ある程度集まってから売らないとたいした得点にもならないのでいつ売るかがこのゲームのキモとなります。
resize4408.jpg
これを繰り返していき、山札から写真のような急落カードが捲られたら即座にゲームが終了します。
※急落カードは最初山札を作る時に下から4枚のカードと一緒に混ぜるのでどこら辺で出るかある程度は分かります
残ったチップ5枚で1点 手元のカードは何の価値もないゴミになります(ただし同点時は枚数が多い方が勝ち)
得点の最も高い人が勝ちです
resize4412.jpg
ちなみにこのゲームはシャハト氏の鉄道3部作(他はクレイジーレースとステーションマネージャー)の1つで3つの箱絵が繋がるようになっています。※写真はgeekからお借りしました

感想

resize4407.jpg
私(黄) ゆーじ(青) ブラジルさん(赤) 3人プレイ時の様子
競りゲームですが競りの仕組みが独特ですし、2位までアクションを起こせるなど特徴的な要素がありますね。持っているチップが少ないのでギリギリ感があり中だるみしないです。説明の方でも書きましたがいつ売るかが凄く大事で遅れると紙切れ同然になりますし早すぎると安いしと売るタイミングが非常に悩ましいです。それゆえ序盤の競りでは2位になる意味がまったくなく(売っても明らかに損な為)実質1位だけが利益を得られるルールになってしまってますね。
後一般的に競りゲームではプレイ人数が多い方が良い場合が多いですが、このゲーム6人までプレイ可能にも関わらず3人でも楽しく遊べます。むしろ3~4人の方がいい気がするぐらい。集まる人数が少ないけど競りゲーやりたいなという人にもオススメです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/374-a314b993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)