プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ムガル(新版) Mogul
resize4416.jpg
プレイ人数 3~5人 プレイ時間 45分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~5人 ※Boardgame geekより
昨日書いたムガルの新版です。基本となるルールは一緒ですが一部のルールが変更され、追加要素で駅が登場します
resize4419.jpg
ゲームボード 今回は得点トラック以外にも使用します
resize4421.jpg
チップとそれを入れる容器 チップは小さい木製のコマになりました
resize4415.jpg
5社の株券 中央下にあるのが売れる色を表しています。新版のウリともいえる駅ですが、売るアクションを選んだ際に売る代わりにその色の路線に自分の駅を置くという選択肢がでてきます
resize4414.jpg
例えば上の写真例のカードで売るアクションを選んだ際に売る代わりにゲームボードの橙の駅の場所に自分の駅を置くことができます。既に駅が置かれている場所には置けません。これは何かというとゲーム終了時に各色の路線を順番に見ていき、各路線に置いてある自分の駅駒の2乗分の得点が入ります
resize4420.jpg
上の写真のような状態でゲームが終わったとすると橙の路線は赤の駅が3つ緑が1つあるので赤に9点、緑に1点 茶色の路線では緑の駅が2つ黄が1つあるので緑に4点 黄に1点入ります。 ※2つの路線の色が書いてある場所がありますが、ここに駅コマを置いた場合には両方の路線で1つとして数えることができます
ルールの変更に関して
プレイ人数が6→5に減少 株式カードの枚数が少し増加 最初に入れる暴落カードが山札の最後の4枚と混ぜるだったのが3枚と混ぜるのに変更 チップを借金する場合-2点で2枚、これをチップがある限りは何回でも行えたのが今回は-3点で3枚 各自できるのは1回だけ
resize4417.jpg
初期に持っている株式カードも変更
resize4422.jpg
旧版では同じ色の株式カードで売れる色が違いましたが今回は固定(写真参照)
ゲーム終了時残った株券はゴミだったのが1枚1点に変更
これぐらいかな

resize4423.jpg
新旧比較 箱やゲームボードの大きさが2倍以上になった感じですかね

感想

resize4413.jpg
私(黄) ゆーじ(青) リポ(黒) ブラジルさん(赤) 4人プレイ時の様子
一部変わっただけなのですが別ゲーなんじゃないのと思うぐらいプレイ感の違いがありますね。
駅に関してですがこの存在のおかげで序盤に2位を取る意味がでてきたわけで、これゆえ駅メインで攻めるなどの戦略も出てきますしより一層面白くなりました。ルール変更に関しても全体的に改良されている気がします。一番いいと思ったのは各株券毎に売れる(描かれている色)が固定化された事で、旧版だとバラバラだったので売りたい色の株券が外枠に書いてあるカードが何枚残っているか分からなかったのですが、新版では固定なので初プレイでも分かります。遊びやすくなったといえるのではないでしょうか。チップは小さくなり手に握りやすくなりましたね。旧版の立派な金属のチップもよかったのですが。
resize4418.jpg
ゲーム終了時の様子 ゆーじの勝ち!

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/375-89a92212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)